MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
キラキラ輝く 春に咲く満開の桜のつるし飾りの作り方

キラキラ輝く 春に咲く満開の桜のつるし飾りの作り方

ハラハラと舞う満開の桜をイメージしたつるし飾り。スパンコールやラインストーンなどをフェルトに縫いつけいているので、窓辺から差し込む光でキラキラと優雅に輝きます。ピンクと白の柔らかな配色も春らしいです。ひなまつりや入学祝いとして飾ったりプレゼントしても素敵。

キラキラ輝く 春に咲く満開の桜のつるし飾りの材料

・フェルト(厚手 2mm)
(ピンク)40cm×25cm
・フェルト
(白)40cm×30cm
・ラインストーン
(しずく型 14mm×10mm ピンク)15個
・ラインストーン
(しずく型 10mm×6mm クリスタル)15個
・スパンコール
(亀甲 6mm ピンク)180個
・スパンコール
(亀甲 5mm ホワイトアイリス)約170個
・ラウンドビーズ(10mm オーロラ)6個
・小丸ビーズ(ピンク)180個
・小丸ビーズ(クリア)約170個
・丸カン(内径 25mm)4個
・つりひも用手縫い糸(20番 白)適宜
・手芸用ボンド

*できあがりのサイズ
・つるし飾り1本の長さ 約78cm

キラキラ輝く 春に咲く満開の桜のつるし飾りの製図 ※実物大ではありません

キラキラ輝く 春に咲く満開の桜のつるし飾りの作り方

※各パーツの順序と間隔は組み立て図を参照する
*花Aを作る*
1.フェルトをボンドで貼り合わせ、ビーズとラインストーンをつける
2.スパンコールをつける

*花Bを作る*
1.内花と外花をボンドで貼り合わせ、ビーズとラインストーンをつける
2.内花にスパンコールをつける

3.白の外花をボンドで貼り合わせる

*つぼみを作る*
ピンクと白の花びらをボンドで貼り合わせる

*組み立てる*
1.手縫い糸85cmを針に通して下のパーツから通す。パーツがずり落ちないように後ろ側の白フェルトを数針縫って、バランス良く通す
2.上部に丸カンをつける

和のつるし飾りのレシピをもっと見たい方におすすめ!

「フェルトで作る和のつるし飾り」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの和のつるし飾りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
お部屋を明るく演出してくれる吊るし飾りを、身近な材料のフェルトで作りましょう!ここでは、梅雨をイメージしたモチーフがゆらゆら揺れる「モビール」のレシピをご紹介します!動くたびにキラキラと光るビーズやスパンコールが、とってもきれいですよ♪
四角に編み上げずに、片方の側面を斜めにすることで棚のようにアレンジした、ちっちゃな壁掛けかごです。吊り手には、藍染めの裂き布を巻きつけたおしゃれなデザインです。同じものを並べることで、ディスプレイが楽しくなります。おかき入れとして使っても素敵!
ひとつあれば、お部屋を素敵に演出してくれるフェルトの飾り物!身近で扱いやすいフェルトを材料に作ってみましょう。ここでは男の子の成長をお祝いする、こいのぼりのお飾りの作り方をご紹介します!柏餅や菖蒲、風車を加えて彩り良く配置しましょう。
布を使用して作る、四角い本体の四隅をつまんで縫ったトレイです。アクセサリーや鍵など、よく使うものを入れて。使い勝手が良い2種類の大きさなので、いくつあってもいいですね♪
ふたと縁周りに色を効かせた、北欧風のお道具箱。本体からふたまでを続けて編むので、ふたが本体のサイズに合わないということもなく、はじめてさんでも作りやすいデザインです。くるくる巻きのボタンとループでふたはしっかりと留められますよ!
新着レシピ
人気講師の山本めぐみさんが提案する、紙ニットのレーシーバッグ。だ円形のバッグ底を活かして、マクラメ編みで編み上げます。内袋を外して、小物をポーチにまとめて入れ、スケルトンバッグとして使うのも楽しい使い方ですね。
棒針編みが初めての方にもおすすめのレシピ!かのこ編みは、表目と裏目を交互に、また、前段と互い違いになるように編むので、ぽこぽことした独特の編み地になります。履き口を1目ゴム編みにしているので脚にフィットします。くしゅくしゅたるませて履いて♪
Floraは、ローマ神話に登場する、古代ローマの花と豊穣と春の女神のことです。そのイメージをデザインしたのがこちらのパターンです。色んなパターンと組み合わせやすいシンプルでさがありながらも、花の可愛らしさが備わっています。
小さなスペースでもたっぷりと収穫できる野菜作りをしてみませんか?ここで1坪さえあればチャレンジできる野菜作りについて基本的な情報をお届けします。どの野菜でも土づくり~種まき、多くの管理作業は共通しているので、これさえ押さえれば怖いものなし!
199views 野菜
たった3.3平方メートル(1坪)さえあれば始められる野菜作りをご紹介!根ものや葉物の多くは夏・秋から育て始められます。ここでは鍋料理に欠かせない「シュンギク」の基本情報、種まき時期、育て方など、上手に作るためのコツを解説しています。
164views 野菜

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!