MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
「ブロッコリー」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「ブロッコリー」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

サラダには欠かせない野菜の1つ!いろどりが良く、茹でても炒めても美味しいと人気ですよね。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種をまき時期から育て方、上手に作るためのポイントを、写真付きで紹介します!

perm_media 《画像ギャラリー》「ブロッコリー」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

ブロッコリーとは?(特徴)

花のつぼみを食べる珍しい野菜のブロッコリー。栄養もとても豊富で、緑黄色野菜としていろいろな料理に幅広く利用されています。カリフラワーも仲間で、作り方は同じです。

【基本情報】
・アブラナ科
・栄養/ビタミンB、C、カロチンが豊富
・性質/日なたと水はけのよい土を好む
・病害虫/アオムシ、コナガ、ベト病などに注意
・連作/1~2年は不可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:6~7月頃 ■収穫:10月~12月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

上手に作るためのポイント

★タネまきの時期を間違えないようにする
ブロッコリーは、品種によって差はありますが、気温が低くなるとつぼみができます。早くまけば早く収穫できるのではなく、早くまいても気温が低くならないと花はできません。
また、小さくても低温になると早くつぼみができてしまいます。タネまきの時期にまくことが大切です。

★収穫のタイミングをはずさない
つぼみが収穫できる大きさになったら、早めに収穫しましょう。放っておくと花が咲いてしまうので、収穫は遅れないようにします。

育て方

1.苗床を作る

ブロッコリーは、畑に直まきすると小さい間にすぐ虫に食われるので、まず苗を育てて畑に植えつけます。箱に砂まじりの腐葉土(なるべく細かいもの)を入れます。

2.タネをまく溝を作る

5~6cm間隔に浅い溝を掘り、たっぷり水をかけてよく湿らせます。これがタネをまくまき溝になります。

3.タネをまく

まき溝の中に、タネを1cm間隔に1粒ずつまきます。これをスジまきといいます。ごく薄く土をかけ、水をやります。

4.寒冷紗で覆う

そのままでおくと害虫に侵されるので、寒冷紗(薄い網)で覆いをします。寒冷紗がなければ、野菜の入っているネットでもかまいません。

5.発芽

発芽は早く、タネまき後2~3日で生えてきます。子葉の次に出てくる葉を本葉といいます。

6.込んでいる部分を取り除く

発芽がそろったら、込み合っている部分を引き抜きます。これを間引きといい、葉先がふれ合わない程度に間引きます。

7.仮植え適期の苗

本葉2枚の時に仮植えします。本葉2枚目の出るころ(タネまき後18~20日)は、幼い根からしっかりした根に変わる時期です。仮植えは、しっかりした根の出始めのときがよく、遅れると切れるので植え傷みがひどくなります。

8.苗を仮植えする

土に指で穴をあけ、苗を押さえないように植えつけて、水をやります。仮植えはなるべく夕方おこなうと、しおれが少なくてすみます。害虫から守るために寒冷紗をかけます。

9.畑の準備をする

植えつけは、8月下旬か9月はじめのまだ暑い時期におこないます。幅50~60cm、深さ8~10cmの溝を掘ります。これが苗を植えつける溝になります。

10.苗を畑に植えつける

苗を30~40cm間隔に植え、苗と苗の間に化成肥料をひとつかみ施し、土を掛けます。この時、根に肥料があたらないように注意します。

11.肥料を追加する

追肥のめやす
■1回目:苗から約10cm離して浅い溝を切り、化成肥料ひとつかみを約2mの長さに施し、土をかけると同時に根元に土寄せします(片側だけ)。

■2回目:1~2週間後に、反対側に苗から10cm離して同じように追肥し、土寄せします。

■3回目:3~4週間後に、苗の列の間に溝を切るようにして両側に土をあげて、追肥します。化成肥料、硫安それぞれひとつかみを溝の長さ2mにまいて、薄く土をかけておきます。うねは高くして崩さないようにします。

※雨の多い年は追肥の回数をふやします。

ブロッコリーの美味しい食べ方

家庭菜園ならではの楽しみ方は、収穫したての新鮮なおいしさを味わえること!
ブロッコリーは茹でたり電子レンジであたためて、そのままサラダで食べるのが定番。自家製でバーニャカウダソースを作ってディップして食べるのもおすすめです。
他にも、にんじんやお肉といっしょに油で炒めて、塩コショウだけのシンプル味付けで食べるのも美味しいですよ!

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
じゃがいも、大根、にんじん、さつまいもなどの根菜類について、収穫を重視した耕起のテクニックを解説します!農業では、田畑に苗を植えたり種を蒔いたりする前に、耕うん機やトラクターなどを使って、土を掘り返したり攪拌し、土壌を作ります。
149views 園芸レシピ
更新: 2022-01-15 12:00:00
いちごは、家庭菜園で人気の果物の1つです。子どもも大人も好きなフルーツなので、収穫を楽しみに、家族みんなで育てるのも良いですね!ここでは、おすすめの品種を画像とともに紹介していきます。
183views 園芸レシピ
更新: 2022-01-10 12:00:00
栽培の「困った!」に名人がズバリ回答します。秋に苗づくりが始まるタマネギ、同じ頃にタネ球を植える、ラッキョウ、エシャレットについて、おいしい収穫を目指し、栽培のコツを解説していきます。
200views 園芸レシピ
更新: 2021-12-26 12:00:00
和風の門まわりを彩るものとして、「門かぶりの松」というものがあります。「門かぶり」とは、庭木などが門に被っている状態をいい、昔からマツやマキを仕立てて、「門かぶりの松」「門かぶりの槙」としてよく施工されています。
272views 園芸レシピ
更新: 2021-12-11 12:00:00
畑に野菜の苗や種をまくためには「畝(うね)」が必要です。この畝をしっかり作ることで、野菜は安心して育つことができます。ここでは、ガッテン流の、すぐに植えることができる畝づくりの方法を解説していきます。
383views 園芸レシピ
更新: 2021-12-03 12:00:00
最新記事
オシャレの幅を広げてくれる、ヘアバンド感覚のターバンのレシピをご紹介します。幅広のリボンを結んだかのような、ステキなデザインで、1つはシンプルな色遣い、もう1つは柄入りの布で作ります。
更新: 2022-01-17 12:00:00
世界のミサンガのレシピをご紹介!ここでは、ロシア、オーストラリア、ニュージーランド、韓国の、国旗や各特徴を活かした、おしゃれなミサンガレシピを無料で公開しています。(編み図あり)
更新: 2022-01-16 12:00:00
じゃがいも、大根、にんじん、さつまいもなどの根菜類について、収穫を重視した耕起のテクニックを解説します!農業では、田畑に苗を植えたり種を蒔いたりする前に、耕うん機やトラクターなどを使って、土を掘り返したり攪拌し、土壌を作ります。
149views 園芸レシピ
更新: 2022-01-15 12:00:00
お部屋に飾りやすいサイズの歳時記キルト。日本ならではの季節に沿った行事をアップリケなどで楽しく作りましょう!紅白の市松模様に青鬼、おたふく、豆、恵方巻きを合わせたミニキルトは、ニコニコ笑顔で福を呼んでくれそうです。(無料型紙あり)
更新: 2022-01-14 12:00:00
手作りミサンガは、ハンドメイドの中でも人気がある分野の1つです。ここでは、音楽好き、特にピアノ好きの人に付けて欲しい!音楽の夢成就にはもちろん、アクセサリーとしてもオススメのミサンガをご紹介します。(編み図あり)
更新: 2022-01-13 12:00:00
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル