MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
【折り紙-Origami】折り紙のくすだまの作り方・組み立て方(作り方基礎)

【折り紙-Origami】折り紙のくすだまの作り方・組み立て方(作り方基礎)

簡単なパーツをたくさんつなぐことで華やかさを増すくすだま。 今回はくすだま折りの花を例に組み立て方をご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》【折り紙-Origami】折り紙のくすだまの作り方・組み立て方(作り方基礎)の画像をチェック! navigate_next

パーツの注意

花本体が二重の花の場合、しべの折りベロは外側花本体の花弁と同じ向きにさしこみます。

花本体が二重の花の場合、しべの折りベロは外側花本体の花びらと同じ向きにさしこみます。
○しべの折りベロと外側花本体の向きが同じ
×しべの折りベロと外側花本体の向きが違う

貼りを通す谷は花筒のひだうち、折り合わせがない部分です。
○折り合わせている紙がない部分
×折り合わせている紙がある部分

折り紙のくすだまの組み立て方

①パーツを必要な個数用意して、段ごとに分けます。
②重なっているパーツをしっかり奥までさしこんで、花を持ちます。
③手縫い糸(2本どり)を通した針を花の根元に刺します。
④段に必要な個数をつなぎます。
➄糸を絞って、輪にします。
⑥2回結んで、結び目から5mmくらいを残して糸を切ります。

⑦段ができました。
⑧上の段のパーツをのせて、色の並びを確認します。
⑨②~⑥と同様に上の段をつなぎます。
⑩他の段も同様につなぎます。
⑪指定の長さのリリヤーンを二つ折りにして、まん中を1回結びます。
⑫⑪の端の輪の部分を切り、結び目を中心に十字に置きます。

⑬結び目の上に最下段のパーツをのせます。
⑭手前のリリヤーンを止まるまで引き上げます。
⑮引き上げたところです。
⑯奥側のリリヤーンも同様に引き上げます。
⑰左右のリリヤーンも同様に引き上げます。
⑱色の並びを確認して、次の段をのせます。

⑲⑭~⑰と同様にリリヤーンを引き上げます。
⑳4本のリリヤーンをまとめて持ち、反対の手でくすだまの根元を引きます。
㉑引きしめたところです。
㉒他の段も⑭~⑰と同様にリリヤーンを通します。
㉕根元のところでしっかり結びます。合計3回結びます。
㉖左右のリリヤーンから1本ずつをとり、先を結んで吊しひもにします。

㉗残ったリリヤーン2本は花の間を通して下にもってきます。
㉘下の中心で2回結びます。
㉙全体の形を整えます。
㉚できあがり。下に垂れたリリヤーンの長さを切って整えます。

房をつける場合

①房用のリリヤーンを指定の本数用意して、1本を除いて四つ折りにします。
②①で除いたリリヤーンを二つ折りにし、その3分の1のところで1回結びます。
③②で結んだリリヤーンの端の輪の部分を切り、結び目に房用のリリヤーンをのせます。
④房用のリリヤーンで結び目を覆ったら、根元をしっかりおさえます。
➄房用のリリヤーンの根元を同色の手縫い糸で3~4回しっかり結んで、余分を切ります。
⑥房を切りそろえ、組み立て用のリリヤーンを十字に置きます。

⑦97~99ページ⑬~㉚と同様に組み立てます。

房が邪魔な場合

㉘最下段にリリヤーンを通したら、花の輪をコップのフチにひっかけます。
㉙リリヤーンを十字に分けて、コップの外にたらします。
㉚通常と同じように他の段を組んでいきます。

この記事のライター
関連記事
おしゃれなインテリアになるくす玉。ここではアンティークさとモダンな雰囲気をあわせもった、折り紙ならではの色合わせが特徴の作品をご紹介します。ブラウン系でまとめていますが、モスグリーン系のアンティークフラワーも、印象が変わりおすすめですよ。
更新: 2020-11-05 13:08:58
燦々と太陽の光を浴びる向日葵は、ぱっと周りを明るくします!花びらの黄色の濃淡と大きな緑の葉のコントラストが、まぶしい夏を象徴している作品です。ブーケとしても置き飾りとしても楽しめます。
更新: 2020-07-17 15:22:12
存在感たっぷりの華やかなテーブルオブジェもくすだまで作ることができます!和紙で折ったボリュームのある質感のさまざまな色の薔薇の花を隙間なく盛り込みむのがポイント。真横から見ると、浮き上がっています♪
更新: 2020-10-07 15:53:35
お祝い事におすすめのインテリア!金色や紫色を基調にした友禅柄のくすだまに、赤と白の小花でアクセントを加えます。紅白の房がより高貴な印象を与えます。お部屋がぱっと明るくなりますよ!
更新: 2020-06-19 15:25:35
基本の花の形をたくさん組み合わせて作る、折り紙の「くすだま」。華やかな演出をしたいときにぴったりです。ここではその基本となる折り方を、ご紹介します!基礎さえ分かればどんな作品にも活かせるので、まずは一度やってみてください。
更新: 2020-03-12 11:59:00
最新記事
日常の様々なシーンで使えるハンドメイドのワークウェアをご紹介します。ここでは、腕を汚れから守ってくれる「アームカバー」のレシピをピックアップ!エプロンやかっぽう着と一緒に使うと、お手軽に七分袖みたいに着られます♪
更新: 2021-07-28 12:00:00
ラッカセイの育て方を解説します。タネまきから油断せずカラス対策をして育ていていくのがポイント。自分で育てないとなかなか食べる機会がない「生の落花生」を味わえるのも、家庭菜園の醍醐味です。収穫後の美味しい食べ方もご紹介します。
93views 園芸レシピ
更新: 2021-07-27 12:00:00
子供も大人も夢中になれるアイロンビーズは、かわいいハートやお花のキーホルダーやコースターが人気の作品!さらに立体的なキャラクターや車のビーズアートも作れます。ここでは基本の道具や簡単な作品を図案付きで紹介しています。
更新: 2021-07-26 15:36:32
夏の必需品、帽子!男の子にも女の子にもオススメしたいワークキャップのレシピをご紹介します。後ろはマジックテープ®でサイズ調整ができるのも便利。ひよけ布は取り外しもできるので、気温に合わせて使いましょう。
更新: 2021-07-26 12:00:00
江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北の代表作「富嶽三十六景」で脳活性をしましょう!ここでは「隅田川関屋の里」を点つなぎします。細かな数字をたよりに図柄を完成させていくには集中力が必要です。どんな作品が出来上がるのかというワクワク感も楽しめますよ。
144views ホビー
更新: 2021-07-25 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル