MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「ローボウルを使った寄せ植え」のやり方

「ローボウルを使った寄せ植え」のやり方

一度に多くの植物を楽しむことができる寄せ植えは、とても人気がある園芸です。好きな花、色や開花期、生育条件などを上手に組み合わせ、それに合うコンテナや土などを選びましょう!ここでは、ゼラニウム、キンギョソウ、ビオラ、アイビーを植えました。

ローボウル(Low Bowl)とは

平丸浅鉢ともいいます。浅いので用土の量が少なく、移動もかんたん。正面を決めるタイプやどこから見てもOKの四方見など、さまざまなスタイルが楽しめます。
スタンドと組み合わせれば、立体的なアレンジも可能です!

植え込む位置・使用する植物・植えつけ時期について

淡い色調と自然な草姿がやさしい春の印象!
中心に草丈のあるゼラニウム、まわりに低いキンギョソウとビオラ、垂れるアイビーをバランスよく植え込んだ寄せ植え。淡い色調でまとめ、どこから見ても楽しめる四方見のスタイルに寄せ植えました。

必要な材料

*ローボウル(テラコッタ/口径30 × 高さ13cm)

*鉢底ネット

*ハサミ

*土入れ

*割りばし

*鉢底石

*培養土(元肥入り)

*じょうろ

寄せ植えのやり方

*Step1 苗選び

ビオラ:花茎が短く葉色がよく、株元がぐらぐらしない苗を選ぶ。

ゼラ二ウム:茎や葉が鮮やかな緑で株元がしっかりした苗を選ぶ。

キンギョソウ:さまざまな品種があるが、草丈の低い四季咲き性のものなら長い期間楽しめる。

アイビー:寄せ植える花を引き立てる色や形、模様の品種をお好みで選ぶ。

*Step2  植えつけ

①鉢穴よりやや大きめ鉢底ネットを穴の上に置き、土の流出や害虫を防ぐ。

②鉢の深さ1/5程度の鉢底石を入れる。

③鉢底石がかくれる程度の培養土を入れ、緩効性肥料を適量混ぜ込む(元肥入りの培養土の場合は不要)。

④苗をポットから出す前に全体の配置を考え、それぞれの苗を植え込む位置を確認する。

⑤草丈の高いゼラニウムを最初に植えるため、株を傷めないようにポットからとり出す。

⑥根が張っている場合は、外側の根を軽くほぐす。

⑦ゼラニウム2株を中央に配置。株元の土が鉢の縁から2cm下になるように土を足して調節し、ウォータースペースを確保する。

⑧キンギョソウ3株をゼラニウムのまわりに均等に植えつける。どの苗も根鉢の小さいものは底部に土を足し、すべて株元の高さがそろうように植える。

⑨キンギョソウのあいだを埋めるように、ビオラ3株をやや外側に植える。

⑩アイビーをキンギョソウ、ビオラのあいだを埋めるように、やや外側に垂れる感じに植え込む。

⑪苗のすき間に土を少しずつ足していく。割りばしでつついて奥まで土を入れながらさらに土を足し、表面を平らにならす。

⑫鉢底から水が流れ出るまで株元にたっぷりと水を与える。2~3日は半日陰に置き、その後は日当たりのよい場所で育てる。

*Step3 花がら摘み

そのままにしておくと病害虫の原因になるので早めに摘みとる。

キンギョソウ:咲き終わったものから順にこまめに摘む。全部の花が終わるころ花穂の下から切りとると、わき芽が伸びて再び花が咲く。

ゼラニウム:花茎の先にたくさん花をつけるので、咲き終わったものから順にこまめに摘む。終わりかけたら花茎の元からポキンと折りとる。

ビオラ:花びらの縁が内側にしおれはじめたら、花茎のつけ根から摘みとる。つけ根を爪でプチッと摘みとる。

*Step4-1 切り戻し

・茎が長く伸びて乱れたゼラニウムとアイビーを切り戻して形を整える。
・周囲の株の根を傷めないように掘り上げる。

*Step4-2 掘り上げ・植え替え

1年草のビオラとキンギョソウは花が終わったら掘り上げ、夏から秋に咲く花と植え替えれば、長く寄せ植えが楽しめる。

▲おすすめの花・ニチニチソウ

▲おすすめの花・ジニア

▲おすすめの花・バコパ

各花の詳細説明

*パンジー/ビオラ

▲パンジー/ビオラ

【詳細】

・スミレ科1年草
・別名:パンジー:サンシキスミレ ビオラ:小輪パンジー
・花色:赤桃黄白青紫黒混
・草丈:50cm以下
・ビオラはパンジーの小型種。最近ではどちらも10月には花つきのポット苗が出回るようになり、秋から春に欠かせない花になりました。月に2〜3回液肥で追肥し、花がらや枯れた葉はつけ根から順次摘みとります。春のアブラムシはオルトラン粒剤などで必ず防除しましょう。

【適した時期と栽培条件】

*ゼラニウム

【詳細】

・フウロソウ科宿根草
・別名:テンジクアオイ
・花色:赤桃白混
・草丈:100 cm以下
・苗は一年中購入でき、日当たりのよい雨の当たらない場所、盛夏は涼しい半日陰、冬は室内で10℃以上を保てば一年中花が楽しめます。元肥に緩効性肥料を与え、開花中は月に1回固形肥料か1000倍液肥を追肥し、冬の休眠中は休止します。こまめに花がらを摘み、花が全部終わったら花茎ごと切りとります。

【適した時期と栽培条件】

*キンギョソウ

【詳細】

・ゴマノハグサ科1年草(宿根草もあり)
・別名:スナップドラゴンアンテリナム
・花色:赤桃橙黄白紫混
・草丈:150cm以下
・さまざまな品種がありますが、寄せ植え向きなのは草丈が20cm前後の矮性(小型)種で、5号鉢に2株、プランターなら3〜4株が目安。花の最盛期は春ですが、花がらをこまめに摘み、月に1〜2回液肥で追肥すれば、秋に再び開花します。春、ヨトウムシに侵されやすいので虫が活動する夜に捕獲。

【適した時期と栽培条件】

*アイビー

【詳細】

・ウコギ科つる性植物
・「ヘデラ」の名でもおなじみ。年間通じて風通しがよい蒸れない場所で管理し、2か月に1回緩効性の固形肥料を与えます。土の表面が乾いたら株全体に上からかけるように水を与え、伸びすぎた枝は順次切って整えます。低温には強いのですが、氷点下にならないように注意。

【適した時期と栽培条件】

寄せ植えのレシピをもっと見たい方におすすめ!

「はじめて育てる寄せ植え」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの寄せ植えのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
すぐに使える実用的な庭づくりのアイデアをご紹介します!目隠しには、塀・フェンス・竹垣などいろいろなものが考えられますが、ここでは分かりやすくコツやポイントを解説します。
939views 庭づくり
家の庭を今よりもっと素敵な場所に変身させましょう!ここでは庭づくりのプロが教えるとっておきのアイデアをご紹介!ここでは、割れた植木鉢や流木など、捨ててしまいそうな物を、お庭を飾るインテリアに再利用する方法を解説します!
1392views 庭づくり
ウッドデッキやフェンスの素材(木材)は、天然の木材から人工の木材まで色々ありますが、おすすめなのが「アイアンウッド(鉄のように硬い木材)」!デッキ・フェンス・ガーデンファニチャーなどあらゆるものがつくれる万能素材!さっそく解説していきます。
734views 庭づくり
その家の象徴となる樹木をシンボルツリーまたはメインツリーといいます。門まわりのポイントや庭の主役としてふさわしい庭木です、ここでは中でも徐人気ランキング上位に入る、南欧風の庭を演出する人気の果樹「オリーブ」についてご紹介します。
919views 庭づくり
新着レシピ
最近よく耳にするサスティナブルを、ハンドメイドにも取り入れてみましょう!お気に入りの布で作るこちらのカバーは、トイレットペーパーホルダーの上ぶたにセットするだけで温かみが加わります♪素材は洗える綿が向いています。
73views 布小物
バラ園のプロが教える「本当に必要なバラの栽培テクニック」を、写真付きで分かりやすく解説します。美しいバラを育てるためには、いくつかのポイントがあります。病気にならずに健康的に育てて、見事な花を咲かせ、バラのある暮らしをぜひ楽しみましょう!
103views 園芸
ベージュ×モカベージュのリバーシブル生地を切り替えで効果的に使って、お洒落に仕上げたジャケットです。打ち合いが少し斜めになったアシンメトリーデザインで、袖はドロップショルダーなので、肩まわりがゆったりとしていて楽な着心地です♪
冬に必須の手作り小物といえば編み物!ここでは、マフラー、スヌード、ストール、ティペットのおすすめ作品を厳選してまとめて紹介します。どれも初心者向けの簡単なものばかり!棒針やかぎ針を使って1目ずつ編む時間はとても楽しく、充実することでしょう♪
594views まとめ
手作りの服を縫う際に知っておくと便利な「かこみ製図」について解説しています。かこみ製図は原型を使わない製図で、簡単に製図を引くことが出来ます。基本的に9号サイズを掲載していますが、ひとくちに9号と言ってもデザインやゆるみはさまざまです。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!