MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
シンボルツリーとして人気の「オリーブ」基本情報

シンボルツリーとして人気の「オリーブ」基本情報

その家の象徴となる樹木をシンボルツリーまたはメインツリーといいます。門まわりのポイントや庭の主役としてふさわしい庭木です、ここでは中でも徐人気ランキング上位に入る、南欧風の庭を演出する人気の果樹「オリーブ」についてご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》シンボルツリーとして人気の「オリーブ」基本情報の画像をチェック! navigate_next

基本情報

■科・属名:モクセイ科・オリーブ属 常緑高木
■適地:関東~沖縄
■樹高:7~15m
■花期:6~8月
■花色:黄
■日照:日なた
■用途:シンボルツリー、果樹

● 特徴
地中海の香りを運ぶオリーブ。スッキリとした常緑の枝葉でお庭を明るくさわやかな印象に。玄関前の小スペースから主庭のシンボルツリーまで幅広くマッチします。

● ポイント

*植えつけ
植えつけは3~4月。日当たり・水はけの良い場所に植えます。根が浅いので、防風対策として支柱を立てるとよいでしょう。地植えであれば、活着後は水やり不要です。

*肥料
1~2月に寒肥、花後の6月と果実収穫後の11月に有機質肥料を追肥します。

*剪定
剪定は3~4月。枝が横に広く出るので、剪定して枝を透かします。

とてもかわいらしいオリーブの実。オリーブオイルや塩漬けにして楽しめます。実が熟すと黒紫色になります。
自家受粉できないので、実を楽しむためには異なる品種のオリーブを2本以上隣接して植えるようにしましょう。

オリーブのある暮らしの楽しみ方例

リビング前の植栽スペースにオリーブを植えて庭の主役に。銀灰色の葉が鑑賞のポイント。下草はヒメイワダレソウ。

南欧風の建物に合わせてシンボルツリーのオリーブを植栽。

白い曲線の壁とオリーブの木がポイントに。曲線の壁の高さをほどよくするため、バランスに配慮しています。

マンションのバルコニーの植栽スペース。オリーブ、アイビー、ベアグラス、クリスマスローズを植栽。

南欧風の庭のコーナーにオリーブの鉢植え(テラコッタ)を置いて。

地上3階、天井・東側が開けたテラス(中庭)にオリーブの鉢植えを置いて。あまり土の深さがとれないため、樹木は鉢入れ。また、鉢に入れることによって庭木の生長を抑えることができます。

南欧風の門まわりのシンボルツリーに良株のオリーブを採用。ライティングが加わったオリーブには光と影のコントラストが生まれ、家族がやすらげる空間を演出。

南欧風の門まわり。植栽は最小限にし、シンボルツリーのオリーブと明るい色のフィリフィラオーレア、シルバープリペットを植栽。

洋風のウッドデッキと芝生のお庭。高木のオリーブ(写真右側)と生垣のシルバープリペットでやわらかく親しみやすい雰囲気に。

オリーブの映えるエレガントスパニッシュな門まわり。オリーブと門柱の位置とバランスが玄関まわりの視線を絶妙にさえぎります。

庭木についてもっと知りたい方におすすめ!

「増補改訂版 実用庭木図鑑」では、今回紹介したもの以外にもたくさんの庭木の情報をわかりやすく丁寧に紹介しております。

この記事のライター
関連記事
誰もがあこがれる緑ゆたかな芝生の庭。でも、雑草とりが大変な上、鉢花やコンテナを置いた部分の芝が枯れたり、メンテナンスの手間が結構かかるものです。そんな方におすすめなのが、真砂土舗装材。歩いても土のような感触で、固まっているので、雨が降っても汚れません。
更新: 2021-04-19 12:00:00
洋風・和風を問わず、お庭でよく使われる塗り壁。施工直後は美しいのですが、時間の経過とともに汚れが付着し、洗っても完全にきれいにはなりません。風合いとしてとらえることもできますが、汚れがどうしても気になる場合は、塗り替えてリフォームするとよいでしょう。
更新: 2021-03-25 09:25:21
あこがれの芝生の庭。フカフカの芝生の上で、裸足でかけまわる子供たち。少し手間はかかりますが、下地からキチンとつくれば、夢ではありません。家族みんなで協力して、フカフカの芝庭をつくりましょう。
更新: 2021-02-09 12:00:00
庭づくりをするときに知っておくと便利な情報を厳選してご紹介!ここでは、シンボルツリー(主木:しゅぼく)について解説します。1本のメインの木があるだけで、庭全体をナチュラルな雰囲気に演出できると人気があります。
更新: 2021-02-02 12:00:00
おうち時間が増えた今、自宅の庭をもっと素敵な楽しい空間にしませんか?和風の庭といっても、現代ではスタイリッシュな印象の和モダンや、和洋の異なる魅力を合わせた和洋折衷の庭など、テイストも色々です。具体的な施工例の写真とともに解説していきます。
更新: 2020-12-19 12:00:00
最新記事
英語で「Edible=食べられる)」と「Flower=花」と書く、食用のお花を育ててみましょう!おしゃれで可愛いエディブルフラワーは、食卓を華やかに彩ってくれます。口に入れる物なので、農薬を使わずに育てるのがポイントです。
62views 園芸
更新: 2021-05-17 12:00:00
「がま口」というとお財布のイメージがありますが、デジカメ入れとしてもちょうど良いんです!ここでは、水玉のプリント地で、便利なストラップ付きのレシピをご紹介します。カメラを守るために、キルト芯を挟んでしっかりとした仕上げになっています♪
233views 布小物
更新: 2021-05-16 12:00:00
袋布(ふくろぬの)は、切りポケット(表地に切り込みを入れて作ったポケット)などで内側に付けられた、袋状の布のことをいいます。厚すぎないしっかりとした布地で作られることが多いです。ここでは、作り方について。画像付きで解説していきます。
更新: 2021-05-16 11:50:00
動きやすくてキュートな、ショートパンツ型のブルマ!ここでは、リボン柄のニット地が大人っぽく、脇のリボンがかわいい、およばれのシーンにもぴったりな作品のレシピをご紹介します。出産祝いのプレゼントにも良いですね!
更新: 2021-05-15 12:00:00
指先運動にもなる「折り紙手芸」のレシピ。ここでは、ふんわりしたスカートがかわいいドレス人形を紹介します。一見難しそうですが、手順通りに丁寧に進めていけば、大丈夫!好きな色のパーツを使ってアレンジしてみても良いですね♪
更新: 2021-05-14 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル