MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
こぎん刺しの基礎「刺し方レッスン」

こぎん刺しの基礎「刺し方レッスン」

刺しゅうの一種「こぎん刺し」とは、図案を写さずに、図案のマス目と布の織り目を数えながら模様を刺していく手法です。いろいろな刺し方がありますが、ここではひと針ごとに糸を引いて刺していく方法を丁寧にご紹介していきます!

perm_media 《画像ギャラリー》こぎん刺しの基礎「刺し方レッスン」の画像をチェック! navigate_next

用意するもの

■布「コングレス(オ)」
タテ糸とヨコ糸が等間隔で織られた布目が数えやすい綿の布。18カウント(1cm角に7×7目)。

■布「麻布」
平織りの目が拾いやすい麻布。22カウント(9×7目)。この本では他に28カウント(11×11目)など使用してます。

■糸「こぎん糸(オ)」、「25番 刺しゅう糸」
■針「こぎん針(オ)」:布の織り目を割らない丸い針先になった長めの専用針。

カウント数と図案について

カウント数とは布目の大きさの単位で、1インチ(2.54cm)の中に織り目が何目あるかを表しています。18カウントの布は2.54cm内に18の織り目が入っている布という事になります。数が大きくなるほど織り(目)は細かくなります。
布のタテ×ヨコの織り糸の本数が違うと同じ図案でも形が違った図案に仕上がります。ぬくもりでは1cm四方のタテ糸×ヨコ糸の織り目も併記しています。

コングレス【18カウント(1cm角に7×7目)】の図案(模様)の場合

麻布【22カウント(1cm角に9×7目)】の図案(模様)の場合

こぎん糸の準備

こぎん糸はかせ糸になっているので、輪を広げて使いやすい長さにカットしておきます。

1.ラベルを外す。

2.輪の状態にする。

3.輪の片側を切る。

1
この記事のライター
関連記事
便利でかわいいポーチ&ケース特集から、色えんぴつのピーシングモチーフがキュートな「カードケース」のレシピをご紹介!中は3つに仕切られています。ぺたんこタイプはICカードを改札や自販機などにタッチしやすいですね。
更新: 2024-07-16 12:00:00
洋服や小物の作品作りをしている途中のアイロンがけ、していますか?仕上がりの美しさを左右する重要な役割を果たしているのが「アイロン」なんです。こまめにアイロンをかけることが美しい作品を仕上げる第一歩!画像付きで分かりやすく解説していきます。
更新: 2024-07-11 12:00:00
懐かしの商品をフェルトで再現!黒電話やラジカセ、ぼんぼん時計など昭和レトロなデザインのマスコットのレシピです。カセットテープはA面・B面があるよ。(無料型紙あり)
更新: 2024-07-05 12:00:00
布に切り込みを入れて布ループとボタンでとめる「スラッシュあき」。トップスの衿元や袖口などブティック社のソーイング本でもよく登場します。今回はこちらのデザインの縫い方を動画でわかりやすく解説していきます!
更新: 2024-07-04 14:42:31
マチと底がしっかりあるファスナー付きのケース。ビビッドな配色に合わせてファスナーとスライダーの色を選びました。メガネをホールドするガードはプラスチック板を入れて作ります。バッグ等に入れての持ち運びにも安心です。
1119views 手作りレシピ
更新: 2024-07-02 12:00:00
最新記事
便利でかわいいポーチ&ケース特集から、色えんぴつのピーシングモチーフがキュートな「カードケース」のレシピをご紹介!中は3つに仕切られています。ぺたんこタイプはICカードを改札や自販機などにタッチしやすいですね。
更新: 2024-07-16 12:00:00
ムーミン谷の仲間たちが折り紙になって登場。おなじみのキャラクターはもちろん、ムーミンハウスや北欧風のお花まで、すべて折り紙で再現。日常で使える便利アイテムや、インテリアへのアレンジ例の紹介も盛りだくさんなので、折ったあとまでエンジョイ!
95views 本│折り紙
更新: 2024-07-15 12:00:00
1400枚以上ある色とりどりのシールを、枠内に書かれている番号と同じ番号のシールを探して貼ることによって壮大な作品を完成させることができる。自然の生き物、花など12作品を収録。
更新: 2024-07-13 12:00:00
本物みたいな果物!ここでは葉っぱがピンとしていて元気いっぱいのパイナップルの折り方を紹介します!「実」と「葉」は分けて作りますよ。かごに入れて飾るのもおすすめです。
更新: 2024-07-12 12:00:00
洋服や小物の作品作りをしている途中のアイロンがけ、していますか?仕上がりの美しさを左右する重要な役割を果たしているのが「アイロン」なんです。こまめにアイロンをかけることが美しい作品を仕上げる第一歩!画像付きで分かりやすく解説していきます。
更新: 2024-07-11 12:00:00
boutique-sha_banner
hmc_banner
btq_onlineshop_banner

ぬくもりのオススメ

disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル