MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「ニガウリ(ゴーヤ)」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「ニガウリ(ゴーヤ)」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

夏野菜の一つで、ビタミンCが豊富な健康野菜と言われる人気のニガウリ。沖縄料理の「ゴーヤーチャンプルー」でおなじみですよね。ここでは初心者の方でも分かりやすく、芽出しの準備から収穫までの過程を、写真付きで分かりやすく解説しています。

ニガウリとは?(特徴)

ビタミンCが豊富な健康野菜!日本では沖縄地方の名産として有名。ニガウリに含まれるビタミンCは加熱してもほとんど壊れずに残ることから、近年は健康野菜や美容野菜として人気を集めています。
ゴーヤやツルレイシと呼ばれることもあります。

【基本情報】
・ウリ科
・栄養/ビタミンCが豊富
・性質/20~30℃ほどの環境を好む
・病害虫/ウドンコ病に注意
・連作/2~3年は不可

種まきと収穫のカレンダー(適した時期)

■種まき:5月頃 ■収穫:7~8月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※このカレンダーは、関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合はこのカレンダーを目安にした時期の調整が必要です。

育て方

1.芽出しの準備をする
ニガウリのタネは表皮が固いため、カッターなどで傷をつけてから、1日程度水につけておくと発芽がよくなります。

2.タネをまく
ポットに培養土を入れ、1箇所に3粒を目安にタネをまきます。1cmほど土をのせ、水をかけます。

3.保温する
ニガウリの発芽適温は25~30℃と高めなので、ビニールなどで覆って、発芽まで保温します。

4.間引く
本葉が1枚のころに間引いて2本立てにします。本葉が2枚のころにはさらに間引いて1本立てにします。

5.土の準備をする
植えつけの2週間前に苦土石灰をまいて、よく耕します。苦土石灰は1㎡あたり100gが目安です。

6.うねを作る
植えつけの1週間前に堆肥を入れてよく耕し、うねを作ります。堆肥は1㎡あたり3~4kgが目安です。

7.植えつける
本葉が4枚ほどになったら、根鉢が隠れるくらいに深く植えつけます。植えつけ後はしっかり水をかけます。

8.仮支柱を立てます
植えつけたら、仮支柱を立てましょう。苗が育ったら仮支柱をとって、高さ2mくらいの支柱をさし、親づるを誘引します。子づるが伸びてきたら、その都度誘引します。

[支柱のコツ]
支柱2本を上部で交差するように立てたり、支柱にキュウリネットを絡ませると、そこにつるが絡みます。支柱だけだと、ニガウリの重さに耐えられない場合もあります。

9.摘芯する
植えつけから50日ほどでつるが伸びてきます。本葉が7~8枚になるか草丈が1mを超えたら、一番上にある親づるの先端を切り、わき芽を伸ばします。

10.追肥を与える
実がつき始めたら追肥として化成肥料を1㎡あたり20gほど与えます。それ以降は2週間に1度の頻度で追肥を与えます。収穫期間や夏の間にも追肥を行うことで、長い期間収穫を楽しむことができます。

収穫する

開花から15~20日ほどで実が肥大化して、表面のこぶがふくらんできます。この段階になったらハサミで収穫しましょう。
収穫が遅れると実が黄色くなって皮が破れてしまいます。

ニガウリのいろいろな品種

■「島さんご」
短太型ニガウリで、果長は約20~25cm。濃緑色の果皮で秀品率が高く、果ぞろいもよい。

■「太れいし」
鮮緑色の果皮で、果長は約15cmほど。胴張りがよく、果ぞろいが特によい。

■「さつま大長れいし」
果長は約35cm。着果がよく、多収。

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
ほくほくしていて甘さがある野菜といえばサツマイモ!赤ちゃんの離乳食や、子供の手軽なおやつなど、幅広い世代に愛される代表的な秋野菜の王様です。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本情報、育て方、収穫について解説します。
207views 野菜
甘みがあり食感もいいトウモロコシは、おとなから子供まで大人気の野菜!おやつとしても食卓に並ぶ機会が多いです。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本情報から、育て方、おすすめのレシピを、丁寧に解説していきます。
353views 野菜
サラダやおでんなど食卓によく出てくる野菜の1つ、大根。実は日本は世界一のダイコン消費国と言われているんです!ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本情報から、育て方、おすすめのレシピを、丁寧にご紹介していきます。
632views 野菜
鮮やかな緑色がサラダなどの彩りになるオクラ。外側の歯ごたえの良さとねばねばしている食べやすさが魅力ですよね。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本から、育て方を、重要ポイントともに丁寧にご紹介します。
626views 野菜
色んな料理に使える万能野菜、ネギ!気候や害虫の影響を受けにくいので、とても育てやすいのも魅力です。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本情報から、育て方、おすすめのレシピを、丁寧にご紹介していきます。
751views 野菜
新着レシピ
1mの生地を用意するだけで、お揃いのヘアアクセサリーと服を作れます!うさみみのカチュームは中にワイヤーが入っているので、ねじるだけでぴたっとフィット♪ストライプのキャミワンピは、裾のフリルをボーダー使いにしてキュートに仕上がっています!
ナチュラルウッドの刺しゅう枠のフレームに透明感のあるチュールを貼って、可憐なお花で自由にアレンジを楽しむ。そんな新しいハンドメイドがキットになりました。 万華鏡(カレイドスコープ)のように彩り広がる花の世界をぜひ味わってみてください!
石川県の伝統工芸品「加賀友禅」。その加賀友禅を縫うお針子さんが余り布や糸、綿を使って作ったと言われている「加賀ゆびぬき」の作り方の基礎を解説します。少ない材料と道具で始められるのも魅力。基本を覚えたら、様々な作品に取り掛かりましょう。
160views ソーイング
ゆびぬきを作るには、まず「土台」を作り、土台を等分に分割する線を引く「地割り」という作業をします。土台を何分割するかは、かがる模様によって異なります。ここでは、例として7分割の土台の作り方の基礎を解説します。
153views ソーイング
「加賀ゆびぬき」の道具と材料を準備し、土台を作り、地割りができたら、絹糸で模様をかがっていきましょう。ここでは画像付きで工程を解説していきます。ひと針ひと針、思いを込めながら、楽しく手をすすめていきましょう。
184views ソーイング

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!