MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
秋冬野菜を有機・無農薬でおいしく作るためのポイント5つ!

秋冬野菜を有機・無農薬でおいしく作るためのポイント5つ!

秋冬野菜づくりの超基礎情報をご紹介!有機栽培成功のための鉄則は、栽培の適期をきちんと守ることと、与える肥料の適量を守ることです。そうすれば、初心者でも病虫害に悩まされることなく、野菜が本来持っている味を引き出すことが可能になりますよ。

perm_media 《画像ギャラリー》秋冬野菜を有機・無農薬でおいしく作るためのポイント5つ!の画像をチェック! navigate_next

【Point1】秋冬野菜がおいしくなる肥料の与え方

肥料が多いと必ず失敗する!

野菜の性質で覚えておきたいことがひとつある。野菜は土の中に養分があればあるだけ、どんどん吸収するということだ。
そのため、肥料を多く施した畑では、野菜はたちまちメタボになり、味が悪くなるだけでなく、害虫がつき病気も出やすく、栽培にとことん苦労する。
野菜が本来持っている味を引き出すには、適量の肥料で育てることが重要になる。

Part2、Part3(※)では野菜ごとに有機肥料の量を紹介しているので、参考にしてほしい。ただし、記されている分量をそのまま畑に施すのはちょっと待って。有機栽培を続けている畑は、土が肥沃になっているので、養分過多になる可能性があるからだ。

まず、春に堆肥と有機肥料を元肥(最初に施す養分のこと)として施して夏野菜を育てた畑なら、秋冬野菜づくりでは元肥は基本的に不要。栽培中に養分が足りないと感じたら、少量の有機肥料をまいて追肥しよう。
秋冬野菜用に元肥を施した畑なら、翌年の夏野菜は元肥なしで栽培を始めるといい。このように有機栽培では、元肥は1年に1回で十分だと考えるとちょうどいい。

新規の畑や化学肥料を使っていた畑で有機栽培を始める場合は、微生物が少なく土が肥えていないので、記してある量の元肥(堆肥、有機肥料、有機石灰)を土に混ぜて土づくりをし、タネまきや、苗植えをするといい。

(※)Part2、Part3については、誌面でご紹介しております。

*春に元肥を入れた有機の畑

秋冬野菜は追肥中心でつくる!
夏野菜を育てるために春先に堆肥や有機肥料を施した畑なら、秋冬野菜を育てる前に堆肥や肥料を施さなくて十分。土は肥沃な状態なので、畝の形を整えたらタネまきや苗の植えつけを行い、生育途中で肥料が足りないと感じたら少量の有機肥料を株の周囲にまいて、追肥をして育てる。

*有機栽培スタートの畑

しっかりと元肥を施す!
新規に畑をつくる場合は、土づくり資材を土にしっかりと施しておく。雑草を取り、土を耕して小石などを取りのぞき、土を寄せて盛り上げて「畝」をつくる。堆肥、有機肥料、有機石灰などの土づくり資材を畝の表面にまいて、鍬で土に混ぜておく。2週間~1か月すると、土壌微生物が活性化し、野菜が育つ土になる。

●堆肥
バーク堆肥、牛ふん堆肥など手に入るものを利用する。水はけ、水持ち、通気性などが改善され、かたい土がやわらかくなる。土壌微生物が活性化する。

●有機肥料
米ぬか、油かす、ボカシ肥料など、養分の濃い有機物を少量施す。有機肥料は、土壌微生物によって十分に分解されたあと野菜の根から吸収される。

●有機石灰
かき殻や貝化石などを砕いたもの。酸性に傾きがちな土壌を、アルカリ性の有機石灰を混ぜて中和し、野菜が育つのに適した弱酸性~中性の土をつくる。

【Point2】適期まきは秋冬野菜のお約束

寒さに向かう時期なので、植えつけは待ったなし!
夏野菜は春に植えて暖かくなる時期に向かって育つので、多少植え遅れてもやがて追いつく。
その一方で、秋冬野菜は涼しい時期に植えて寒さに向かって育っていくため、植え遅れると致命的。気温が下がると生長が鈍って、収穫サイズに至らないことがあるからだ。

のんびり構えていると失敗する。植えつけやタネまきの適期が短いことを覚えておこう。タネ袋の情報をチェックして時期をはずさずに栽培を始めるのが成功の秘訣だ。

【Point3】タネをまいたらしっかり鎮圧

水やり不要で発芽がそろう!

◆しっかり鎮圧すると…
鎮圧すると、地下から毛細管現象で上がってきた水が土の表層でキープされ、土が乾きにくい。また、タネと土とが密着して水分を吸収しやすく、スムーズに発芽する。

◆鎮圧が足りないと…
鎮圧が甘くて土がフワフワだと、水分が蒸発して土が乾きやすい。土とタネが密着せず、水分の吸収もしにくく発芽がそろわない。雨でタネが流されることもある。

1
この記事のライター
関連記事
家庭菜園で作った生姜を使って、美味しい料理を作りましょう!酸味とコクがある、本格風カレーです。彩りに、パプリカや万能ねぎをトッピングしても。生姜の育て方や、魅力は、それぞれ別記事で紹介しているので参考にしてください。
26views 園芸レシピ
更新: 2022-11-29 12:00:00
家庭菜園をするときに知っておきたい専門用語を、分かりやすく解説していきます。ここでは「自然農薬」について、言葉の意味などの基本的なことや、身近にある自然素材で作る自然農薬の作り方テクニックについて知ることができます。
253views 園芸レシピ
更新: 2022-11-13 12:00:00
庭づくりの素材はいろいろありますが、ここでは和モダンの庭に合う樹木・下草・コケ・石・砂利・水鉢・ライトをご紹介します。和モダンの庭は、日本らしい独特の雰囲気で、癒しとやすらぎを与えてくれます。
859views 園芸レシピ
更新: 2022-11-29 12:21:42
さわやかな香り、ライトグリーンの羽のような形の葉が特徴のハーブの一種。鮮やかな黄花は生で、種子をスパイスとして利用します。ここではディルを自分で育てて上手に使うまで、を分かりやすく紹介していきます。
466views 園芸レシピ
更新: 2022-10-15 12:00:00
熱帯生まれの生姜は、古くから食べるだけでなく、生薬や香辛料として用いられてきた野菜です。日本では最古の書物『古事記』にも登場していますし、中国では漢方としても古くから使われてきました。ここでは生姜の魅力を中心に、基本情報を解説しています。
789views 園芸レシピ
更新: 2022-10-26 12:18:07
最新記事
家庭菜園で作った生姜を使って、美味しい料理を作りましょう!酸味とコクがある、本格風カレーです。彩りに、パプリカや万能ねぎをトッピングしても。生姜の育て方や、魅力は、それぞれ別記事で紹介しているので参考にしてください。
26views 園芸レシピ
更新: 2022-11-29 12:00:00
人気の動物を折り紙で作りましょう!ここでは、つりあがった目がはくりょくまんてんの「トラ」の折り方をご紹介します。頭と体、それぞれを作って、最後に組み立てましょう!
更新: 2022-11-28 12:00:00
イヤホンやハンドジェル、アクセサリーなどを入れるのにピッタリサイズの、かわいいチャーム型ケースです。ひも部分の材料はロープ。海らしさが引き立ちますね!お気に入りのバッグに付けて出掛けましょう!
更新: 2022-11-27 12:00:00
型紙不要で簡単に作れる巾着のレシピ。4枚はぎ=4枚の生地を使うので、見る角度で色んな柄を楽しめる、素敵な作品です!薄地の平織生地「シーチング」は優しい色合いが特長で、癒しを与えてくれますよ。
更新: 2022-11-26 12:00:00
花を咲かせる植物が少ない秋冬に咲く、寒さに強くて綺麗な花、パンジー。かんたんに折れる折り紙で、たくさん作ってお部屋を彩ってみましょう!ぼかし染めの和紙を使うと上品な仕上がりになりますよ。
713views 折り紙 花
更新: 2022-11-25 12:00:00
boutique-sha_banner
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル