MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
トゲトゲがおもしろい!ユニット折り紙『アキュレイ』の作り方

トゲトゲがおもしろい!ユニット折り紙『アキュレイ』の作り方

トゲトゲなフォルムが目をひく、ユニット折り紙の中でも珍しい作品がこちらです!存在感あふれるアレンジで、家の中のどこに飾っても目立ちます♪鮮やかな発色の紙を使用すれば、元気いっぱいの作品になりますよ。

材料

・本体:トロピカルカラートレス
・まとめ材:タント紙

折り方

★折り始める前に

作り方にでてくる記号や折り方を説明している「基礎情報」をまずは理解しましょう。

手順① 基本の形を作る

1 折りすじをつけます。

2

3

4.90°回転させます。 1・2と同様に折ります。

5 45°回転させて、裏返します。

6

7

8

9

10 折りすじをつけなおします。

11.

12.

手順② アキュレイのオリジナルの形を作る

01.

02.

03 途中まで折りすじをつけます。

04

05 ついている折りすじで、つまむようにまとめます。

06 途中の図です。

07 ひだを倒して折りすじをつけます。

08 右のひだは上側に、左のひだは下側に倒します。

09

10 開いてたたみます。

11 途中の図です。

12

13 反対側も10~12と同様に折ります。

14 ひだをそれぞれ外側に折ります。

15

16

17

18

できあがり!

手順③ まとめ材を作る

01 本体と同じ7.5cm角の紙の端1~2mmを切ります。

02 01の紙を4等分に切ります。

03 必要な枚数用意します。

04 折りすじをつけます。

できあがり!

手順④ 本体とまとめ材を合わせる

手順①~②で作成した【本体】と、手順③で作成した【まとめ材】を、合わせていきます。

01 まとめ材をセットします。

1. まとめ材を、本体の手順②の18の状態に、はめこむ。

02

03 折り線をつけなおします。

04 本体の手順②の「できあがり」画像を参考に、立体にします。 

できあがり!

▲まとめ材を合わせた際の、サンプル作品のできあがり画像

▲『アキュレイ』のできあがり画像はこちらです(ここにまとめ材を入れた状態にして、完成です)

手順⑤ 組み方

手順④まで完成したら、ユニット折り紙に共通する「組み方」で、作品を完成させましょう!
自分が作りたい大きさや形に応じて、組む枚数を決めます。

完成!

ユニット折り紙のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「ユニット折り紙の世界」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのユニット折り紙のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
ユニット折り紙の中級編!本体とデコレーションパーツを組み合わせて作るシリーズから、コティヨン×ジルコンのレシピをご紹介します。作品名は、パワーストーンとして知られるジルコンの結晶に見えることに由来しています。
ユニット折り紙を作る際に必要なパーツの折り方を解説します。おもに「コティヨン」や「ジグ」を作るときに使います。
ユニット折り紙を作る際に必要なパーツの折り方を解説します。おもに「コティヨン」を作る際に使います。
立体パズルのようで面白い!ここでは、まんまるに見える球体にかわいく咲くカラフルなお花がアクセントになっている、人気の作品を紹介します!花びらはデザインとしてはもちろん、ひらくことでパーツを固定する役割もはたしています。
脳トレになる折り紙シリーズから、アレンジした中心部に現れる模様が、はばたくこうもりに見える「ピーピーステレッロ」の作り方をご紹介します。派手に仕上がる方が作品の良さが出るので、両面折り紙を使用して、色の違いを楽しみましょう!
新着レシピ
色んな料理に使える万能野菜、ネギ!気候や害虫の影響を受けにくいので、とても育てやすいのも魅力です。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本情報から、育て方、おすすめのレシピを、丁寧にご紹介していきます。
66views 野菜
斜め模様を生かして通し口を開けたマフラー。片端を通し口に差し込んで使えば、首元にフィットして便利です。カラフルなグラデーションヤーンを使っているので、コーディネートのアクセントにぴったりですよ!
264views
見ているだけで癒されるあみぐるみは、編んでいる間も、ほっこり和みます。ここでは金の翼が愛らしいペガサスの編み方をご紹介します!淡い色合いのたてがみが愛らしく、乙女心をくすぐりますね!
フランス語で「釣り鐘」を意味するクロッシェ。ここではモチーフをブレード状に配置した、かわいらしいスモーキーピンクのモヘアの糸を選んで、ふんわりやさしい雰囲気に仕上げました!プレゼントにもぴったりな、清楚で素敵な作品です。
冬の定番作品!「ゆきだるまをいっぱい作りたい!」と思った子供のころを思い出して、たくさん折り紙で作ってみましょう。マフラーはマスキングテープを使うことで、より簡単に、より色んなデザインで、仕上げることができますよ!

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!