MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
天然芝の庭vs人工芝の庭 徹底比較!

天然芝の庭vs人工芝の庭 徹底比較!

庭づくりをするにあたり「天然芝の庭と人工芝の庭のどちらがよいのか?」という悩みを多く聞きます。そんな声におこたえして、天然芝と人工芝のメリット・デメリットを、写真付きでわかりやすく解説していきます!

※写真・文:ブティック社の季刊誌でもおなじみのスペースガーデニング(株)

天然芝

メリット

■四季を感じ、見た目が美しい
天然芝の色のあざやかさは格別です。芝の成長など四季の変化が感じられます。冬枯れも味わい深いものです。

■フカフカの感触を楽しみたい
天然芝はやわらかく、手ざわりが良く天然素材ならではの風合いがあります。寝転んでも気持ち良いものです。

■コストが安い
天然芝は、人工芝と比較して圧倒的に材料費・施工費が安くDIYで芝を張れば、なお安くすみます。

デメリット

■冬は枯れてしまう
冬場は枯れたようになってしまいます。季節感を感じたいという方にはおすすめ!春になるとまた青くなります。

■芝刈りなど手入れが大変
お手入れが必要で虫も多いです。水やりや肥料をあげたりと大変ですが、手をかけた分、お庭に愛着が生まれます。

★こんな方にオススメ
・小さなお子様がいる方
・お手入れを楽しみたい方
・なんといっても天然素材にこだわる方

人工芝

メリット

■維持・管理がラク
人工芝は、一度施工してしまえば、数年間はもちます。維持・管理の手間はほとんどかかりません。

■趣味を楽しめる
人工芝は、ゴルフのパター練習などの趣味に最適です。踏んでもだいじょうぶなので、天然芝よりも向いています。

■冬でもグリーンを楽しめる
人工芝は枯れないので、一年中緑を楽しめます。緑が少なくなる冬場には貴重な素材です。

デメリット

■経年劣化する
年数が経つと人工芝が寝てしまいます。細かい石(珪砂)をまくと、寝てしまった芝を立たせることができます。

■コストが高い
人工芝は、施工や交換にお金がかかります。ただし、天然芝の剪定や肥料の手間やコストを考えると、数年で元がとれます。

<用語解説>
● 珪砂(けいさ): 目の細かい砂。花崗岩または珪岩と呼ばれる岩が、雨風や振動によって細かくなり、 粒状に変化したもの。
● 経年劣化(けいねんれっか):時間の経過にともなう劣化。

★こんな方にオススメ
・お手入れが苦手な方
・日当たりが悪いお庭の方
・維持・管理の手間をかけたくない方

人工芝の施工手順

下準備

施工する場所をあらかじめ整地し、ランマーで転圧し、地盤を固めます。次に、基盤となる防草シートを敷きます。防草シートは雑草防止効果があります。

①人工芝を大まかに敷設します。

②端部の曲線部を処理します。

③大まかにハサミまたはカッターで人工芝の端を切ります。この時、裏側から刃を入れるのがコツです。

④人工芝の切り込み箇所がずれないように、目串で仮留めします。

⑤余尺10mm程度を残し、形状に合わせて人工芝を切ります。

⑥同様にして端部を処理していきます。

⑦人工芝を固定します。パイルを切らないように、人工芝は裏側から刃を入れます。

⑧パイルを起こし、基布に直接目串を打ち込みます。

※この人工芝は他の人工芝よりも芝目の間隔が広いため、芝のパイルをかみにくいのが特長です。

⑨同様にして人工芝を固定し、できあがりです。

<用語解説>
● 基布(きふ):下地の布。
● 整地(せいち):地面をならすこと。
● 転圧(てんあつ):盛った状態の土を締め固めること。
● パイル:芝糸。
● 敷設(ふせつ):装置・設備などを敷いて設置すること。
● 目串(めぐし):芝を留めるために差し込むくし。
● 余尺(よじゃく):余った部分。
● ランマー:エンジンを利用した上下動の衝撃によって地盤を転圧する手持ちの機械。

快適なお庭づくりの方法をもっと見たい方におすすめ!

「小さな庭づくり」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのお庭づくりのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
すぐに使える実用的な庭づくりのアイデアをご紹介します!目隠しには、塀・フェンス・竹垣などいろいろなものが考えられますが、ここでは分かりやすくコツやポイントを解説します。
598views 庭づくり
家の庭を今よりもっと素敵な場所に変身させましょう!ここでは庭づくりのプロが教えるとっておきのアイデアをご紹介!ここでは、割れた植木鉢や流木など、捨ててしまいそうな物を、お庭を飾るインテリアに再利用する方法を解説します!
789views 庭づくり
ウッドデッキやフェンスの素材(木材)は、天然の木材から人工の木材まで色々ありますが、おすすめなのが「アイアンウッド(鉄のように硬い木材)」!デッキ・フェンス・ガーデンファニチャーなどあらゆるものがつくれる万能素材!さっそく解説していきます。
599views 庭づくり
その家の象徴となる樹木をシンボルツリーまたはメインツリーといいます。門まわりのポイントや庭の主役としてふさわしい庭木です、ここでは中でも徐人気ランキング上位に入る、南欧風の庭を演出する人気の果樹「オリーブ」についてご紹介します。
711views 庭づくり
新着レシピ
秋冬に欠かせないコーデアイテム、キャップ。ここでは、模様ができあがっていくのが楽しい幾何学模様のキャップの作り方をご紹介します。輪編みなので、常に表側を見ながら安心して編めます。裏側に糸が渡るので厚みが出て、とってもあたたか。
少し肌寒いときにカバンにしのばせておくと便利な、おしゃれなデザインのストールのレシピです。繊細な印象の透かし編みは、かけ目や減らし目を組み合わせてきれいな模様をつくります。軽やかに編み上げられるので、ストールにぴったりの編み地ですよ。
カラフルでとても個性的な、野菜の形をしたギフト箱のレシピをご紹介します♪パンチを使って穴を開け、葉っぱと実を繋ぎます。ラディッシュ、ダイコン、ニンジンなど、作りたい野菜の色に合った折り紙を準備しましょう!
雰囲気のある和布地で作るリュックのレシピをご紹介します。小さめサイズでやや下めでかけるデザイン。両手があくので、出先でのスマホ操作もラクちん!リュックのひも先は、三角タブ利用の結びどめになっていておしゃれですよ♪
人気講師の山本めぐみさんが提案する、紙ニットのレーシーバッグ。だ円形のバッグ底を活かして、マクラメ編みで編み上げます。内袋を外して、小物をポーチにまとめて入れ、スケルトンバッグとして使うのも楽しい使い方ですね。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!