MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
「オクラ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「オクラ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

鮮やかな緑色がサラダなどの彩りになるオクラ。外側の歯ごたえの良さとねばねばしている食べやすさが魅力ですよね。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本から、育て方を、重要ポイントともに丁寧にご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》「オクラ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

オクラとは?(特徴)

オクラは、淡い黄色の美しい花が咲きます。独特の粘り気で親しまれるオクラは、秋から夏にかけて収穫できます。比較的育てやすく、病害虫にも強い野菜です。グリーンスターなどの作りやすい品種がおすすめです。
また、生食の方が栄養価は高くなります。

【基本情報】
・アオイ科
・栄養/ビタミンA、B、ミネラルが豊富
・性質/日なたを好み、暑さに強く寒さに弱い
・病害虫/病害虫に強く、特に心配はない
・連作/2~3年は不可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:5月頃 ■収穫:7~10月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

上手に作るためのポイント

タネまきは温度が上がってから
オクラは高温を好むので、温度の低い時期はなかなか発芽せず、タネが腐ることもあるので注意しましょう。葉桜のころがベストです。
また、タネは固いので、1~2日ほど水につけてからまくと発芽しやすくなります。

育て方

1. 元肥を入れる

タネまきの1週間前に、畑に、1平方メートルあたり、堆肥2kg、マグァンプKなどの化成肥料50gを施し、土をかけておきます。

2. うねを作る

マグァンプKなどの化成肥料を1平方メートルあたり50g全面にまいて耕し、低いうねを作ります。うねの上に、ビニールを敷き、両側を土でおさえます。これをフィルムマルチングといいます。

★冬の間に畑を深く耕す
オクラの根はまっすぐに深く根をおろす性質があります。これを直根性ともいいます。まっすぐに深く根をのばさせてやるために、畑を深く耕す必要があるのです。
また、直根性なので、移植すると根が切れやすいため、タネまきは畑に直接まく(直まき)方がよいでしょう。ポット苗を購入する場合は、鉢底をよく見て、根がのびて出てきていたら、早めに植えつけましょう。遅れると、根が切れて、以後の生育が悪くなります。

3. タネをまく

葉桜の時がタネまきの適期です。深さ2~3cmの穴を掘って、たっぷり水をかけ、タネを4~5粒まきます(点まき)。複数の株を育てる場合は、穴と穴の間(株間)を40~50cmあけます。

4. 発芽

タネまき後約10日で発芽します。オクラは、気温が低い間は、発芽するのに時間がかかり、発芽してからも、生育するのに時間がかかります。

★フィルムマルチングをする
オクラはもとm、おと熱帯地方さんの野菜で、高温でよく育つ性質なので、水をかけたり、肥料を与えたりしても、暖かくしてやらなければ、株が大きくなりません。
そこで、オクラを早く大きく育てるために、地面にフィルムマルチングをして、地温を高めてやります。

5. 1箇所1株にする

葉が4~5枚になったら、小さい苗を取り除いて1箇所1株にします。これを間引きといいます。残す苗の根元をおさえて間引くと、根を傷めずにすみます。

6. 間引きしたら土を寄せる

間引きしたら、茎が倒れないように、株元に土を寄せてやります。これを土寄せといいます。オクラの生育初期は、茎もヒョロヒョロとしているので、しっかり土寄せします。

7. 開花

タネまき後2か月ぐらいで、株の下の方から花が咲いてきます。はじめは、数日ごとに1個ずつ花が咲きます。

8. 肥料を追加する

花が咲くころは、肥料をよく吸収するので、肥料を追加します。これを追肥といいます。プロミックなどの化成肥料をひとつかみ株と株の間に与えます。以後、2週間ごとに追肥します。

9. 結実

花はすぐ終わり、サヤの形が出てきます。これを結実といいます。

10. 下葉を摘みとる

サヤの下の葉を1枚を残して、サヤのついていない下の方の葉を摘みとります。これを摘葉といいます。摘葉すると、栄養分が上の方にいき、サヤが充実します。また、風通しもよくなり、病害虫も少なくなります。

11. 収穫する

開花後3~4日で収穫できます。サヤの長さが5~6cmほどの親指大になったら、収穫できます。サヤはどんどんできてくるので、収穫は遅れずに!10月下旬まで収穫できます。

オクラの美味しい食べ方

収穫したものは、やはりすぐに食べると、一番おいしく食べられます!
刻んで、しょうゆなどで味付けをして、ごはんにかけて食べても美味しいですが、洗った状態で、好きな具材とともにトマトソースなどをかけてオーブンで焼いても美味しいですよ♪

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
「サボテン」は多肉植物の仲間です。大小様々な大きさがあり、形もいろいろ!棚にちょこんと飾るととても可愛いですよね。ここでは、育てるために必要な管理方法や、人気の種類について、写真付きで解説しています。
239views 園芸レシピ
更新: 2021-09-12 12:00:00
栄養価の高さで注目の高い「スプラウト」の育て方をご紹介します。光を当てる「かいわれ型」と、光を当てない「モヤシ型」の中から、人気の種類を厳選してご紹介します。どれも手軽に栽培することができるので、楽しんでチャレンジしてみましょう!
376views 園芸レシピ
更新: 2021-09-07 12:00:00
家のベランダで、プランターを使って、ソラマメを育てましょう!10月~11月頃に種まきをおこない、5~6月頃に収穫します。塩ゆでしておつまみにするのはもちろん、パスタの具にしたり、つうしてディップにするなど、幅広く活躍する野菜の1つです。
203views 園芸レシピ
更新: 2021-09-03 12:00:00
家庭菜園の中でも初心者さんが始めやすい、プランターでの野菜の育て方について解説しています。せっかく始めるなら、おしゃれに楽しく美味しく育てたい!そんな希望をかなえるための、基本的なコツや、人気のトマトやハーブ類なの育て方をまとめました。
302views 園芸レシピ
更新: 2021-08-26 12:00:00
料理や化粧品など幅広く使われている「ローズマリー」を家庭菜園で育てましょう!地中海沿岸地方が原産ですが、日本でも良く知られたハーブの1つです。ここでは基本の育て方、成功させるためのポイントやコツ、活用方法などを写真付きで解説していきます。
391views 園芸レシピ
更新: 2021-08-23 12:00:00
最新記事
楽しく脳を鍛えましょう!ここでは、うきわやサングラス、いるかなどの16枚の絵から、ペアを探すことで、脳の力をアップさせます。子どもも大人も、ゲーム感覚で楽しめますよ!脳を刺激する作文のおまけもあります。
108views ホビー
更新: 2021-09-25 12:00:00
手作りで服をつくるときに必要な基本情報の中から、グレーディングについて解説していきます。標準寸法の型紙を、必要なサイズに応じて拡大したり、縮小したりするグレーディングは、基本さえ理解できれば、回数を重ねるごとにうまくできるようになります。
更新: 2021-09-24 12:00:00
マーガレットのステッチが素敵な透け感のあるレース地に、「イギリスのつた」のパターンをアップリケしたカフェカーテン。パターンの地色を白地にし、モチーフも控えめな色にして全体をバランスよくまとめました。やわらかい日差しが部屋に差し込みます。
更新: 2021-09-23 12:00:00
刺繡の初心者さんにも分かりやすいように、基本のステッチと簡単な図案のおすすめレシピをまとめました。やり方を覚えるとポーチやパスケースなど日常使いする小物を可愛くおしゃれにアレンジする事もできます!
更新: 2021-09-22 12:00:00
ネイルが趣味の方はたくさんいます!ここでは、セルフでネイルをしてるけど、上手にできない!そんな初心者さんが陥りがちな悩みや疑問を、Q&A方式で徹底解説します!参考にして練習してみましょう!
158views ホビー
更新: 2021-09-21 12:00:00
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル