MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
家庭菜園「金ゴマ」の育て方

家庭菜園「金ゴマ」の育て方

ごまは栄養素がたっぷりで、人気の食材の1つです。自分で育てるからこそ味わえる香ばしさもあります。ここでは、タネのまき方、メンテナンス、収穫、そしてゴマには欠かせないごみ取り作業について丁寧に解説していきます。

perm_media 《画像ギャラリー》家庭菜園「金ゴマ」の育て方の画像をチェック! navigate_next

ゴマの花

基本情報

●畝幅:50cm
●まき方:株間5cm
●元肥:なし
●追肥:なし

栽培スケジュールの目安

金ゴマについて

生のゴマをタネにして憧れの金ゴマ栽培!

ゴマを栽培してみて、つくづく大変だなと思います。栽培は簡単なのに、収穫してからのごみ取り作業に手間がかかるのです。
でも、自家製の金ゴマの香ばしいおいしさを知っているので、毎年つくっています。30~40本育てればボウル1杯くらいは採れます。
7年前、友人のお母さんにいただいた憧れの金ゴマ。
「生だから煎って使って」といわれ、「まけますか」と尋ねたのが栽培のはじまり。そのとき、6月初めにまくといいと教わりました。

育て方

01 タネまき

金ゴマのタネはソラマメの収穫が間近に迫る6月上旬にまきます。まだ栽培中のソラマメから10cmくらい離れた場所に、浅めの溝を1本切ります。タネが小さいので、溝の中に5~10cm間隔で慎重に落としていきます。

まき終わったら、土をしっかりかけて鎮圧します。タネが表に出ていると赤い小さなアリが持ち去ってしまうからです。もし芽が生えそろわないときは、追いまきをします。

発芽後、密植えになっているところがあれば、草丈5cmくらいのときに株間5cmに間引きます。

ソラマメと同じ畝を使うので新たな施肥はしない。ソラマメの収穫が終わる頃、そばに金ゴマのタネをまく。収穫が終わったソラマメは、地際で刈るか抜く。

02 メンテナンス

草丈10cmの頃、土寄せしておきます。草丈が1m以上になりますが、茎が太いのでそう簡単には倒れません。
ゴマムシと呼ばれるスズメがの幼虫やシャクトリムシが葉を食べることがあります。「ゴマムシがつくと豊作」ともいいますし、全滅するほど大量にはつかないのでそのまま見守ります。

8月上旬になると小さな白い花が咲き始める。

03 収穫

収穫は9月中旬から10月下旬です。タネまきから100日後が目安です。下から順次熟して割れていきます。サヤが2~3個茶色くなって割れてきたら株元から刈り取ります。熟したものはゴマがこぼれ落ちるので要注意。
敷きものの上に立てかけた状態で天日干しして全部弾けさせます。

収穫した金ゴマ。上の皿はごみをきれいに取りのぞいて煎ったもの。下の皿にはまだ細かいごみが残っている。

金ゴマをつかったおすすめレシピ

収穫してごみを取った金ゴマはフライパンで煎ると香ばしくなる。
レンコン、ごぼう、にんじんなどと相性が良いので、きんぴら等がおすすめです!子供から大人まで大好きな甘辛味のアクセントに、ごまか欠かせないですね!

大変なごみ取り作業は冬のお楽しみ

サヤが自然に弾けてゴマが落ちるまで、雨にぬらさないよう気をつけて天日干しします。
ゴマが集まったら、栽培よりも大変なごみを取りのぞく作業が待っています。大きなごみを取りのぞいたら、水に入れて軽くかき回し、浮いたごみやタネを捨てます。目の細かいザルで水をこし、もう一度しっかり乾燥させます。
乾かしたゴマにはまだ細かいごみが混じっているので、ピンセットで取りのぞきます。
根気がいる作業ですが、楽しみながらやっています。

9月下旬に収穫した金ゴマ。先に葉を落としておくとごみが少なくタネの選別がラク。

10月中旬。敷きものの上で天日干ししてサヤを弾けさせる。

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「野菜だより2021年5月号」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜の育て方をわかりやすく丁寧に紹介しております。

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
ラッカセイの育て方を解説します。タネまきから油断せずカラス対策をして育ていていくのがポイント。自分で育てないとなかなか食べる機会がない「生の落花生」を味わえるのも、家庭菜園の醍醐味です。収穫後の美味しい食べ方もご紹介します。
92views 園芸レシピ
更新: 2021-07-27 12:00:00
家庭菜園好きに知ってほしい、野菜づくりがもっと上手に、もっと楽しくなるアイテムをご紹介します。こちらでは夏野菜の保温育苗や、葉物野菜の防虫に便利な「プランターキャップ」について詳しく解説していきます。
133views 園芸レシピ
更新: 2021-07-13 12:00:00
生でも炒めても茹でても美味しい!あらゆる料理に重宝するキャベツを、家庭で育ててみましょう!ここでは、必ず知っておきたい基本的な情報や、育てる過程を1つずつ写真付きで解説していきます。
259views 園芸レシピ
更新: 2021-07-07 12:00:00
サラダはもちろん、前菜からお肉・お魚などのメインディッシュの脇役としてもよく目にするベビーリーフ。小さなスペースで栽培できる赤ちゃんの葉っぱのため、園芸愛好家からもとても人気のある野菜の1つです。ここではその特徴や育て方のコツを解説します。
283views 園芸レシピ
更新: 2021-07-02 12:00:00
身近な観葉植物を使って、いま流行りの「コケ玉」を作ってみましょう!土をよく練って、だんごをつくり、植物をいれるだけととても簡単!水ゴケなどをつければ、できあがりです♪初めての方もぜひチャレンジしてみてくださいね。
309views 園芸レシピ
更新: 2021-06-26 12:00:00
最新記事
日常の様々なシーンで使えるハンドメイドのワークウェアをご紹介します。ここでは、腕を汚れから守ってくれる「アームカバー」のレシピをピックアップ!エプロンやかっぽう着と一緒に使うと、お手軽に七分袖みたいに着られます♪
更新: 2021-07-28 12:00:00
ラッカセイの育て方を解説します。タネまきから油断せずカラス対策をして育ていていくのがポイント。自分で育てないとなかなか食べる機会がない「生の落花生」を味わえるのも、家庭菜園の醍醐味です。収穫後の美味しい食べ方もご紹介します。
92views 園芸レシピ
更新: 2021-07-27 12:00:00
子供も大人も夢中になれるアイロンビーズは、かわいいハートやお花のキーホルダーやコースターが人気の作品!さらに立体的なキャラクターや車のビーズアートも作れます。ここでは基本の道具や簡単な作品を図案付きで紹介しています。
更新: 2021-07-26 15:36:32
夏の必需品、帽子!男の子にも女の子にもオススメしたいワークキャップのレシピをご紹介します。後ろはマジックテープ®でサイズ調整ができるのも便利。ひよけ布は取り外しもできるので、気温に合わせて使いましょう。
更新: 2021-07-26 12:00:00
江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北の代表作「富嶽三十六景」で脳活性をしましょう!ここでは「隅田川関屋の里」を点つなぎします。細かな数字をたよりに図柄を完成させていくには集中力が必要です。どんな作品が出来上がるのかというワクワク感も楽しめますよ。
142views ホビー
更新: 2021-07-25 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル