MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
ガーデニング「化粧ブロックで花壇をつくる」やり方

ガーデニング「化粧ブロックで花壇をつくる」やり方

少しでも植物を植えられるスペースが庭にあれば、やっぱりどんな花にもやさしい環境の、地植えで育ててあげたいものです。化粧ブロックを使って花壇をつくってみましょう。一見難しそうにに思えますが、枠組みさえ作ればあとは寄せ植えと同じ要領で作ることができます。

perm_media 《画像ギャラリー》ガーデニング「化粧ブロックで花壇をつくる」やり方の画像をチェック! navigate_next

化粧ブロック(けしょうぶろっく)とは

コンクリートブロックの一種で、表面に着色・塗装・研磨・切削など意匠上有効な仕上げをしたもの。

事前準備

【用意するもの】
化粧ブロック、スコップ、移植ゴテ、手袋、ハサミ、強化ビニール製ワイヤー。
※化粧ブロックは、ホームセンターや園芸店などでさまざまなタイプのものが購入できます。また、アイデアしだいでレンガや木材、大小の石など、いろいろな素材を利用することもできます。

【用意する苗】
シロタエギク×1、ユリオプスデージー×1(鉢植え)、クリサンセマム・ノースポール×11、パンジー(紫)×9、パンジー(黄)×7、ストック×3、イソギク×3、ラミウム×10
※これらの花は、すべて早春から初夏まで楽しめます。また、丈夫で育てやすいので、はじめての方にもおすすめです。

つくり方

1.生垣の前の、約2×1mのスペースに花壇をつくります。落ち葉や雑草、石などがたくさん転がっていますが、すてきな花壇に生まれ変わらせることができます。

2.もともと植えていた植物(シロタエギク)を抜きます。また、そのまわりの石や雑草、石組みなども取り除きます。

3.余分な植物を取り除いたら、土を掘り起こしてよく耕します。

4.花壇の枠組みとして使う化粧ブロックです。このブロックを組んで花壇をつくります。

5.つくりたい花壇の大きさに合わせて、化粧ブロックを段違いに組んでいきます。できるだけすき間が少なくなるようにします。

6.強化ビニール製のワイヤー。これを使ってブロックを結びつけます。

7.ブロックの穴にワイヤーを通し、しっかりと結びます。ブロックとブロックの間は、できるだけ詰めるようにして丈夫にします。

8.ブロックで囲んだ場所を、ハケなどで土をならして平らにします。

9.ひと通りブロックを組み上げたら、くずれないようにしっかりと結びつけます。これで枠組みの完成です。

10.花壇の中に腐葉土を1袋入れます。こうすることで、花壇の水はけ・水もちが良くなります。

11.園芸用の培養土を入れます。


12.腐葉土と培養土を入れた後、元肥として化成肥料を入れ、よくかき混ぜます。

13.板きれなどで土の表面をならして平らにします。

14.花壇が完成したところ。ここに好みの植物を植えていきます。

15.ポイントとなる花壇の隅から苗を植えつけます。まずは背の高いシロタエギクを、鉢から抜いて根を軽くほぐして植えつけます。

16.ユリオプスデージーも、鉢から抜いて根をほぐします。

17.シロタエギクを植えた反対側の隅に、ユリオプスデージーを植えつけます。根鉢(根とそのまわりの土)が大きいので、十分な深さの穴を掘って植えつけます。

18.シロタエギクとユリオプスデージーの間に、ノースポールと紫のパンジーを置いてレイアウト(配置)を考えます。

19.黄色のパンジー、ストック、イソギク、ラミウムを置いたところ。全体のバランスを考えながら、それぞれのポット苗を置いてレイアウトを決めます。

20.レイアウトが決まったら、それぞれの苗を置いた場所に植えつけていきます。

21.ストックを植えつけます。真ん中付近には、このようにあざやかな花を使うとバランス良くまとまります。株元には脇役として、背の低いラミウムをちりばめます。

22.ひと通り苗を植えたら、花壇の最上段のブロックを取り付けます。ブロックにコンクリート用接着剤かセメントを塗ります。

23.ずれないようていねいに、セメントを塗った上に最上段のブロックを乗せていきます。

24.ブロックを取り付けたところ。これで土があふれにくくなりました。 

25.苗と苗のあいている部分に、培養土を足していきます。

26.花壇の表面だけでなく、土の中にもすき間がないよう、指などでつついてチェックします。土が中に落ちるようなら、少し土を足します。

27.花壇のブロックについた土を、ホウキなどで払って掃除します。

28.【完成!】花壇の完成です。たっぷりと水を与えて作業は終わりです。花壇などの地植えの場合は、鉢植えに比べて、水やりは回数を少なめにしましょう。

[その後]その後、草花の植え替えをしました。同じ花壇でも、季節の草花によって、イメージが変わります。

ガーデニングのレシピをもっと見たい方におすすめ!

「小さな庭づくり」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのガーデニングのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

この記事のライター
関連記事
誰もがあこがれる緑ゆたかな芝生の庭。でも、雑草とりが大変な上、鉢花やコンテナを置いた部分の芝が枯れたり、メンテナンスの手間が結構かかるものです。そんな方におすすめなのが、真砂土舗装材。歩いても土のような感触で、固まっているので、雨が降っても汚れません。
更新: 2021-04-19 12:00:00
洋風・和風を問わず、お庭でよく使われる塗り壁。施工直後は美しいのですが、時間の経過とともに汚れが付着し、洗っても完全にきれいにはなりません。風合いとしてとらえることもできますが、汚れがどうしても気になる場合は、塗り替えてリフォームするとよいでしょう。
更新: 2021-06-03 15:44:57
あこがれの芝生の庭。フカフカの芝生の上で、裸足でかけまわる子供たち。少し手間はかかりますが、下地からキチンとつくれば、夢ではありません。家族みんなで協力して、フカフカの芝庭をつくりましょう。
更新: 2021-06-08 14:20:20
庭づくりをするときに知っておくと便利な情報を厳選してご紹介!ここでは、シンボルツリー(主木:しゅぼく)について解説します。1本のメインの木があるだけで、庭全体をナチュラルな雰囲気に演出できると人気があります。
更新: 2021-02-02 12:00:00
おうち時間が増えた今、自宅の庭をもっと素敵な楽しい空間にしませんか?和風の庭といっても、現代ではスタイリッシュな印象の和モダンや、和洋の異なる魅力を合わせた和洋折衷の庭など、テイストも色々です。具体的な施工例の写真とともに解説していきます。
更新: 2020-12-19 12:00:00
最新記事
立体から平面に形が早変わり!シンプルな立体ポーチに見えますが、ファスナーが底についていて大きく開きます。中身が一目で分かるので、普段のメイク道具が多い方でも手に取りたいものがすぐに見つけられて便利ですよ!
217views 布小物
更新: 2021-06-22 12:00:00
少しの時間で作ることができる、はぎれを使った小物のレシピ!ここではカラフルな木の葉型のコースターをご紹介します。コップの収まりが良いよう、茎に近い部分をつまんで立体的に形作りました。落ち着いた色合いながらもカラフルで、テーブルが華やかに!
173views 布小物
更新: 2021-06-21 12:00:00
楽しみながら編んで、軽やかに纏いたい、手編みのポンチョのレシピをご紹介します。ウエア感覚の被るポンチョは、たっぷりとフレア分があるので、動きやすくて重宝します。上品なパイナップル模様は、編み進めるのがとても楽しく、夢中になりますよ!
更新: 2021-06-20 12:00:00
キャップはまだ髪が生えそろっていないベビーの必需品!ちょこんと耳が付いているデザインが、とてもキュートです!プレゼントにしても喜ばれる作品です。型紙が付いているので、ソーイング初心者さんでも安心です♪
更新: 2021-06-19 12:00:00
手作りレシピサイト「ぬくもり」で2020年度に人気だったレシピの1位から20位までを大公開!折り紙、工作、スライム、ソーイングなど、注目の作品がランクイン!どのレシピも簡単でチャレンジしやすいものばかり。ハンドメイド好きの方、必見です!
456views まとめ
更新: 2021-06-18 16:18:24

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル