MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
庭づくりのコツ「庭木の手入れ」やり方

庭づくりのコツ「庭木の手入れ」やり方

庭木の手入れとして欠かせないのが、枝を切り、樹形を整える剪定です。枝を切ることで樹木の生育を助け、美観を高めます。

perm_media 《画像ギャラリー》庭づくりのコツ「庭木の手入れ」やり方の画像をチェック! navigate_next

なぜ手入れが必要なのか

剪定には樹種によりふさわしい時期と方法があり、それをまちがえると花が咲かないこともあります。
その樹木の性質に合わせた剪定方法を心がけるようにしてください。 一方で見つけしだい、いつ切ってもよい枝もあります。こうした技のことを不要枝と呼びます。

やり方

① ひこばえ
根元や地中から生える勢いのある技です。養分や水を取られて、主幹 の勢いが弱くなります。

② 同吹き枝
幹の途中から出る技。幹吹き枝とも呼ばれます。樹勢を弱らせますが、 枝が欲しい場所に出た場合は残してかまいません。

③ 腹切り枝
枝が湾曲して主幹と交差し、主幹を切る刃のように見える技。

④ 下がり枝
下向きに伸びる枝。

⑤ 立ち枝
まっすぐ上に向かって伸びる枝。樹形を乱すうえ、あまり花もつきません。

⑥ ふところ枝
樹冠内側に出てくる勢いの弱い枝。枝が込みすぎる原因となります。

⑦ 徒長枝
ほかの枝より勢い良く長く伸びる技。樹形を乱すうえ、花もあまりつけません。飛び技とも呼ばれます。

⑧ 頂上枝
幹の上部で幹からそれて上に向かって伸びる技。そのままにしておくと幹が2本あるように見え、樹形を乱します。

⑨ かんぬき枝
主幹の同じ高さの場所から逆方向にそれぞれ伸びた枝。バランスを考え、どちらか1本を切ります。

⑩ 車枝
1カ所からたくさんまとまって出る技。枝ぶりのよいものを数本残します。

⑪ 逆さ枝
逆方向の内側の幹に向かって伸びる技。

⑫ 交差枝
ほかの枝と重なり合う技。込みいって見えるほか、重なっている部分が こすれてみます。

⑬ 平行枝
重なり枝とも呼ばれ、長さ太さなどが同じ2本以上の技が、同じ方向に 同じように伸びます。1本を残して後は切ります。

⑭ その他の枝
病害虫の被害や枯れた枝、折れた枝は切り取ります。

剪定の時期

剪定には3つの適した時期があります。3月下旬から4月上旬にか けては、まだ新芽の出る前で寒さも一段落しており、切っても傷みま せん。生け垣の刈り込みなどに最も良い時期です。

5月中旬から6月下旬にかけては、すでに新芽が出そろい固まった 時期で、やはり切ってもみません。また、切った後に次の芽が多数 揃って出てきます。花木の場合、花が終わった直後に剪定をすること で、次の花芽をつくることになります。

9月中旬から10月上旬にかけては、まだ寒くなる前で切っても傷みません。最後の仕上げとして徒長枝などを切るとよいでしょう。

なお、4月中旬から5月上旬にかけては、多くの樹木にとって新芽 が出て展開し固まる時期です。このときに身定をすると大きなダメージとなるので、剪定を避けましょう。

また、落葉広葉樹、常緑広葉樹、常緑針葉樹と、種類によっても 剪定時期は異なります。まず落葉広葉樹ですが、葉を落とした11月か ら3月にかけての休眠期に剪定します。
ただし、樹種により休眠期は それぞれ違います。例えばサクラやカエデは必ず年内に剪定を終わら せるなど、それぞれの樹木の性質をふまえて剪定します。

常緑広葉樹は冬に切ると寒さによって傷みます。5月中旬から6月 下旬にかけての時期に行うとよいでしょう。

常緑針葉樹は冬に切るとよいものと、常緑広葉樹と同じ時期に切る のがないものがあります。それぞれの樹木の性質をふまえて剪定します。

庭木についてもっと知りたい方におすすめ!

「増補改訂版 実用庭木図鑑」では、今回紹介したもの以外にもたくさんの庭木の情報をわかりやすく丁寧に紹介しております。

1
この記事のライター
関連記事
家庭菜園に役立つテクニックの中から、ここでは水はけを改善する方法をご紹介します。改善すると野菜は元気になります!初心者でもできる「上げ床畝」で水はけの悪さを改善しましょう!
467views 園芸レシピ
更新: 2022-06-13 12:00:00
お庭を素敵にしてくれるシンボルツリーとして人気の「ジューンベリー」について、特徴や育て方のポイントを解説します。さらに実際のお庭の様子も実例を写真付きでご紹介します!すぐに真似したくなるような素敵な庭ばかりですよ!
1680views 園芸レシピ
更新: 2022-03-26 12:00:00
季節によって畑仕事の内容は変わります。ここでは、冬におこなう、夏野菜の苗づくりに焦点を当てて、写真付きで解説していきます。水も温度も自然まかせ!地床でガッシリ苗を育てましょう!
1732views 園芸レシピ
更新: 2022-03-19 12:00:00
庭のシンボルツリーとして最近では一番人気の「シマトリネコ」。和風のお庭にも、洋風のお庭にも似合う木です。樹木は人々に安らぎを与えてくれる大切な存在!ここでは、植え付け時期や、育てるためのポイントなどを、分かりやすく説明していきます。
3684views 園芸レシピ
更新: 2022-03-31 09:53:51
冬の間にやる家庭菜園の畑仕事はいくつかありますが、ここでは収穫した冬野菜のトウガラシ、サトイモ、果物などを使った料理のおすすめレシピをご紹介します。いずれも保存食なので、適切な保管方法をとれば、長ければ数年楽しむこともできますよ!
874views 園芸レシピ
更新: 2022-02-20 12:00:00
最新記事
七夕にも夏にもぴったりの折り紙作品「流れ星」のレシピです。左右セットで作れば、織姫と彦星のようにも見えます。折り紙の小物で涼しげに食卓を彩って、暑い夏を乗り切りましょう!
更新: 2022-07-06 16:01:30
七夕を手作りの折り紙作品で盛り上げましょう!ここでは2種類の人気の七夕飾りを紹介します。巻貝のようにおしゃれな「シェルつなぎ」と、ひらひらと風に舞う「たんざく」のレシピです。どちらも、いろんな色の折り紙を使うと、より華やかになりますよ!
更新: 2022-07-05 12:00:00
まるで本物の琥珀糖(こはくとう)みたい!幻想的な空の色をレジン液グミータイプで作り、お菓子のような欠片にしました。ざらついた切り口から甘い香りがしてきそう。絶妙な色加減がおしゃれな、レジンならではの美しいピアスです。
更新: 2022-07-04 12:00:00
折り紙で作ったカトラリーは、カジュアルな来客のおもてなしにピッタリ!キュートなリボンはピンクで折りたいですね。シーンに合った色の折り紙で作りましょう。
更新: 2022-07-03 12:00:00
折り紙とハサミで作る「ちょうちん」の作り方をご紹介します。七夕の笹に飾るもよし、ちょうちんをいくつもつなげて壁に飾るもよし。子どもにも簡単に作ることができます。
更新: 2022-07-02 12:00:00
boutique-sha_banner
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル