MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
野菜作りのアイデア!「培養土の袋栽培」やり方と実例

野菜作りのアイデア!「培養土の袋栽培」やり方と実例

新発想!縦・横・仰向けの3パターンで行うユニークな培養土の袋栽培について、雑誌の読者さんから届いた成功事例とともに、ご紹介します。いずれも春から始められるものです。みなさんの菜園でも試してみませんか!

perm_media 《画像ギャラリー》野菜作りのアイデア!「培養土の袋栽培」やり方と実例の画像をチェック! navigate_next

縦置き袋栽培

*向いている野菜

トマト、ナス、ゴボウ、ダイコンなどに

*Point① 袋を立てて野菜を植える袋栽培の基本形

野菜づくり用の土を購入したら、袋をそのままプランター代わりに利用して気軽に野菜づくりを楽しめます。
下のイラストは袋栽培の基本形。袋を立てて置き、上部を開封し、袋の下側に穴を適宜あけて通気性と排水性をよくします。20~25L入りの培養土ならトマトやナスの栽培も可能です。

*Point② 日当たりのいい場所に置き適宜水やりをして育てる

袋栽培で使いやすいのは20~25L入り程度の培養土です。
小さな袋だと野菜の根の張りが制限されて窮屈で、土の温度や水分などの環境変化を受けやすくなります。
大きな袋ほど野菜はよろこびますが、その代わりに持ち運ぶのが大変です。

下の表は20~25Lの縦置き袋栽培で育てられる野菜の目安。大きく育って根が深くまで広がるナスやトマトのほか、根が長いダイコンやニンジンの栽培にも向きます。日当たりのいい場所に置き、栽培を始めましょう。

培養土には養分が入っているので、栽培スタートからしばらくは水やりだけでよく、その後、葉の色や生長の勢いを見て、薄めた液肥を水やり代わりに与えるか、ボカシ肥料をチョコチョコと置き肥にして栽培を続けます。

栽培後も、袋は劣化するまで繰り返し使えます。古い土に1割程度の腐葉土とひとつかみのボカシ肥料を混ぜて、土をほどよく湿らせたらビニール袋に密閉して1か月以上日の当たる場所に置きます。土をリフレッシュさせることができます。

【縦置き袋栽培の目安(20~25L袋)】

*Point③ 必要に応じて支柱を立てて誘引する

①土に支柱を挿してトマトとナスを誘引している例。栽培中、袋の土の表面が乾いたら、水抜き穴からしみ出るまでたっぷりと水を与える。基本的にプランター栽培法と同じだ。
根腐れしないよう、水抜き穴が詰まったらドライバーを刺してメンテナンスするといい。

②袋栽培で元気に育つキュウリ。

③スイカを支柱に誘引して栽培。実はヒモで吊るして茎への負担を減らす。

*Point④ 肥料や堆肥の空き袋に土を詰めてゴボウの袋栽培

読者アンケートを見ると、ゴボウの袋栽培している方はとても多いです。一般的な栽培法では、ゴボウを掘り出す収穫作業は重労働。収穫のラクさが、袋栽培が選ばれる理由です。

下の写真は北海道の読者、坂井繁一さんの畑。坂井さんは堆肥や肥料の空き袋を利用してゴボウを育てています。坂井さんの場合、袋の天と地を切って筒状にした袋に畑の土を詰めてタネをまき、倒伏防止として支柱を立てて袋を支えています。
収穫時には袋を破き、土を崩してゴボウを取り出します。

①40Lの堆肥袋に畑の土を詰めて立てる。
野菜がよく育っている畑の土なら、ゴボウ栽培では元肥は不要。粗めのフルイにかけた土を利用するときれいなゴボウが育つ。坂井さんは1袋に8か所タネをまく。

1
この記事のライター
関連記事
家庭菜園だからこそ使いたい!農薬は入手や扱いが大変そう…。そんな家庭菜園家にこそ、身の回りにある自然農薬がオススメです!分かりやすくまとめました。
261views 園芸レシピ
更新: 2024-07-10 12:00:00
家庭菜園の基礎知識!菜園歴が長くなるほど忘れてしまう手作りの家庭菜園に必要なアイテムたち。ここでは保温などに役立つ行灯の作り方をご紹介します。
198views 園芸レシピ
更新: 2024-07-08 12:00:00
中国、朝鮮、日本などの海岸に自生する一年草です。海草のヒジキに草姿が似ているのが特徴で、別名を「ミルナ」といいます。ここでは栽培カレンダー、育て方、おすすめの料理レシピを、写真とまんがで解説していきます!
411views 園芸レシピ
更新: 2024-07-03 12:00:00
京野菜の万願寺トウガラシを家庭菜園で育てましょう!やや大型で、厚みがあって柔らかく、焼いても煮ても揚げても美味しい!ここでは、栽培のコツ、育て方を分かりやすく紹介していきます。
422views 園芸レシピ
更新: 2024-06-17 12:00:00
中国原産で、漢字では「搨菜」と書きます。濃い緑色の割にはくせがなく、食べやすいため、人気の野菜の1つです。ここではその特徴、育て方、おすすめの料理レシピを、写真とまんがで解説していきます。
385views 園芸レシピ
更新: 2024-06-28 23:55:45
最新記事
ムーミン谷の仲間たちが折り紙になって登場。おなじみのキャラクターはもちろん、ムーミンハウスや北欧風のお花まで、すべて折り紙で再現。日常で使える便利アイテムや、インテリアへのアレンジ例の紹介も盛りだくさんなので、折ったあとまでエンジョイ!
71views 本│折り紙
更新: 2024-07-15 12:00:00
1400枚以上ある色とりどりのシールを、枠内に書かれている番号と同じ番号のシールを探して貼ることによって壮大な作品を完成させることができる。自然の生き物、花など12作品を収録。
更新: 2024-07-13 12:00:00
本物みたいな果物!ここでは葉っぱがピンとしていて元気いっぱいのパイナップルの折り方を紹介します!「実」と「葉」は分けて作りますよ。かごに入れて飾るのもおすすめです。
更新: 2024-07-12 12:00:00
洋服や小物の作品作りをしている途中のアイロンがけ、していますか?仕上がりの美しさを左右する重要な役割を果たしているのが「アイロン」なんです。こまめにアイロンをかけることが美しい作品を仕上げる第一歩!画像付きで分かりやすく解説していきます。
更新: 2024-07-11 12:00:00
家庭菜園だからこそ使いたい!農薬は入手や扱いが大変そう…。そんな家庭菜園家にこそ、身の回りにある自然農薬がオススメです!分かりやすくまとめました。
261views 園芸レシピ
更新: 2024-07-10 12:00:00
boutique-sha_banner
hmc_banner
btq_onlineshop_banner

ぬくもりのオススメ

disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル