MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
野菜作りのアイデア!「培養土の袋栽培」やり方と実例

野菜作りのアイデア!「培養土の袋栽培」やり方と実例

新発想!縦・横・仰向けの3パターンで行うユニークな培養土の袋栽培について、雑誌の読者さんから届いた成功事例とともに、ご紹介します。いずれも春から始められるものです。みなさんの菜園でも試してみませんか!

perm_media 《画像ギャラリー》野菜作りのアイデア!「培養土の袋栽培」やり方と実例の画像をチェック! navigate_next

縦置き袋栽培

*向いている野菜

トマト、ナス、ゴボウ、ダイコンなどに

*Point① 袋を立てて野菜を植える袋栽培の基本形

野菜づくり用の土を購入したら、袋をそのままプランター代わりに利用して気軽に野菜づくりを楽しめます。
下のイラストは袋栽培の基本形。袋を立てて置き、上部を開封し、袋の下側に穴を適宜あけて通気性と排水性をよくします。20~25L入りの培養土ならトマトやナスの栽培も可能です。

*Point② 日当たりのいい場所に置き適宜水やりをして育てる

袋栽培で使いやすいのは20~25L入り程度の培養土です。
小さな袋だと野菜の根の張りが制限されて窮屈で、土の温度や水分などの環境変化を受けやすくなります。
大きな袋ほど野菜はよろこびますが、その代わりに持ち運ぶのが大変です。

下の表は20~25Lの縦置き袋栽培で育てられる野菜の目安。大きく育って根が深くまで広がるナスやトマトのほか、根が長いダイコンやニンジンの栽培にも向きます。日当たりのいい場所に置き、栽培を始めましょう。

培養土には養分が入っているので、栽培スタートからしばらくは水やりだけでよく、その後、葉の色や生長の勢いを見て、薄めた液肥を水やり代わりに与えるか、ボカシ肥料をチョコチョコと置き肥にして栽培を続けます。

栽培後も、袋は劣化するまで繰り返し使えます。古い土に1割程度の腐葉土とひとつかみのボカシ肥料を混ぜて、土をほどよく湿らせたらビニール袋に密閉して1か月以上日の当たる場所に置きます。土をリフレッシュさせることができます。

【縦置き袋栽培の目安(20~25L袋)】

*Point③ 必要に応じて支柱を立てて誘引する

①土に支柱を挿してトマトとナスを誘引している例。栽培中、袋の土の表面が乾いたら、水抜き穴からしみ出るまでたっぷりと水を与える。基本的にプランター栽培法と同じだ。
根腐れしないよう、水抜き穴が詰まったらドライバーを刺してメンテナンスするといい。

②袋栽培で元気に育つキュウリ。

③スイカを支柱に誘引して栽培。実はヒモで吊るして茎への負担を減らす。

*Point④ 肥料や堆肥の空き袋に土を詰めてゴボウの袋栽培

読者アンケートを見ると、ゴボウの袋栽培している方はとても多いです。一般的な栽培法では、ゴボウを掘り出す収穫作業は重労働。収穫のラクさが、袋栽培が選ばれる理由です。

下の写真は北海道の読者、坂井繁一さんの畑。坂井さんは堆肥や肥料の空き袋を利用してゴボウを育てています。坂井さんの場合、袋の天と地を切って筒状にした袋に畑の土を詰めてタネをまき、倒伏防止として支柱を立てて袋を支えています。
収穫時には袋を破き、土を崩してゴボウを取り出します。

①40Lの堆肥袋に畑の土を詰めて立てる。
野菜がよく育っている畑の土なら、ゴボウ栽培では元肥は不要。粗めのフルイにかけた土を利用するときれいなゴボウが育つ。坂井さんは1袋に8か所タネをまく。

1
この記事のライター
関連記事
美味しい野菜を作るための上手な土の耕し方を解説!かたく締まった土を野菜づくりに向く土に変えるには、まず、水はけをよくすることを第一に考えます。土を耕して隙間をつくって空気を含ませますが、その際、耕し方を3段階に分けるのがおすすめです。
452views 園芸レシピ
更新: 2024-01-27 12:00:00
10月下旬からひよこ豆のタネまきが始まります。冬を越して収穫は初夏です。土づくりや水やりのコツ、越冬のテクニック、収穫のタイミングなどを覚えて、おいしい実をたくさん採りましょう。採りたてをサッとゆでたら、冷やしたビールのおともにどうぞ。
488views 園芸レシピ
更新: 2024-01-13 12:00:00
いわば“放牧”!野菜のいきいきとした姿を楽しんでください!タネ育て人中川原敏雄さんが、野菜のすごい生命力と本来の姿を楽しむ“自然生え”栽培の試し方を伝授します!
1224views 園芸レシピ
更新: 2024-01-31 21:26:40
寒さに当てて甘く育てる!寒さにさらされることによって甘さを蓄える「寒締めホウレンソウ」を家庭菜園で育ててみましょう!畝の準備、種まきから収穫までの一連の作業をわかりやすく解説します。
470views 園芸レシピ
更新: 2024-01-31 21:35:27
疲労回復や免疫力アップ、さまざまな健康増進、美容効果が期待できる栄養素が豊富に含まれる黒ニンニク。ここでは、身近な炊飯器を使った黒ニンニクの作り方をご紹介します。初心者さんにもオススメです!
708views 園芸レシピ
更新: 2023-11-29 22:55:10
最新記事
ちょこんと並んで座る可愛らしい姿に心も和む、手のひらにおさまる小さなサイズのお内裏様とおひな様です。「ひな祭り」は春の訪れを感じさせる日本ならではの行事。今年は手作りのおひなさまでお祝いしてみませんか?
更新: 2024-02-25 12:00:00
視力向上アートをご存知ですか?浮き出る絵を見るだけで、老眼、近視、疲れ目、かすみ目に効く!と人気のアートです。視力低下を撃退するポイントは「目をきちんと使うこと」と「脳の活性化」。1日5分程度を目安に、トライしてみてくださいね!
112views ホビー
更新: 2024-02-24 12:00:00
可愛い動物の絵のクイズで、脳をトレーニング!問題を解いてどんどん脳を成長させましょう!親子で一緒にチャレンジするのもいいですね。
131views ホビー
更新: 2024-02-23 12:00:00
パッチワークのバッグのレシピです。かわいいリス柄プリントを主役に、ギャザーをたっぷり取ったラウンド型のバッグは、ピンクとブルーのプリントを交互に並べ、明暗差をつけてメリハリのある配色にしました!
更新: 2024-02-22 12:00:00
ランドセルの両サイドに着けて使う、ランドセル補助バッグ。上ばきやリコーダー、上着などを入れれば、手荷物を最小限にできて便利!両手があいていれば転んだ時も手をつくことができて安心です。クッション性があって丈夫なキルティング地がオススメメです。
更新: 2024-02-21 12:00:00
boutique-sha_banner
hmc_banner
btq_onlineshop_banner

ぬくもりのオススメ

disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル