MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
「黄ニラ」の育て方|簡単楽しい家庭菜園

「黄ニラ」の育て方|簡単楽しい家庭菜園

畑に植えてある緑色のニラと高級食材の黄ニラ。じつはどちらも同じものです。光を遮断して軟白栽培すれば黄ニラができると聞き、さっそく庭のプランターで栽培したところ2週間で収穫できました。高級食材を自分で育てて食べる醍醐味を味わってみませんか。

perm_media 《画像ギャラリー》「黄ニラ」の育て方|簡単楽しい家庭菜園の画像をチェック! navigate_next

シャキシャキの食感に!

監修:毛呂陽子さん

もろようこ●菜園歴25年。滋賀県にある300m2の畑で有機・無農薬で野菜づくりを楽しんでいるベテラン菜園家。研究熱心でさまざまな栽培方法を試しながら、おいしくて安全な野菜づくりを目指している。夫の健一さんが支柱立てや堆肥のすき込みなどの作業やボカシ肥料づくり、栽培の記録写真などで陽子さんの家庭菜園をサポートしてくれている。

1.畑のニラをプランターに移植する

なるべく立派なニラを選んで植え替える

今回ニラの軟白栽培を始めたのは真夏でしたが、例年と違い、最高気温が27度の日が続く気温が低めの日々でした。それがよかったのか、順調に生長。わずか2週間で黄ニラの収穫ができました。
畑で育っているニラをプランターに植え替えて育てるので、目が届きやすく、気軽にできると思います。
ニラはできれば、軸が太く、葉が幅広のもの、なるべく立派なものを選んで植え替えましょう。軟白栽培したときに、生長の勢いや育ち具合に差が出てくるからです。

◆コンパニオンプランツのニラを活用する
私の畑ではコンパニオンプランツとして、トマトやナスなど夏野菜の根に絡ませるようにニラも一緒に植えつけています。夏野菜が終わる頃、ニラの軸は太く、葉も幅広に生長しています。立派に育ったコンパニオンプランツのニラを集めて、黄ニラ栽培に利用しました。

【01】ニラをていねいに掘り上げる
根を崩さないように注意しながら、畑のあちこちで育っているニラをていねいに掘り起こします。なるべく土も落とさないように気をつけます。

【02】植え替える
プランターの底に鉢底石代わりの砕いた発泡スチロールを敷き、バーク堆肥を少し混ぜた育苗土を入れ、ニラを植え替えます。1か所に6~7株ずつまとめて、3か所に植えつけ。

Point:水をたっぷり与えて2日間養生させる

ニラは比較的強い作物ですが、プランターに植え替えてすぐに軟白栽培にせず、屋外に置いて2日間養生させました。ちょうど小雨が降り続いていましたので、水やりもしませんでした。天気がいい日の場合は、水をたっぷり与えてから養生させるといいと思います。保湿効果もあるので、土が見えないくらいもみ殻を敷いておくといいでしょう。軟白栽培中に観察したところ、ビニールの内側は常に湿気を帯びていて水滴がついていましたので、栽培中の水やりは一切不要でした。

2.遮光して育てる

1日4cmも生長する真っ白いニラ

光を遮って育ててみると、その生長のスピードに驚きました。2日後には6cm、6日間で26cm伸びていました。なんと1日平均4cmの生長です。
軟白栽培中に少しでも日が当たると葉が白くならないので、気を使いました。プランターもなるべく光が当たらない日陰になる場所に置きます。
ちゃんと白い芽が出ているか心配なら、栽培を始めて2日後くらいにそっとのぞいてみてください。もし芽が緑色だったら、遮光が不十分ということです。ビニール袋を1枚増やすなど、遮光を強化して対処しましょう。
水滴と湿気があるので水やりは不要でしたが、栽培中の土の状態はチェックして必要に応じて水やりしてください。

【01】地際から3~4cm残してカットする
植え替えから3日目。養生していたニラの軟白栽培スタートです。地際から3~4cm残して、ハサミでカットします。切った葉はもちろんおいしくいただきます。

1
この記事のライター
関連記事
野菜を育てるための「菜園づくりのヒント」をご紹介!記録的な猛暑にも負けない、畑の準備や野菜の適切なメンテナンス方法などを、4名の野菜のプロたちから学びましょう!
164views 園芸レシピ
更新: 2024-02-27 12:00:00
美味しい野菜を作るための上手な土の耕し方を解説!かたく締まった土を野菜づくりに向く土に変えるには、まず、水はけをよくすることを第一に考えます。土を耕して隙間をつくって空気を含ませますが、その際、耕し方を3段階に分けるのがおすすめです。
487views 園芸レシピ
更新: 2024-01-27 12:00:00
10月下旬からひよこ豆のタネまきが始まります。冬を越して収穫は初夏です。土づくりや水やりのコツ、越冬のテクニック、収穫のタイミングなどを覚えて、おいしい実をたくさん採りましょう。採りたてをサッとゆでたら、冷やしたビールのおともにどうぞ。
554views 園芸レシピ
更新: 2024-01-13 12:00:00
いわば“放牧”!野菜のいきいきとした姿を楽しんでください!タネ育て人中川原敏雄さんが、野菜のすごい生命力と本来の姿を楽しむ“自然生え”栽培の試し方を伝授します!
1247views 園芸レシピ
更新: 2024-01-31 21:26:40
寒さに当てて甘く育てる!寒さにさらされることによって甘さを蓄える「寒締めホウレンソウ」を家庭菜園で育ててみましょう!畝の準備、種まきから収穫までの一連の作業をわかりやすく解説します。
506views 園芸レシピ
更新: 2024-01-31 21:35:27
最新記事
ミモザの小さなつぼみをファルファーレで表現したラリエッタ。交差付近にあるピコットがアクセントになって、開花を待つミモザの愛らしさを引き出しています。くり返しで作るビーズステッチアクセサリーは、初心者の方でも作りやすく、おすすめ!
更新: 2024-02-29 12:00:00
こどもが大好きなポップコーンとチュロスを折り紙で再現!遊園地に行った気分で作りましょう。チュロスは茶色系の色を使うとよりリアルに!ポップコーンはカラフルな色のほうが、気分も上がるかも?!
更新: 2024-02-28 12:00:00
野菜を育てるための「菜園づくりのヒント」をご紹介!記録的な猛暑にも負けない、畑の準備や野菜の適切なメンテナンス方法などを、4名の野菜のプロたちから学びましょう!
164views 園芸レシピ
更新: 2024-02-27 12:00:00
しとしとと降る雨の季節。きれいなアジサイを見て、レインコートちゃんたちも嬉しそう!お顔はペンや丸シールで自由に描き入れてね♪こちらの折り紙のレシピは、InstagramやYouTubeで人気のおりがみ作家、おりがみの時間さんの著書からご紹介します。
更新: 2024-02-26 12:00:00
ちょこんと並んで座る可愛らしい姿に心も和む、手のひらにおさまる小さなサイズのお内裏様とおひな様です。「ひな祭り」は春の訪れを感じさせる日本ならではの行事。今年は手作りのおひなさまでお祝いしてみませんか?
更新: 2024-02-25 12:00:00
boutique-sha_banner
hmc_banner
btq_onlineshop_banner

ぬくもりのオススメ

disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル