MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
ベランダ菜園「ベビーリーフ」の育て方

ベランダ菜園「ベビーリーフ」の育て方

サラダはもちろん、前菜からお肉・お魚などのメインディッシュの脇役としてもよく目にするベビーリーフ。小さなスペースで栽培できる赤ちゃんの葉っぱのため、園芸愛好家からもとても人気のある野菜の1つです。ここではその特徴や育て方のコツを解説します。

perm_media 《画像ギャラリー》ベランダ菜園「ベビーリーフ」の育て方の画像をチェック! navigate_next

ベビーリーフ 基本情報

[キク科]の野菜。ベビーリーフとは、発芽30日前後で収穫できる葉菜、ハーブの若葉の総称です。栽培期間が短く、苗から植えると1か月ほどで収穫できます。
一度収穫時期を迎えると何度でも収穫できるため、気軽に栽培できる品種のひとつとなっています。
食べやすい葉をつくるためにも肥料や水は切らさないようにしましょう。

種まきと収穫に適した時期・栽培のコツ

■スタート:冬~秋  ■発芽適温:20℃前後 ■水やり:毎日
■日当たり:良い場所 ■土:水はけが良い

栽培カレンダー

ベビーリーフの種類

*ミズナ

シャキシャキとした食感が魅力の野菜。また、葉の縁がギザギザしているのが特徴。ベビーリーフの葉の縁もギザギザしている。

*ホウレンソウ

濃い緑と栄養価の高さが特徴。成長したホウレンソウは、茎が硬くえぐみもあるため加熱した方が良いが、ベビーリーフは生のまま食べられる。

*ルッコラ

イタリア料理によく登場するアブラナ科の野菜でサラダなどによく使われる。英語ではロケットと呼ばれる。ピリッとした辛みとゴマの香りが特徴的。

準備するもの

種苗

容器:小

用土

苗は本葉が4~5枚生えているものを準備します。
土は元肥が入っているものを用意しましょう。
よせ植えができる野菜なので複数株同時に栽培したいときは、大きめのプランターを使用しましょう。
種からでも楽に育てられます。

作り方

*step1:植えつけ

01 ポットから根鉢を崩さないように取り出し、根鉢の肩の土を丁寧に落とし、土に根鉢よりひと回り大きい穴を掘る。

02 苗の根元を指ではさみながらそっと穴に苗を入れる。

03 プランターの植え穴に根が隠れるように、周りの土をかぶせ軽く押さえる。

*step2:摘み取り

01 株の株の間が狭いと小ぶりに成長するので、適度に摘み取る。主枝を残すと収穫量が増える。

02 主枝が伸びてきたら、大きくなった外葉からハサミで切り取ると、内葉が成長しやすくなる。この時期の葉はやわらかく、食べやすいので摘んだ後は、サラダの彩りに。

*step3:追肥

01 必須ではないが、摘んだ直後に追肥を行うとその後の成長が早くなる。葉の色が悪い場合は、油かすなど窒素を含んだ肥料を施すと良い。

*step4:収穫

01 放っておけばどんどん成長するため、早め早めの収穫を心がける。葉は成長しすぎるとかたくなるので注意。

02 摘み取り収穫の場合と同じように、大きくなった外葉からハサミで切り取る。

03 水や肥料を切らさなければ、成長速度が速いのもあり、長い間楽しむことができる。

ベランダ菜園についてもっと知りたい方におすすめ!

「おしゃれに飾るベランダ菜園」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのベランダ菜園の情報やレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
ラッカセイの育て方を解説します。タネまきから油断せずカラス対策をして育ていていくのがポイント。自分で育てないとなかなか食べる機会がない「生の落花生」を味わえるのも、家庭菜園の醍醐味です。収穫後の美味しい食べ方もご紹介します。
93views 園芸レシピ
更新: 2021-07-27 12:00:00
ごまは栄養素がたっぷりで、人気の食材の1つです。自分で育てるからこそ味わえる香ばしさもあります。ここでは、タネのまき方、メンテナンス、収穫、そしてゴマには欠かせないごみ取り作業について丁寧に解説していきます。
178views 園芸レシピ
更新: 2021-07-16 12:00:00
家庭菜園好きに知ってほしい、野菜づくりがもっと上手に、もっと楽しくなるアイテムをご紹介します。こちらでは夏野菜の保温育苗や、葉物野菜の防虫に便利な「プランターキャップ」について詳しく解説していきます。
133views 園芸レシピ
更新: 2021-07-13 12:00:00
生でも炒めても茹でても美味しい!あらゆる料理に重宝するキャベツを、家庭で育ててみましょう!ここでは、必ず知っておきたい基本的な情報や、育てる過程を1つずつ写真付きで解説していきます。
259views 園芸レシピ
更新: 2021-07-07 12:00:00
身近な観葉植物を使って、いま流行りの「コケ玉」を作ってみましょう!土をよく練って、だんごをつくり、植物をいれるだけととても簡単!水ゴケなどをつければ、できあがりです♪初めての方もぜひチャレンジしてみてくださいね。
309views 園芸レシピ
更新: 2021-06-26 12:00:00
最新記事
日常の様々なシーンで使えるハンドメイドのワークウェアをご紹介します。ここでは、腕を汚れから守ってくれる「アームカバー」のレシピをピックアップ!エプロンやかっぽう着と一緒に使うと、お手軽に七分袖みたいに着られます♪
更新: 2021-07-28 12:00:00
ラッカセイの育て方を解説します。タネまきから油断せずカラス対策をして育ていていくのがポイント。自分で育てないとなかなか食べる機会がない「生の落花生」を味わえるのも、家庭菜園の醍醐味です。収穫後の美味しい食べ方もご紹介します。
93views 園芸レシピ
更新: 2021-07-27 12:00:00
子供も大人も夢中になれるアイロンビーズは、かわいいハートやお花のキーホルダーやコースターが人気の作品!さらに立体的なキャラクターや車のビーズアートも作れます。ここでは基本の道具や簡単な作品を図案付きで紹介しています。
更新: 2021-07-26 15:36:32
夏の必需品、帽子!男の子にも女の子にもオススメしたいワークキャップのレシピをご紹介します。後ろはマジックテープ®でサイズ調整ができるのも便利。ひよけ布は取り外しもできるので、気温に合わせて使いましょう。
更新: 2021-07-26 12:00:00
江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北の代表作「富嶽三十六景」で脳活性をしましょう!ここでは「隅田川関屋の里」を点つなぎします。細かな数字をたよりに図柄を完成させていくには集中力が必要です。どんな作品が出来上がるのかというワクワク感も楽しめますよ。
144views ホビー
更新: 2021-07-25 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル