MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「ニガウリ(ゴーヤ)」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「ニガウリ(ゴーヤ)」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

夏野菜の一つで、ビタミンCが豊富な健康野菜と言われる人気のニガウリ。沖縄料理の「ゴーヤーチャンプルー」でおなじみですよね。ここでは初心者の方でも分かりやすく、芽出しの準備から収穫までの過程を、写真付きで分かりやすく解説しています。

perm_media 《画像ギャラリー》「ニガウリ(ゴーヤ)」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

ニガウリとは?(特徴)

ビタミンCが豊富な健康野菜!日本では沖縄地方の名産として有名。ニガウリに含まれるビタミンCは加熱してもほとんど壊れずに残ることから、近年は健康野菜や美容野菜として人気を集めています。
ゴーヤやツルレイシと呼ばれることもあります。

【基本情報】
・ウリ科
・栄養/ビタミンCが豊富
・性質/20~30℃ほどの環境を好む
・病害虫/ウドンコ病に注意
・連作/2~3年は不可

種まきと収穫のカレンダー(適した時期)

■種まき:5月頃 ■収穫:7~8月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※このカレンダーは、関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合はこのカレンダーを目安にした時期の調整が必要です。

育て方

1.芽出しの準備をする
ニガウリのタネは表皮が固いため、カッターなどで傷をつけてから、1日程度水につけておくと発芽がよくなります。

2.タネをまく
ポットに培養土を入れ、1箇所に3粒を目安にタネをまきます。1cmほど土をのせ、水をかけます。

3.保温する
ニガウリの発芽適温は25~30℃と高めなので、ビニールなどで覆って、発芽まで保温します。

4.間引く
本葉が1枚のころに間引いて2本立てにします。本葉が2枚のころにはさらに間引いて1本立てにします。

5.土の準備をする
植えつけの2週間前に苦土石灰をまいて、よく耕します。苦土石灰は1㎡あたり100gが目安です。

6.うねを作る
植えつけの1週間前に堆肥を入れてよく耕し、うねを作ります。堆肥は1㎡あたり3~4kgが目安です。

7.植えつける
本葉が4枚ほどになったら、根鉢が隠れるくらいに深く植えつけます。植えつけ後はしっかり水をかけます。

8.仮支柱を立てます
植えつけたら、仮支柱を立てましょう。苗が育ったら仮支柱をとって、高さ2mくらいの支柱をさし、親づるを誘引します。子づるが伸びてきたら、その都度誘引します。

[支柱のコツ]
支柱2本を上部で交差するように立てたり、支柱にキュウリネットを絡ませると、そこにつるが絡みます。支柱だけだと、ニガウリの重さに耐えられない場合もあります。

9.摘芯する
植えつけから50日ほどでつるが伸びてきます。本葉が7~8枚になるか草丈が1mを超えたら、一番上にある親づるの先端を切り、わき芽を伸ばします。

10.追肥を与える
実がつき始めたら追肥として化成肥料を1㎡あたり20gほど与えます。それ以降は2週間に1度の頻度で追肥を与えます。収穫期間や夏の間にも追肥を行うことで、長い期間収穫を楽しむことができます。

収穫する

開花から15~20日ほどで実が肥大化して、表面のこぶがふくらんできます。この段階になったらハサミで収穫しましょう。
収穫が遅れると実が黄色くなって皮が破れてしまいます。

ニガウリのいろいろな品種

■「島さんご」
短太型ニガウリで、果長は約20~25cm。濃緑色の果皮で秀品率が高く、果ぞろいもよい。

■「太れいし」
鮮緑色の果皮で、果長は約15cmほど。胴張りがよく、果ぞろいが特によい。

■「さつま大長れいし」
果長は約35cm。着果がよく、多収。

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
育苗土や資材購入する場合には、できるだけ安価なものは避け、信頼できるメーカーが製造販売するものを選ぶといいでしょう。ここでは編集部が厳選した商品をご紹介します!選ぶ時の参考情報として、ぜひお役立てください!
286views 野菜
更新: 2021-03-25 09:31:25
新発想!縦・横・仰向けの3パターンで行うユニークな培養土の袋栽培について、雑誌の読者さんから届いた成功事例とともに、ご紹介します。いずれも春から始められるものです。みなさんの菜園でも試してみませんか!
762views 野菜
更新: 2021-03-25 09:21:40
冬は堆肥づくりに最適の時期です。ただ、堆肥づくりには体力がいりますし、手間もかかります。混ぜる、切り返す、木枠をつくり直すといった大変な作業を省きつつもおいしい野菜が採れる、良質な堆肥に仕上がる方法をベテラン菜園家の田中寿恭さんに教えてもらいました。
696views 野菜
更新: 2021-02-26 12:00:00
野菜の中でももっとも親しまれている中国の健康野菜!高温で一気に過熱すると鮮やかな色になる特徴があり、食卓を華やかにしてくれます。油炒め、煮食、漬物などに最適!トウ立ちする前に収穫するのがポイント。育て方について丁寧に解説していきます。
714views 野菜
更新: 2021-03-29 10:18:51
1坪でできる野菜作りの中から、おすすめのレシピをご紹介!ここでは、煮っころがしなどでおなじみの「サトイモ」の基本情報、種まき時期、育て方など、上手に作るためのコツを解説していきます。暑さに強く乾燥に弱いのが特徴です。
1199views 野菜
更新: 2020-10-11 12:00:00
新着レシピ
子どもの好きな色や柄の布で、お弁当入れを作りましょう!開きやすい巾着型タイプなので、小さな子でも簡単に開け閉めできるのも良いですね。楽しいお昼ごはんを過ごせますように♪
73views 布小物
更新: 2021-04-12 12:00:00
梅雨の季節に咲くあじさいを1本飾りににしました!ピンク、パープル、ブルーの3色がとても美しいです。淡い色の花にビーズや刺しゅうを加えると、上品に仕上がります。飾るだけでお部屋の印象ががらっと変わり、季節感も感じられる作品です。
更新: 2021-04-11 12:00:00
人気のミッキーがお祝いしてくれる様子を切り紙で作りましょう!作り方はとてもシンプル。折り紙を折って、写して、切って、ひらくだけ。最初は難しく感じても、1つ2つとチャレンジするうちに、作るのがどんどん楽しくなっていくはずです!
更新: 2021-04-10 12:00:00
切り紙をするときに知っておきたい基本的な情報の中から、作品の保存や飾る方法、必須増具のポンチの詳細、折り紙の色などについて、丁寧に解説しています。
更新: 2021-04-10 11:50:00
さまざまな着物地をストリング状に接いだリュックサックのレシピをご紹介します。入れ口はファスナーで開閉するので使いやすい!肩紐を外し、脇の上部のマグネットボタンで形を変えれば、トートバッグとしても使えますよ。
更新: 2021-04-08 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル