MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「スイカ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「スイカ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

夏のデザートには欠かせないスイカ!育て方が変わっているので、面白さを求めている人におすすめの家庭菜園です。ここでは、基本情報や種まきの時期、育て方について、ポイントも含め、丁寧にご紹介していきます!

スイカとは?(特徴)

夏といえばスイカ!そのみずみずしさと甘さは暑さも忘れさせてくれます。つるが伸びて場所を多くとるので、できれば広い菜園で育てたい果物的野菜です。他の農作物にはない人工受粉など、育てる面白さも味わえます!

【基本情報】
・ウリ科
・栄養/カリウムが豊富なアルカリ性食品
・性質/高温と乾燥を好む、水を好む
・病害虫/タネバエ、ウリバエに注意
・連作/2~3年は不可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:3~4月頃 ■収穫:7~8月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

上手に作るためのポイント

★つる割れ病
茎が割れて飴色の液が出る病気で、連作すると発生しやすくなります。まず、連作しないようにすることが大切で、病気に強い、接ぎ木苗を選ぶか、予防として、梅雨に入る前に防除剤を地際の茎にぬりつけておきます。
発生してしまった場合は、つるの割れた部分にぬって対処します。

★タネバエ、ウリバエ
苗の根に卵を産みつけ、スイカの根にくいこんで苗を枯らしていまいます。予防として、ホットキャップでタネバエ、ウリバエが飛んでくるのを防ぎます。また、これらの成虫は葉を食べるので、見つけ次第取り除くようにしましょう。

育て方

1. 元肥を入れる

タネまきの1か月以上前に、土をよく耕し、1平方メートルあたり堆肥、鶏糞、マグァンプKなどの化成肥料を十分施し、土になじませておきます。

2. タネをまく

桜が満開の時がタネまきの適期です。周囲の土を寄せてやや高くして鞍築きを行い、深さ2cmの穴を掘り、タネを4~5粒まきます(点まき)。上から砂を5mm程度かけて、水をたっぷりやります。

3. ホットキャップで覆う

タネまき後に、ポリ袋やビニールでおおいをします。これをホットキャップといいます。こうすると、発芽しやすくなります。ホットキャップの上部は、穴をあけておきます。

4. 発芽

発芽するまでは少し日数がかかります。発芽して込み合ってきたところは間引きします。

5. 摘芯する

本葉が4~5枚になったら、芽(親づる)を摘み、わきの芽(子づる)をのばします。これを摘芯といいます。子づるがのびてきたら、元気のよい2本の子づるを残して、他の芽を取り除きます。

6. ホットキャップを取り除く

ホットキャップは急に取り除かないで、スイカのつるが自然にキャップの穴が出たら、取り除きます。夕方に取り除くと、翌朝にはつるの先が自分で上を向いています。

7. 肥料を追加する

つるがどんどんのび出す前に、肥料を追加します。これを追肥といいます。実ができるまでは、チッソ分の少ない鶏糞などを、根元から少し離れたところに追肥します。

8. ビニールテントで覆う

スイカは高温にするとよく育つので、ビニールテントで覆ってやります。ただし、内部が蒸れるとよくないので、穴をあけてやり、生育につれて穴をおおきくしてやります。

★追肥のコツ
スイカは、雄花の花粉が雌花に受粉して実ができます。生育初期にチッソ肥料を与えすぎると、株の勢いが強すぎて、花が落ちてしまいます。また、水分が多すぎる場合も株の勢いが強くなります。この時期は、株の勢いを弱くしなければならず、雌花が咲くころには生育をおさえる必要があります。このため雌花が咲くまでは、チッソ分の少ない肥料を追肥して株を充実させ、実がついてきたら(着果)、油粕などのチッソ分の多い肥料を追肥して、株の勢いを強めます。これてよい実が収穫できるようになります。

9. 開花したら整枝する

スイカは収穫目標によって整枝の方法がちがいます。早どりを目標とする場合は、親づる(主枝)と子づる(側枝)1~3本を残し、他は摘芽していきます。一方、多くの収穫を目標とする場合は、親づる4~5枚で摘芯し子づるを出させ、これに着果させていきます。

10. 人工受粉する

早朝に、雄花の雄しべをとって、雌しべの先につけてやると、実のつき(着果)がよくなります。これを人工受粉といいます。

★人工受粉して着果を助ける
スイカの雌花は早朝5時頃に開花し、午前10時ごろまでについた花粉で受粉します。ハチやアブなどの昆虫がいれば、自然に受粉しますが、スイカの開花時期は雨が多く、雨の日は昆虫が少ないので、受粉の可能性は低くなります。
そこで、人工受粉して、着果を助けてやります。雨の日に開花しそうな時は、雄花、雌花にポリ袋やビニール袋をかけておき、雨の日でも人工受粉ができるようにしておくとよいでしょう。

11. 元成りは小さいうちに収穫する

最初に出きる実(第一果)は、元成りといって、果皮が厚くて変形するものが多く、株も充実していないので、野球ボールの大きさぐらいで収穫して漬け物にしましょう。第二~三果を大きくするようにします。

★収穫の目安
スイカが肥大する時は、多くの水分を必要とするので、たっぷり水をやります。着果後20日ぐらいまでは、実がどんどん太るので、乾かさないよにします。25日ぐらいたったら水やりを控えめにして、実に甘味を出させます。急に乾かしすぎると空洞になってしまうので要注意。
開花後30~35日で収穫できます。実のついているとこをにあるまきヒゲが枯れるか黄色になり、実をたたいてポンポンと軽い音がしたら、収穫適期です。収穫が遅れたまま真夏の強日を受けすぎると、高温のために実が発酵することがあるので、注意しましょう。

12. 収穫する

つるを切って収穫します。収穫後2~3日おいて食べた方が甘味が強くなります。

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
甘い香りと味で大人気の果物!子供も大人も大好きですよね。お店買うと少し高いかもしれませんが、自分たちで作れば食べ放題!病害虫に強いほうなので、育てやすいのも魅力です。ここでは土の耕し方から苗の植え方、収穫までの流れを、丁寧に解説します!
1377views 果物
新着レシピ
裾に向かってエレガントに広がる、パイナップル模様のプルオーバー。一枚着るだけで絵になる美しさが魅力です。さり気ないラメの輝きが魅力の糸を使用。着る人を優美な表情に見せてくれます。シンプルなパンツとのコーディネートがGoodですよ!
家庭で野菜を育てたいなら、水と液体肥料で育てる水耕栽培がおすすめ!ここでは基本情報を解説します。土と同じような生育環境を、容器、ふた、エアーポンプを使って整えます。室内で育てれば、汚れや虫が少なく、野菜の美しさを鑑賞しながら栽培できますよ。
292views 野菜
幅広のファスナーマチが付いたスクエア型は、コスメポーチにぴったり。底と側面を一枚続きにしてマチと縫い合わせます。茶色とブルーの配色がおしゃれですね。
美しいドイリーは見ているだけで心が澄んできます。ここでは三角形のモチーフ特有の形を活かしたコースターの作り方をご紹介します。別レシピで紹介しているドイリーと合わせて、テーブルを華やかにコーディネートできますよ。
燦々と太陽の光を浴びる向日葵は、ぱっと周りを明るくします!花びらの黄色の濃淡と大きな緑の葉のコントラストが、まぶしい夏を象徴している作品です。ブーケとしても置き飾りとしても楽しめます。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!