MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「タマネギ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「タマネギ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

どんな料理にも使えるオールマイティーな野菜!血液サラサラ効果を期待できると話題にもなりました。熱を加えると甘くなるため子供でも食べやすいですよね。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種をまき時期から育て方、おすすめレシピをご紹介します。

タマネギとは?(特徴)

熱を加えても生でもおいしいタマネギ。血行をよくし、体を温める作用があるといわれています。畑でもプランダーでもかんたんに育てられます。ここではプランターの作り方を紹介しますが、畑でも要領は同じです。

【基本情報】
・ユリ科
・栄養/ビタミン、ミネラルが豊富
・性質/日なたを好む
・病害虫/あまり発生しない
・連作/2~3年は不可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:10月頃 ■収穫:4月~6月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

上手に作るためのポイント

★土が乾きすぎないようにする
タマネギはとても育てやすい丈夫な野菜で、苗を植えつけたら、あとは水やりのほか、特に手入れはいりません。日当たありと風通しのよい場所で育てれば、屋外でも冬越しできます。
ただし、土が乾きすぎると球が大きくならないので、土の表面が乾いたら水をたっぷり与えます。

育て方

1. 苗を用意する

秋に苗を植えつけます。茎の下部が太くなるので、容器は広めのプランターがよいでしょう、地植えなら1平方メートルあたり100gの苦土石灰で中和し、ひとつかみの堆肥を入れて耕します。
標準プランターなら、土20リットルに対して苦土石灰20g、元肥としてスプーン一杯のマグァンプKを混ぜ込んで使います。

2. 苗を植えつける

プランターの土に深さ2~3cmのスジを2列入れて、苗を植えつけます。苗と苗の間は8~10cmあけます。

3. 根元に土を寄せる

苗が倒れないように、根元に少し土を寄せます。

4. 水をたっぷり与える

プランターの底から流れ出るぐらい、たっぷり水をやり、2~3日の間、日陰におきます。

5. 球が大きくなってくる

春になると、球(茎の下の部分)がだんだん太ってきます。

6. 葉が倒れたら収穫できる

球が大きくなり、葉が黄色くなって倒れたら、収穫適期です。

7. 収穫は遅れずに

葉が完全に枯れると、球が腐りやすくなるので、収穫は遅れずに。

8. 株ごと抜きとって収穫する

晴れた日に収穫しましょう。収穫するときは、株ごと引き抜きます。かんたんに引き抜けます。収穫したものは、束ねて日陰に吊るして乾燥させます。保存するときは皮つきのままで。利用する時に皮をむきとります。

タマネギを使った料理 おすすめレシピ

収穫したてのタマネギの美味しさは格別!ここではおすすめのレシピを1つご紹介します♪

★料理のワンポイントアドバイス
切ったあと水にさらすと、ぬめりがとれます。オニオンスライスなどに。生食用の赤いタマネギは、サラダの彩りにもなります。生の独特の辛みは、熱を加えると、甘みに変わります。また、赤ワインとタマネギを一緒に食べると、健康にもよいといわれています。

『オニオングラタンスープ』

タマネギのうま味とたっぷりチーズの香ばしさで、体が温まります!

【材料:4人分】
・玉ねぎ 4個
・バゲット(1cm厚さ) 8枚
・グリエールチーズ 100g
・粉チーズ 少々
・バター 大さじ4
・コンソメスープの素(固形) 2個
・塩、こしょう 各少々
・水(湯) 8カップ

【作り方】
①タマネギは、皮をむいて縦2つに割り、薄切りにします。
②鍋にバターを溶かし、タマネギを入れてきつね色になるまで炒めます。
③湯と固形スープの素を入れて、20分ほど弱火で煮ます。
④最後に塩、こしょうで調味します。
⑤耐熱性の器に、④の熱いスープをタマネギごと注ぎ入れ、薄切りの乾燥したバゲットを入れます。その上におろしたチーズと、粉チーズ少々をのせます。
⑥250度に温めたオーブンの上段に、⑤を入れて、約10~15分ほど焼きます。オーブントースターでも、チーズが溶けて焦げ目がついたら、できあがりです。

タマネギは炒めれば炒めるほど、独特の甘さが増して、スープはおいしく仕上がります♪ただし、火を強くしてタマネギを焦げ付かせてしまわないように注意しましょう!

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
料理をはじめ、炒めたりスープに入れたり、万能野菜として知られています。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本から、育て方、上手に作るためのポイントや収穫後のレシピをご紹介します。
306views 野菜
サラダには欠かせない野菜の1つ!いろどりが良く、茹でても炒めても美味しいと人気ですよね。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種をまき時期から育て方、上手に作るためのポイントを、写真付きで紹介します!
485views 野菜
トマトやニンニクと相性の良いバジルはイタリア料理の定番。気温が上がれば上がるほど生長が盛んになり、生育期間であればいつでも収穫できます。摘心や切り戻しで切り取った茎を土にさしておけば簡単に株を増やせるのもうれしいポイントです。
1163views 野菜
窓際やベランダで野菜作りができる水耕栽培。ここではレタスの一種「コスレタス」の基本情報と育て方をご紹介します。普通のレタスと違い、結球せずに葉が立ち上がる姿が特徴的で、和名は「立ちチシャ」と言います。そのままでも炒めても良いですね。
1097views 野菜
家庭で野菜を育てたいなら、水と液体肥料で育てる水耕栽培がおすすめ!ここでは基本情報を解説します。土と同じような生育環境を、容器、ふた、エアーポンプを使って整えます。室内で育てれば、汚れや虫が少なく、野菜の美しさを鑑賞しながら栽培できますよ。
1965views 野菜
新着レシピ
庭づくりを楽しみたい人、必見!素敵な庭づくりのためには必ず知っておきたい「庭木」の基本的な情報(分類や性質・植え方・手入れのコツなど)を、画像付きで、初心者にも分かりやすく解説します。
134views 庭づくり
新感覚の固まるハーバリウム作品!花やフルーツを入れて2液性レジンを注ぐだけで、自然と固まり丈夫な作品ができあがります。透明感あふれるデザインが部屋を華やかに彩りますよ。カラフルで可愛いらしい見た目は、思わず食べてしまいたくなりますね♪
260views 工作
日常的に利用することが多い小型家電の1つ「アイロン」は、ハンドメイドでも欠かせないアイテムです!ここでは、いまさら人には聞けない、アイロンの基本情報をご紹介します。各部の名称や、温度の選び方、使い方を、画像付きで解説していきます。
お子さんやお孫さんと、手作りのお手玉で古き良き日本の伝統的な遊びを楽しむのはいかがですか?手作りの遊び道具は、時代を超えていつまでも親しまれますね。使用するちりめん布は、手触りが良く、ほっと癒しを与えてくれます。
222views 布小物
松ぼっくりとベルでシックに仕上げたインテリア!玄関や室内のドアノブにさり気なく飾ると、とても素敵です。季節を問わず1年中飾っておけますが、おしゃれなオーナメントとして、クリスマスの時期にツリーと合わせるのも良いですね!
292views 布小物

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!