MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「エダマメ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「エダマメ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

エダマメといえば、おつまみの定番!色鮮やかな黄みどり色が綺麗なため、色んな料理のアクセントにも使われますよね。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本から、育て方を、丁寧にご紹介しています!

perm_media 《画像ギャラリー》「エダマメ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

エダマメとは?(特徴)

枝豆は、大豆の未成熟な若サヤを収穫したもので、おつまみとして大人気の野菜ですよね。「畑の牛肉」といわれるほど栄養が豊富で、夏のスタミナ源としても知られています。収穫の早い「早生種」が作りやすくおすすめです。

【基本情報】
・マメ科
・栄養/タンパク質、カルシウム、リン、鉄分が豊富
・性質/日なたを好む、酸性に弱い
・病害虫/炭そ病、ヒメコガネ、タネバエに注意
・連作/2~3年は不可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:4~5月頃 ■収穫:7~8月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

上手に作るためのポイント

★品種とタネまきの時期に注意
枝豆は、生育期間の長短によって、早生、中生、晩生など多くの品種があります。なるべく早生種を選び、早い時期(4~5月)にタネをまきましょう。

★夏の高温期までに収穫する
夏の高温期に入ると、落花が多くなるだけでなく炭そ病や害虫も発生しやすくなります。また、草丈が大きいわりには収穫量が少なくなります。早生種を育て、早めに収穫しましょう。

育て方

1. 土を改良する

タネをまく1週間前に、畑に1平方メートル当たり苦土石灰200g、ようりん100gをまき、土を砕きながら、よく混ぜます。

2. 元肥を入れる

幅90cmのうねを作って溝を掘り、堆肥1平方メートル当たり1kgをまき、その上に過リンサン石灰1平方メートル当たり100gをまいて、堆肥によくまぶすようにして土を戻します。
堆肥の上に土が15cmはかかるようにします。

3. タネをまく

深さ5cmの溝を2列掘り、水をたっぷりかけ、30cm間隔にタネを1箇所に4~5粒まきます。株間に、タネに当たらないように、化成肥料をひとつかみ入れ、その上から土を3cm程度かけます。

4. 鳥よけをする

カラスなどの鳥がタネを掘り出して食べてしまうことがよくあります。そこで、タネ巻き後に、寒冷紗(薄い網)で覆ってやります。

5. 発芽

タネまき後約1週間で発芽します。丸い形の葉(本葉)が出てきたら、鳥よけの覆いをとっても大丈夫です。

6. 1箇所1株にする

本葉が2枚ぐらい出てきたら、小さい苗を取り除いて1箇所1株にします。これを間引きといいます。残す苗の根元をおさえて間引くとうまくできます。

7. 間引きしたら土を寄せる

間引きした後はかならず根元に土を寄せて、苗が風で倒れないようにしてやります(土寄せ)。この後も株が倒れそうになったら適宜土寄せします。

★病害虫の防除

【炭そ病】
タネまきが遅れ、梅雨明け後に開花した場合などに、種子のないサヤができることがあります。原因はこの炭そ病によることが多く、対策としては、なるべく早生種を作って早く収穫することです。

【ヒメコガネ】
小さいコガネムシで、幼虫は根、成虫は葉を食べてしまいます。夏に発生が多くなるので、早い時期に収穫できれば防げます。

【タネバエ】
タネをまく時に、豆粕や魚粕などの有機肥料をタネのそばにまくと、タネバエが飛来して産卵し、発芽しないことがあります。タネをまく時に、防虫ネットや寒冷紗で覆ってやれば、防げます。

8. 摘芯する

葉が4~5枚になったら茎の先を摘みます。これを摘芯といいます。摘芯すると、草丈があまりのびずにがっしりした株になり、わきから枝が出て実がたくさんとれるようになります。

9. 開花

6月頃になると白い小さな花が咲きます。この後サヤができていきます。

10. 収穫の目安

タネまき後60~70日で、サヤがふくらんできます。サヤを指でおさえて、中の実がはじけるようになったら、収穫適期です。

★エダマメの実のつき方
エダマメは花が咲いても実が十分に肥大しないことがあります。これにはいくつか理由があります。
まず、日当たりが悪かったり、チッソ肥料が多すぎる場合は、茎が長くなって花数は少なくなります。また、開花期が高温になった場合は、花が落ちることが多くなります。
カメムシやサヤタマバエなどの害虫が発生した場合は、サヤはつきますが、実が太りません。そこで、エダマメは、日当たりのよい場所で、早めに作り、早めに収穫することがポイントになります。

11. 収穫する

実の出来具合がそろっていれば、株ごと抜き取って収穫します。収穫が遅れると、実が固くなってしまうので、タイミングに注意しましょう。

エダマメの美味しい食べ方

収穫したものは、その日のうちに食べると、一番おいしく食べられます!
また、油で炒めたり、オーブンで焼いたりするのもおすすめです!

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
育苗土や資材購入する場合には、できるだけ安価なものは避け、信頼できるメーカーが製造販売するものを選ぶといいでしょう。ここでは編集部が厳選した商品をご紹介します!選ぶ時の参考情報として、ぜひお役立てください!
327views 野菜
更新: 2021-03-25 09:31:25
新発想!縦・横・仰向けの3パターンで行うユニークな培養土の袋栽培について、雑誌の読者さんから届いた成功事例とともに、ご紹介します。いずれも春から始められるものです。みなさんの菜園でも試してみませんか!
945views 野菜
更新: 2021-03-25 09:21:40
冬は堆肥づくりに最適の時期です。ただ、堆肥づくりには体力がいりますし、手間もかかります。混ぜる、切り返す、木枠をつくり直すといった大変な作業を省きつつもおいしい野菜が採れる、良質な堆肥に仕上がる方法をベテラン菜園家の田中寿恭さんに教えてもらいました。
775views 野菜
更新: 2021-02-26 12:00:00
野菜の中でももっとも親しまれている中国の健康野菜!高温で一気に過熱すると鮮やかな色になる特徴があり、食卓を華やかにしてくれます。油炒め、煮食、漬物などに最適!トウ立ちする前に収穫するのがポイント。育て方について丁寧に解説していきます。
748views 野菜
更新: 2021-03-29 10:18:51
1坪でできる野菜作りの中から、おすすめのレシピをご紹介!ここでは、煮っころがしなどでおなじみの「サトイモ」の基本情報、種まき時期、育て方など、上手に作るためのコツを解説していきます。暑さに強く乾燥に弱いのが特徴です。
1230views 野菜
更新: 2020-10-11 12:00:00
新着レシピ
使わなくなったネクタイの幅の広い部分で作れるスマホ入れのレシピをご紹介します!市販の本革の「携帯電話ケース用持ち手」を使うと、高級感がUPします!内側にはスベリの良いブロードを使用。ポケット付きなのも便利ですね。
140views 布小物
更新: 2021-04-20 12:00:00
誰もがあこがれる緑ゆたかな芝生の庭。でも、雑草とりが大変な上、鉢花やコンテナを置いた部分の芝が枯れたり、メンテナンスの手間が結構かかるものです。そんな方におすすめなのが、真砂土舗装材。歩いても土のような感触で、固まっているので、雨が降っても汚れません。
更新: 2021-04-19 12:00:00
色や大きさの違う生地を継ぎ合わせて模様を作るパッチワークは、手芸の中でも人気の作品です。ここではキルティングやアップリケに使う便利な道具を紹介しています。また初心者でも作りやすい型紙の付いた小物の作り方も掲載中です。
154views 工具・道具
更新: 2021-04-19 10:39:15
楽しみなランチタイムをもっと楽しくしてくれる、手作り品!ここでは、きんちゃく型のコップ袋のレシピをご紹介します。初めてでもかんたんに作れるので、洗い替え用にいくつか作っておきましょう!水に濡れても大丈夫なシールなどで、名前も付けましょう!
207views 布小物
更新: 2021-04-18 12:00:00
バッグインバッグとして重宝する、ギャザー使いのソフトバッグ。程良い大きさが魅力です。開口部には縫いつけタイプのマグネットを使用しているので、開閉も楽ちん!縫い方も簡単なので、初心者でも挑戦しやすいレシピです。
357views バッグ
更新: 2021-04-17 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル