MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
「イチゴ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「イチゴ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

甘い香りと味で大人気の果物!子供も大人も大好きですよね。お店買うと少し高いかもしれませんが、自分たちで作れば食べ放題!病害虫に強いほうなので、育てやすいのも魅力です。ここでは土の耕し方から苗の植え方、収穫までの流れを、丁寧に解説します!

perm_media 《画像ギャラリー》「イチゴ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

イチゴとは?(特徴)

甘い香りの愛らしい実をつけるイチゴは、家庭でも作ることができます。畑に植えっぱなしならランナーを出してふえるので、毎年収穫が楽しめます。ダナーや宝交早生などの品種が、作りやすくおすすめです。

【基本情報】
・バラ科
・栄養/ビタミンCが豊富
・性質/日なたを好む。肥料焼けに注意。
・病害虫/病害虫に強く、特に心配はない。
・連作/1年は不可。ただし植えっぱなしならOK

種まきと収穫に適した時期

■種まき:10~11月頃 ■収穫:4~6月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

上手に作るためのポイント

★重い土を選ぶ
イチゴは田土のような重い土が育てやすく、火山灰土のような軽い土は避けた方がよいでしょう。

★肥料焼けに注意する
イチゴの根は肥料焼けを起こしやすいので、植えつけの2週間前には肥料を与えるのを終え、肥料が土中に分散して吸収しやすくなってから植えつけます。追肥もごく少量ずつ与えるようにします。

★ランナーで毎年増やす
今年作った子苗の収穫が終わると、ランナー(這うようにのびるつる)が伸びて、所々にまた子苗ができ、地面に触れると根をおろします。できた子苗は、ランナーを切り取って、来年の親株にしましょう。

育て方

1. 土を改良する

苗を植えつける3~4種間前に、畑に、1平方メートルあたり堆肥2kg、苦土石灰150g、ようりん100gを前面にまいって、土をよく耕します。

2. 元肥を入れる

苗を植えつける2~3週間前に、マグァンプKなどの化成肥料を1平方メートルあたり60gをまいて、よく耕して、土になじませておきます。この最初に入れる肥料を元肥といいます。

3. 苗を用意する

10月頃園芸店でポット苗を購入します。自分で親株を育てている場合や、苗を持っている人からもらう場合は、上の図のように切ります。

4. 苗を植えつける

10月が植えつけの適期です。このころは、イチゴが、実をならすもとになる花芽を準備する時期に当たります。土をよく湿らせておき、ランナーを土の中にうめます。こうすると、苗が安定し、また、果実のつく向きがわかります。
芽の中心(生長点)は果実ができる部分なので、完全に地上に出し、方向をそろえます。こうしておくと、後で収穫するときにとりやすいからです。日当たりが良いほど実のつきがよいので、南側に向けると良いでしょう。苗と苗の間は、15cm程度あけます。

5. 下葉をとる

植えつけ時期についていた下葉は枯れて、新葉が大きくひらいてきます。下葉は、病菌がついていたり、アブラムシ、ダニなどがつきやすいので、早めに取り除きます。

1
この記事のライター
関連記事
家庭菜園に役立つテクニックの中から、ここでは水はけを改善する方法をご紹介します。改善すると野菜は元気になります!初心者でもできる「上げ床畝」で水はけの悪さを改善しましょう!
430views 園芸レシピ
更新: 2022-06-13 12:00:00
お庭を素敵にしてくれるシンボルツリーとして人気の「ジューンベリー」について、特徴や育て方のポイントを解説します。さらに実際のお庭の様子も実例を写真付きでご紹介します!すぐに真似したくなるような素敵な庭ばかりですよ!
1656views 園芸レシピ
更新: 2022-03-26 12:00:00
季節によって畑仕事の内容は変わります。ここでは、冬におこなう、夏野菜の苗づくりに焦点を当てて、写真付きで解説していきます。水も温度も自然まかせ!地床でガッシリ苗を育てましょう!
1693views 園芸レシピ
更新: 2022-03-19 12:00:00
庭のシンボルツリーとして最近では一番人気の「シマトリネコ」。和風のお庭にも、洋風のお庭にも似合う木です。樹木は人々に安らぎを与えてくれる大切な存在!ここでは、植え付け時期や、育てるためのポイントなどを、分かりやすく説明していきます。
3594views 園芸レシピ
更新: 2022-03-31 09:53:51
冬の間にやる家庭菜園の畑仕事はいくつかありますが、ここでは収穫した冬野菜のトウガラシ、サトイモ、果物などを使った料理のおすすめレシピをご紹介します。いずれも保存食なので、適切な保管方法をとれば、長ければ数年楽しむこともできますよ!
850views 園芸レシピ
更新: 2022-02-20 12:00:00
最新記事
折り紙で作ったカトラリーは、カジュアルな来客のおもてなしにピッタリ!キュートなリボンはピンクで折りたいですね。シーンに合った色の折り紙で作りましょう。
更新: 2022-07-03 12:00:00
折り紙とハサミで作る「ちょうちん」の作り方をご紹介します。七夕の笹に飾るもよし、ちょうちんをいくつもつなげて壁に飾るもよし。子どもにも簡単に作ることができます。
更新: 2022-07-02 12:00:00
ボーダーや斜めストライプ、ジグザグ模様などベーシックパターンは、色や糸の素材を変えたりしてアレンジがしやすいのが嬉しい。ここでは、初心者さんでもチャレンジしやすい、ベーシックな「ストライプ」のミサンガの作り方をご紹介します!
更新: 2022-07-01 12:00:00
1枚の折り紙で作れるスニーカー(靴)の作り方レシピです。かわいいアイテムは小さい折り紙で折ると、かわいさが倍増します!柄入りの折り紙を使うとさらにおしゃれな仕上がりに!プレゼントしても喜ばれそうですね。
更新: 2022-06-30 12:00:00
パパっと作れて役に立つ!生活雑貨の折り紙レシピです。どちらも鍋料理をするときにあると便利!鍋敷きは何枚かの決まった形の折り紙を組み合わせて作ります。とても丈夫なので、重たい鍋でも安心の出来です。
更新: 2022-06-29 12:00:00
boutique-sha_banner
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル