MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
「オクラ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「オクラ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

鮮やかな緑色がサラダなどの彩りになるオクラ。外側の歯ごたえの良さとねばねばしている食べやすさが魅力ですよね。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本から、育て方を、重要ポイントともに丁寧にご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》「オクラ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

オクラとは?(特徴)

オクラは、淡い黄色の美しい花が咲きます。独特の粘り気で親しまれるオクラは、秋から夏にかけて収穫できます。比較的育てやすく、病害虫にも強い野菜です。グリーンスターなどの作りやすい品種がおすすめです。
また、生食の方が栄養価は高くなります。

【基本情報】
・アオイ科
・栄養/ビタミンA、B、ミネラルが豊富
・性質/日なたを好み、暑さに強く寒さに弱い
・病害虫/病害虫に強く、特に心配はない
・連作/2~3年は不可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:5月頃 ■収穫:7~10月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

上手に作るためのポイント

タネまきは温度が上がってから
オクラは高温を好むので、温度の低い時期はなかなか発芽せず、タネが腐ることもあるので注意しましょう。葉桜のころがベストです。
また、タネは固いので、1~2日ほど水につけてからまくと発芽しやすくなります。

育て方

1. 元肥を入れる

タネまきの1週間前に、畑に、1平方メートルあたり、堆肥2kg、マグァンプKなどの化成肥料50gを施し、土をかけておきます。

2. うねを作る

マグァンプKなどの化成肥料を1平方メートルあたり50g全面にまいて耕し、低いうねを作ります。うねの上に、ビニールを敷き、両側を土でおさえます。これをフィルムマルチングといいます。

★冬の間に畑を深く耕す
オクラの根はまっすぐに深く根をおろす性質があります。これを直根性ともいいます。まっすぐに深く根をのばさせてやるために、畑を深く耕す必要があるのです。
また、直根性なので、移植すると根が切れやすいため、タネまきは畑に直接まく(直まき)方がよいでしょう。ポット苗を購入する場合は、鉢底をよく見て、根がのびて出てきていたら、早めに植えつけましょう。遅れると、根が切れて、以後の生育が悪くなります。

3. タネをまく

葉桜の時がタネまきの適期です。深さ2~3cmの穴を掘って、たっぷり水をかけ、タネを4~5粒まきます(点まき)。複数の株を育てる場合は、穴と穴の間(株間)を40~50cmあけます。

4. 発芽

タネまき後約10日で発芽します。オクラは、気温が低い間は、発芽するのに時間がかかり、発芽してからも、生育するのに時間がかかります。

★フィルムマルチングをする
オクラはもとm、おと熱帯地方さんの野菜で、高温でよく育つ性質なので、水をかけたり、肥料を与えたりしても、暖かくしてやらなければ、株が大きくなりません。
そこで、オクラを早く大きく育てるために、地面にフィルムマルチングをして、地温を高めてやります。

5. 1箇所1株にする

葉が4~5枚になったら、小さい苗を取り除いて1箇所1株にします。これを間引きといいます。残す苗の根元をおさえて間引くと、根を傷めずにすみます。

6. 間引きしたら土を寄せる

間引きしたら、茎が倒れないように、株元に土を寄せてやります。これを土寄せといいます。オクラの生育初期は、茎もヒョロヒョロとしているので、しっかり土寄せします。

7. 開花

タネまき後2か月ぐらいで、株の下の方から花が咲いてきます。はじめは、数日ごとに1個ずつ花が咲きます。

8. 肥料を追加する

花が咲くころは、肥料をよく吸収するので、肥料を追加します。これを追肥といいます。プロミックなどの化成肥料をひとつかみ株と株の間に与えます。以後、2週間ごとに追肥します。

9. 結実

花はすぐ終わり、サヤの形が出てきます。これを結実といいます。

10. 下葉を摘みとる

サヤの下の葉を1枚を残して、サヤのついていない下の方の葉を摘みとります。これを摘葉といいます。摘葉すると、栄養分が上の方にいき、サヤが充実します。また、風通しもよくなり、病害虫も少なくなります。

11. 収穫する

開花後3~4日で収穫できます。サヤの長さが5~6cmほどの親指大になったら、収穫できます。サヤはどんどんできてくるので、収穫は遅れずに!10月下旬まで収穫できます。

オクラの美味しい食べ方

収穫したものは、やはりすぐに食べると、一番おいしく食べられます!
刻んで、しょうゆなどで味付けをして、ごはんにかけて食べても美味しいですが、洗った状態で、好きな具材とともにトマトソースなどをかけてオーブンで焼いても美味しいですよ♪

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
甘くておいしいサツマイモは、家庭菜園で人気の野菜です。サツマイモでつくった「干しイモ」も人気のおやつ。保存食としても優れています。「干しイモ」づくり一筋の照沼勝浩さんに、栽培方法から教えてもらいました。
479views 野菜
更新: 2021-05-28 12:00:00
育苗土や資材購入する場合には、できるだけ安価なものは避け、信頼できるメーカーが製造販売するものを選ぶといいでしょう。ここでは編集部が厳選した商品をご紹介します!選ぶ時の参考情報として、ぜひお役立てください!
496views 野菜
更新: 2021-03-25 09:31:25
新発想!縦・横・仰向けの3パターンで行うユニークな培養土の袋栽培について、雑誌の読者さんから届いた成功事例とともに、ご紹介します。いずれも春から始められるものです。みなさんの菜園でも試してみませんか!
5939views 野菜
更新: 2021-03-25 09:21:40
冬は堆肥づくりに最適の時期です。ただ、堆肥づくりには体力がいりますし、手間もかかります。混ぜる、切り返す、木枠をつくり直すといった大変な作業を省きつつもおいしい野菜が採れる、良質な堆肥に仕上がる方法をベテラン菜園家の田中寿恭さんに教えてもらいました。
1324views 野菜
更新: 2021-06-03 15:24:07
野菜の中でももっとも親しまれている中国の健康野菜!高温で一気に過熱すると鮮やかな色になる特徴があり、食卓を華やかにしてくれます。油炒め、煮食、漬物などに最適!トウ立ちする前に収穫するのがポイント。育て方について丁寧に解説していきます。
918views 野菜
更新: 2021-06-08 14:14:51
最新記事
立体から平面に形が早変わり!シンプルな立体ポーチに見えますが、ファスナーが底についていて大きく開きます。中身が一目で分かるので、普段のメイク道具が多い方でも手に取りたいものがすぐに見つけられて便利ですよ!
216views 布小物
更新: 2021-06-22 12:00:00
少しの時間で作ることができる、はぎれを使った小物のレシピ!ここではカラフルな木の葉型のコースターをご紹介します。コップの収まりが良いよう、茎に近い部分をつまんで立体的に形作りました。落ち着いた色合いながらもカラフルで、テーブルが華やかに!
173views 布小物
更新: 2021-06-21 12:00:00
楽しみながら編んで、軽やかに纏いたい、手編みのポンチョのレシピをご紹介します。ウエア感覚の被るポンチョは、たっぷりとフレア分があるので、動きやすくて重宝します。上品なパイナップル模様は、編み進めるのがとても楽しく、夢中になりますよ!
更新: 2021-06-20 12:00:00
キャップはまだ髪が生えそろっていないベビーの必需品!ちょこんと耳が付いているデザインが、とてもキュートです!プレゼントにしても喜ばれる作品です。型紙が付いているので、ソーイング初心者さんでも安心です♪
更新: 2021-06-19 12:00:00
手作りレシピサイト「ぬくもり」で2020年度に人気だったレシピの1位から20位までを大公開!折り紙、工作、スライム、ソーイングなど、注目の作品がランクイン!どのレシピも簡単でチャレンジしやすいものばかり。ハンドメイド好きの方、必見です!
456views まとめ
更新: 2021-06-18 16:18:24

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル