MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
家庭菜園「らくらく堆肥づくり」のやり方・コツ!

家庭菜園「らくらく堆肥づくり」のやり方・コツ!

冬は堆肥づくりに最適の時期です。ただ、堆肥づくりには体力がいりますし、手間もかかります。混ぜる、切り返す、木枠をつくり直すといった大変な作業を省きつつもおいしい野菜が採れる、良質な堆肥に仕上がる方法をベテラン菜園家の田中寿恭さんに教えてもらいました。

perm_media 《画像ギャラリー》家庭菜園「らくらく堆肥づくり」のやり方・コツ!の画像をチェック! navigate_next

目次

ここがらくらく!材料は混ぜない「材料を入れて足で踏むだけです」

*もみ殻を入れるから空気が十分に含まれる

落ち葉堆肥は一般的に、落ち葉、米ぬか、水をよく混ぜ合わせて仕込みますが、私は仕込むときに材料を混ぜ合わせません。材料を順番に入れていくだけです。しっかり発酵して1年後には使える状態になります。

私は堆肥枠に落ち葉、もみ殻、米ぬかを入れたら足で踏みつけます。そして、水をたっぷりかけます。
混ぜなくてもうまく発酵してくれるのはもみ殻を入れるからです。水を入れると落ち葉と落ち葉が密着します。混ぜないと空気が不足して発酵が進みません。しかし、もみ殻を入れることによって落ち葉と落ち葉の隙間にもみ殻が入り、空気の層ができるので混ぜなくても発酵が促されます。

私も74歳ですので力仕事はできるだけ省きたい、でも堆肥づくりは続けたく、混ぜなくてもいい仕込み方に変えてかなりラクになりました。

上の写真のように全体を混ぜ返す「切り返し」を定期的に行う必要がありますが、この方法だと切り返しをしなくてもつくれます。

*Point!この順番を繰り返す

①1回に仕込む量の目安は、45L袋10個分の落ち葉を使います。米ぬかは水ヒシャクに7~8杯分ぐらいをまぶします。

②堆肥枠に落ち葉、米ぬか、もみ殻を入れたら、足で踏んで余分な空気を抜きます。足で踏んだ際に材料が自然と混ざるので米ぬかともみ殻が落ち葉の隙間に入り込みます。

*Point!もみ殻を使おう

混ぜないで仕込むときは必ずもみ殻を入れてください。もみ殻が落ち葉の隙間に入り込んで、空気の層ができます。酸素が十分に入ると発酵して温度も上がります。
量の目安は450Lの落ち葉に対し、20Lのもみ殻を使います。厳密でなく、大まかな分量で構いません。
もみ殻がない場合は水をまいたあと、フォークなどを使って全体をよく混ぜましょう。

ここがらくらく!堆肥枠にはあぜ板を使う「枠が長く使えて設置も簡単です」

*耐久性に優れて組み立てもラク

以前は2つの木枠を使っていましたが、今は「あぜ板」の枠を使っています。あぜ板は田んぼで使う丈夫な波板です。円形の囲いをつくり、その中に落ち葉などの材料を入れて仕込みます。

木枠でも問題なく堆肥をつくれるのですが、3~4年経つと板が割れてきたり朽ちてきたりして、木枠をつくり直さないといけません。数年に一度とはいえ、結構手間がかかります。あぜ板なら丈夫で耐久性があり、長く使えます。これもラクをするためのポイントです。

私の畑では幅60㎝×長さ125cmのあぜ板を3枚使って堆肥枠をつくっています。片側に溝があるタイプであれば、あぜ板とあぜ板が連結でき、設置も簡単です。

仕込み方は木枠のときと同じです。あぜ板の方が低い堆肥枠になるので、仕込みやすくなります。

スタンドバッグも使ったことがありますが、屋外で使うと1年ぐらいでボロボロになってしまいます。今は落ち葉集めに使っています。

1
この記事のライター
関連記事
南アンデス原産でフラクトオリゴ糖を豊富に含む健康野菜の「ヤーコン」。サツマイモのような姿に梨のような食感で、暑さや乾燥に強く、無肥料でも育ちやすいのが特徴です。収穫の際は塊根が折れやすいので、丁寧に掘りましょう。
290views 園芸レシピ
更新: 2024-03-29 12:00:00
みなさんの家庭菜園でも夏野菜の準備が進んでいることと思います。そんな時に役立つ、おすすめのアイデア農具「シート押さえがスルリと抜けるお助けグッズ」と、畑作業が快適にこなせるこだわりデザインの「高機能ツナギ」を紹介します!
613views 園芸レシピ
更新: 2024-03-27 12:00:00
人気のトマトベリーシリーズに新色登場!トマトベリーオレンジは、いちごのようなハートのような可愛らしい見た目が特徴的。そして糖度の高さも抜群!育てやすいので家庭菜園に向いています。
386views 園芸レシピ
更新: 2024-03-19 12:00:00
野菜を育てるための“全天候型”菜園づくりのヒントを、4名の野菜のプロたちから伝授!ここでは野菜にとって大打撃となる豪雨、長雨、冷夏への対策を、わかりやすく解説していきます。
623views 園芸レシピ
更新: 2024-03-06 12:00:00
西洋ワサビや山ワサビとも呼ばれる「ホースラディッシュ」。耐寒性があり、放任栽培でもどんどん株が増える育てやすい野菜です。ホースラディッシュを使ったおすすめレシピもご紹介しているので、収穫後はぜひ挑戦してみてください!
415views 園芸レシピ
更新: 2024-03-03 12:00:00
最新記事
取扱いにコツがある「ファー素材」の基礎が分かる!裁断の仕方、縫うコツを解説しながら、70×80cmのファーのカットクロスを存分に使って作るネックウォーマーの作り方をご紹介します。サクッと作れるかんたん仕様のあったかグッズです。
更新: 2024-04-21 12:00:00
赤ちゃん用のリュックサックのレシピです。シンプルな作りですが、アクセントに毛糸のポンポンを付けて、可愛く仕上げましょう!お裁縫初心者の方でもチャレンジしやすい作品です。(型紙不要)
更新: 2024-04-19 12:00:00
メッシュ折り紙の風船の中に小さな鶴が舞っています。軽やかで涼しげなモビールはリビングはもちろん、どんなお部屋にもマッチするインテリアになるでしょう!
更新: 2024-04-18 12:00:00
中央に丸四つだたみをして金属パーツをつけた、クールなミサンガ。プレゼントしても喜ばれそうなおしゃれなデザイン!
更新: 2024-04-17 12:00:00
幾何学的な模様を折り出したモダンな雰囲気の折り鶴です。使う色や素材によって色んな表情が出せます。例えばメタリックな両面色紙を使えばクリスマスオーナメントに、など大人っぽいアレンジができますよ。
更新: 2024-04-16 12:00:00
boutique-sha_banner
hmc_banner
btq_onlineshop_banner

ぬくもりのオススメ

disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル