MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「イチゴ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「イチゴ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

甘い香りと味で大人気の果物!子供も大人も大好きですよね。お店買うと少し高いかもしれませんが、自分たちで作れば食べ放題!病害虫に強いほうなので、育てやすいのも魅力です。ここでは土の耕し方から苗の植え方、収穫までの流れを、丁寧に解説します!

イチゴとは?(特徴)

甘い香りの愛らしい実をつけるイチゴは、家庭でも作ることができます。畑に植えっぱなしならランナーを出してふえるので、毎年収穫が楽しめます。ダナーや宝交早生などの品種が、作りやすくおすすめです。

【基本情報】
・バラ科
・栄養/ビタミンCが豊富
・性質/日なたを好む。肥料焼けに注意。
・病害虫/病害虫に強く、特に心配はない。
・連作/1年は不可。ただし植えっぱなしならOK

種まきと収穫に適した時期

■種まき:10~11月頃 ■収穫:4~6月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

上手に作るためのポイント

★重い土を選ぶ
イチゴは田土のような重い土が育てやすく、火山灰土のような軽い土は避けた方がよいでしょう。

★肥料焼けに注意する
イチゴの根は肥料焼けを起こしやすいので、植えつけの2週間前には肥料を与えるのを終え、肥料が土中に分散して吸収しやすくなってから植えつけます。追肥もごく少量ずつ与えるようにします。

★ランナーで毎年増やす
今年作った子苗の収穫が終わると、ランナー(這うようにのびるつる)が伸びて、所々にまた子苗ができ、地面に触れると根をおろします。できた子苗は、ランナーを切り取って、来年の親株にしましょう。

育て方

1. 土を改良する

苗を植えつける3~4種間前に、畑に、1平方メートルあたり堆肥2kg、苦土石灰150g、ようりん100gを前面にまいって、土をよく耕します。

2. 元肥を入れる

苗を植えつける2~3週間前に、マグァンプKなどの化成肥料を1平方メートルあたり60gをまいて、よく耕して、土になじませておきます。この最初に入れる肥料を元肥といいます。

3. 苗を用意する

10月頃園芸店でポット苗を購入します。自分で親株を育てている場合や、苗を持っている人からもらう場合は、上の図のように切ります。

4. 苗を植えつける

10月が植えつけの適期です。このころは、イチゴが、実をならすもとになる花芽を準備する時期に当たります。土をよく湿らせておき、ランナーを土の中にうめます。こうすると、苗が安定し、また、果実のつく向きがわかります。
芽の中心(生長点)は果実ができる部分なので、完全に地上に出し、方向をそろえます。こうしておくと、後で収穫するときにとりやすいからです。日当たりが良いほど実のつきがよいので、南側に向けると良いでしょう。苗と苗の間は、15cm程度あけます。

5. 下葉をとる

植えつけ時期についていた下葉は枯れて、新葉が大きくひらいてきます。下葉は、病菌がついていたり、アブラムシ、ダニなどがつきやすいので、早めに取り除きます。

6. 肥料を追加する

イチゴは生育期間が中いので、肥料を追加します。これを追肥といいます。12月と2月に、薄い液肥(ハイポネックスなど)か油粕をひとつまみ程度株元に施します。

7. 冬越しさせる

イチゴの花は寒さに弱く、早めに開花したものは雪がふると受粉がおこなわれないまま花が落ちてしまいます。雪の多い地方では、よしずか、ビニールトンネルで保護します。

8. 開花

春になると白い花が咲きます。1株に3~4個花がつきます。雄しべが長いのがよい花です。

9. ビニールを敷く

開花したら、根元にビニールかワラを敷いてやります。これをマルチングといいます。こうすると、果実が汚れずにすみます。

10. 収穫する

開花後、30~40日で収穫できます。熟した果実から、朝のうちに収穫していきましょう。

プランターで作るイチゴ

イチゴはプランターでも作れます!

容器は深さ15cm以上のものを用意します。用土は重い土がよいので、土の配合は、市販の培養土:腐葉土:細砂=5:3:2として用土を作ります。
用土10リットルに対して、ぼかし肥100gを加えておくと、さらによいでしょう。マグァンプKなどの化成肥料なら10gを元肥として混ぜます。化成肥料を使うときは、必ず植えつけの2~3週間前に施すようにします。

生育中は、用土が乾いたらたっぷり水をやります。

イチゴを使った料理 おすすめレシピ

自分で育てて収穫をしてイチゴは、他にはない美味しさで感動することでしょう!そのまま食べるのが定番ですが、スイーツ作りにも挑戦してみませんか?
ここではおすすめのイチゴの料理レシピを1つご紹介したいと思います!

『ストロベリーシャーベット』

甘酸っぱいイチゴたっぷりのシャーベットです!

【材料:2人分】
・イチゴ 150g
・グラニュー糖 250g
・水 1と1/2カップ
・水あめ 大さじ2
・レモン汁 1/3個分

【作り方】
①イチゴは洗ってヘタをとり、つぶしてピューレ状にします。
②鍋にグラニュー糖200gと水、水あめ、レモン汁を入れて火にかけ、ひと煮立ちさせてグラニュー糖を溶かし、シャーベット生地を作ります。
③イチゴのピューレを裏ごししながら、別の鍋に入れます。
④③にグラニュー糖50gを加えて火にかけ、混ぜながら煮たたないようにして5~6分煮ます。
⑤ボウルにイチゴのピューレとシャーベット生地を合わせ、氷水にあててとろみがつくまで混ぜます。
⑥金属製のバットに流して冷凍庫に入れ、1~2時間冷やします。
⑦みぞれ状に固まったら空気を取り込むようにかき混ぜて再び冷やし、この作業を3~4回繰り返して冷やし固めます。

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
夏のデザートには欠かせないスイカ!育て方が変わっているので、面白さを求めている人におすすめの家庭菜園です。ここでは、基本情報や種まきの時期、育て方について、ポイントも含め、丁寧にご紹介していきます!
764views 果物
新着レシピ
白いレースではなく、落ち着いた色合いの配色を選んで、アメリカで古くからある技法のスターステッチ模様と、長編みとピコット編みを組み合わせた模様編みをします。ひも先の飾り編みがキュート!巾着タイプなのも便利ですね!
122views 布小物
1mの生地を用意するだけで、お揃いのヘアアクセサリーと服を作れます!うさみみのカチュームは中にワイヤーが入っているので、ねじるだけでぴたっとフィット♪ストライプのキャミワンピは、裾のフリルをボーダー使いにしてキュートに仕上がっています!
ナチュラルウッドの刺しゅう枠のフレームに透明感のあるチュールを貼って、可憐なお花で自由にアレンジを楽しむ。そんな新しいハンドメイドがキットになりました。 万華鏡(カレイドスコープ)のように彩り広がる花の世界をぜひ味わってみてください!
石川県の伝統工芸品「加賀友禅」。その加賀友禅を縫うお針子さんが余り布や糸、綿を使って作ったと言われている「加賀ゆびぬき」の作り方の基礎を解説します。少ない材料と道具で始められるのも魅力。基本を覚えたら、様々な作品に取り掛かりましょう。
288views ソーイング

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!