MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
【折り紙-Origami】折り紙のくすだまの作り方・組み立て方(作り方基礎)

【折り紙-Origami】折り紙のくすだまの作り方・組み立て方(作り方基礎)

簡単なパーツをたくさんつなぐことで華やかさを増すくすだま。 今回はくすだま折りの花を例に組み立て方をご紹介します。

パーツの注意

花本体が二重の花の場合、しべの折りベロは外側花本体の花弁と同じ向きにさしこみます。

花本体が二重の花の場合、しべの折りベロは外側花本体の花びらと同じ向きにさしこみます。
○しべの折りベロと外側花本体の向きが同じ
×しべの折りベロと外側花本体の向きが違う

貼りを通す谷は花筒のひだうち、折り合わせがない部分です。
○折り合わせている紙がない部分
×折り合わせている紙がある部分

折り紙のくすだまの組み立て方

①パーツを必要な個数用意して、段ごとに分けます。
②重なっているパーツをしっかり奥までさしこんで、花を持ちます。
③手縫い糸(2本どり)を通した針を花の根元に刺します。
④段に必要な個数をつなぎます。
➄糸を絞って、輪にします。
⑥2回結んで、結び目から5mmくらいを残して糸を切ります。

⑦段ができました。
⑧上の段のパーツをのせて、色の並びを確認します。
⑨②~⑥と同様に上の段をつなぎます。
⑩他の段も同様につなぎます。
⑪指定の長さのリリヤーンを二つ折りにして、まん中を1回結びます。
⑫⑪の端の輪の部分を切り、結び目を中心に十字に置きます。

⑬結び目の上に最下段のパーツをのせます。
⑭手前のリリヤーンを止まるまで引き上げます。
⑮引き上げたところです。
⑯奥側のリリヤーンも同様に引き上げます。
⑰左右のリリヤーンも同様に引き上げます。
⑱色の並びを確認して、次の段をのせます。

⑲⑭~⑰と同様にリリヤーンを引き上げます。
⑳4本のリリヤーンをまとめて持ち、反対の手でくすだまの根元を引きます。
㉑引きしめたところです。
㉒他の段も⑭~⑰と同様にリリヤーンを通します。
㉕根元のところでしっかり結びます。合計3回結びます。
㉖左右のリリヤーンから1本ずつをとり、先を結んで吊しひもにします。

㉗残ったリリヤーン2本は花の間を通して下にもってきます。
㉘下の中心で2回結びます。
㉙全体の形を整えます。
㉚できあがり。下に垂れたリリヤーンの長さを切って整えます。

房をつける場合

①房用のリリヤーンを指定の本数用意して、1本を除いて四つ折りにします。
②①で除いたリリヤーンを二つ折りにし、その3分の1のところで1回結びます。
③②で結んだリリヤーンの端の輪の部分を切り、結び目に房用のリリヤーンをのせます。
④房用のリリヤーンで結び目を覆ったら、根元をしっかりおさえます。
➄房用のリリヤーンの根元を同色の手縫い糸で3~4回しっかり結んで、余分を切ります。
⑥房を切りそろえ、組み立て用のリリヤーンを十字に置きます。

⑦97~99ページ⑬~㉚と同様に組み立てます。

房が邪魔な場合

㉘最下段にリリヤーンを通したら、花の輪をコップのフチにひっかけます。
㉙リリヤーンを十字に分けて、コップの外にたらします。
㉚通常と同じように他の段を組んでいきます。

関連記事
近年編み物好きに流行している「リフ編み」は、トルコ発祥の編み方です。ふっくらとしたお花のような模様が特徴で、大人かわいい雰囲気になります。ここでは基本的な編み方を画像付きで丁寧にご紹介します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『30枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『12枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『6枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
新着レシピ
裾に向かってエレガントに広がる、パイナップル模様のプルオーバー。一枚着るだけで絵になる美しさが魅力です。さり気ないラメの輝きが魅力の糸を使用。着る人を優美な表情に見せてくれます。シンプルなパンツとのコーディネートがGoodですよ!
家庭で野菜を育てたいなら、水と液体肥料で育てる水耕栽培がおすすめ!ここでは基本情報を解説します。土と同じような生育環境を、容器、ふた、エアーポンプを使って整えます。室内で育てれば、汚れや虫が少なく、野菜の美しさを鑑賞しながら栽培できますよ。
292views 野菜
幅広のファスナーマチが付いたスクエア型は、コスメポーチにぴったり。底と側面を一枚続きにしてマチと縫い合わせます。茶色とブルーの配色がおしゃれですね。
美しいドイリーは見ているだけで心が澄んできます。ここでは三角形のモチーフ特有の形を活かしたコースターの作り方をご紹介します。別レシピで紹介しているドイリーと合わせて、テーブルを華やかにコーディネートできますよ。
燦々と太陽の光を浴びる向日葵は、ぱっと周りを明るくします!花びらの黄色の濃淡と大きな緑の葉のコントラストが、まぶしい夏を象徴している作品です。ブーケとしても置き飾りとしても楽しめます。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!