MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
ガーデニング「化粧ブロックで花壇をつくる」やり方

ガーデニング「化粧ブロックで花壇をつくる」やり方

少しでも植物を植えられるスペースが庭にあれば、やっぱりどんな花にもやさしい環境の、地植えで育ててあげたいものです。化粧ブロックを使って花壇をつくってみましょう。一見難しそうにに思えますが、枠組みさえ作ればあとは寄せ植えと同じ要領で作ることができます。

perm_media 《画像ギャラリー》ガーデニング「化粧ブロックで花壇をつくる」やり方の画像をチェック! navigate_next

化粧ブロック(けしょうぶろっく)とは

コンクリートブロックの一種で、表面に着色・塗装・研磨・切削など意匠上有効な仕上げをしたもの。

事前準備

【用意するもの】
化粧ブロック、スコップ、移植ゴテ、手袋、ハサミ、強化ビニール製ワイヤー。
※化粧ブロックは、ホームセンターや園芸店などでさまざまなタイプのものが購入できます。また、アイデアしだいでレンガや木材、大小の石など、いろいろな素材を利用することもできます。

【用意する苗】
シロタエギク×1、ユリオプスデージー×1(鉢植え)、クリサンセマム・ノースポール×11、パンジー(紫)×9、パンジー(黄)×7、ストック×3、イソギク×3、ラミウム×10
※これらの花は、すべて早春から初夏まで楽しめます。また、丈夫で育てやすいので、はじめての方にもおすすめです。

つくり方

1.生垣の前の、約2×1mのスペースに花壇をつくります。落ち葉や雑草、石などがたくさん転がっていますが、すてきな花壇に生まれ変わらせることができます。

2.もともと植えていた植物(シロタエギク)を抜きます。また、そのまわりの石や雑草、石組みなども取り除きます。

3.余分な植物を取り除いたら、土を掘り起こしてよく耕します。

4.花壇の枠組みとして使う化粧ブロックです。このブロックを組んで花壇をつくります。

5.つくりたい花壇の大きさに合わせて、化粧ブロックを段違いに組んでいきます。できるだけすき間が少なくなるようにします。

6.強化ビニール製のワイヤー。これを使ってブロックを結びつけます。

7.ブロックの穴にワイヤーを通し、しっかりと結びます。ブロックとブロックの間は、できるだけ詰めるようにして丈夫にします。

8.ブロックで囲んだ場所を、ハケなどで土をならして平らにします。

9.ひと通りブロックを組み上げたら、くずれないようにしっかりと結びつけます。これで枠組みの完成です。

10.花壇の中に腐葉土を1袋入れます。こうすることで、花壇の水はけ・水もちが良くなります。

11.園芸用の培養土を入れます。


12.腐葉土と培養土を入れた後、元肥として化成肥料を入れ、よくかき混ぜます。

13.板きれなどで土の表面をならして平らにします。

14.花壇が完成したところ。ここに好みの植物を植えていきます。

15.ポイントとなる花壇の隅から苗を植えつけます。まずは背の高いシロタエギクを、鉢から抜いて根を軽くほぐして植えつけます。

16.ユリオプスデージーも、鉢から抜いて根をほぐします。

17.シロタエギクを植えた反対側の隅に、ユリオプスデージーを植えつけます。根鉢(根とそのまわりの土)が大きいので、十分な深さの穴を掘って植えつけます。

18.シロタエギクとユリオプスデージーの間に、ノースポールと紫のパンジーを置いてレイアウト(配置)を考えます。

19.黄色のパンジー、ストック、イソギク、ラミウムを置いたところ。全体のバランスを考えながら、それぞれのポット苗を置いてレイアウトを決めます。

20.レイアウトが決まったら、それぞれの苗を置いた場所に植えつけていきます。

21.ストックを植えつけます。真ん中付近には、このようにあざやかな花を使うとバランス良くまとまります。株元には脇役として、背の低いラミウムをちりばめます。

22.ひと通り苗を植えたら、花壇の最上段のブロックを取り付けます。ブロックにコンクリート用接着剤かセメントを塗ります。

23.ずれないようていねいに、セメントを塗った上に最上段のブロックを乗せていきます。

24.ブロックを取り付けたところ。これで土があふれにくくなりました。 

25.苗と苗のあいている部分に、培養土を足していきます。

26.花壇の表面だけでなく、土の中にもすき間がないよう、指などでつついてチェックします。土が中に落ちるようなら、少し土を足します。

27.花壇のブロックについた土を、ホウキなどで払って掃除します。

28.【完成!】花壇の完成です。たっぷりと水を与えて作業は終わりです。花壇などの地植えの場合は、鉢植えに比べて、水やりは回数を少なめにしましょう。

[その後]その後、草花の植え替えをしました。同じ花壇でも、季節の草花によって、イメージが変わります。

ガーデニングのレシピをもっと見たい方におすすめ!

「小さな庭づくり」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのガーデニングのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
畑に野菜の苗や種をまくためには「畝(うね)」が必要です。この畝をしっかり作ることで、野菜は安心して育つことができます。ここでは、ガッテン流の、すぐに植えることができる畝づくりの方法を解説していきます。
170views 園芸レシピ
更新: 2021-12-03 12:00:00
秋冬野菜づくりの超基礎情報をご紹介!有機栽培成功のための鉄則は、栽培の適期をきちんと守ることと、与える肥料の適量を守ることです。そうすれば、初心者でも病虫害に悩まされることなく、野菜が本来持っている味を引き出すことが可能になりますよ。
182views 園芸レシピ
更新: 2021-11-29 12:00:00
トウ立ちした花芽を楽しむ、人気のナバナ3種類について、家庭菜園での育て方をご紹介!ナバナはアブラナ科の野菜のことで、独特のほろ苦さが料理のアクセントになり、やみつきになります。初心者の方でも挑戦できるよう分かりやすく解説していきます。
221views 園芸レシピ
更新: 2021-11-09 12:00:00
初心者の方でも簡単に始められる、家庭用の「水耕栽培キット」の中から、おしゃれでおすすめの商品を厳選してまとめました!ミニトマトやハーブなどの野菜はもちろん、ヒヤシンスなどのお花も育成可能です。水耕栽培による野菜の育て方も掲載しています。
376views 園芸レシピ
更新: 2021-10-29 16:00:00
パクチーと言えばアジア料理に欠かせない、独特の強い香りをもったハーブです。タイ料理のトムヤムクンや、ベトナム料理のフォーなどに入っています。その味わいをもっと堪能したいなら、家庭菜園がおすすめ!ここでは育て方のポイントについてまとめました。
221views 園芸レシピ
更新: 2021-11-05 21:13:03
最新記事
クリスマスが待ち遠しくなるクリスマスツリーをパッチワークで作りましょう!定番のタペストリーも良いですが、立体的なツリーは存在感があり、とても素敵!オーナメントとしてつつみボタンを飾りました。【無料型紙あり】
更新: 2021-12-07 12:00:00
平結びした紐を交差してリング状にした、大人っぽいミサンガのレシピをご紹介します。ビーズをポイントに使って、エレガントに仕上げました。適度な存在感が、ファッションのアクセントにもなりそう!
更新: 2021-12-06 12:00:00
クリスマスや冬にピッタリのパッチワークミニキルトです。スノードームそのもののような球体の中に、雪だるまとトナカイをアップリケしました。雪はキャンドルウイック糸を使ってコロニアルノットステッチで描いています。【無料型紙あり】
更新: 2021-12-05 12:00:00
独特な配色とフラワーモチーフのような不思議なデザインがエキゾチックなキーリングのレシピです。ウッドービーズを付けたフリンジ部分も個性的で、おしゃれ!左右タッチング結びと、ひと結びを組み合わせて、作っていきます。
更新: 2021-12-04 12:00:00
畑に野菜の苗や種をまくためには「畝(うね)」が必要です。この畝をしっかり作ることで、野菜は安心して育つことができます。ここでは、ガッテン流の、すぐに植えることができる畝づくりの方法を解説していきます。
170views 園芸レシピ
更新: 2021-12-03 12:00:00
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル