MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「ネギ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「ネギ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

色んな料理に使える万能野菜、ネギ!気候や害虫の影響を受けにくいので、とても育てやすいのも魅力です。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本情報から、育て方、おすすめのレシピを、丁寧にご紹介していきます。

ネギとは?(特徴)

薬味やサラダなどに何かと便利なネギ。緑の部分が多く数々の効能が期待できる栄養満点の「葉ネギ」と、甘みのある白い部分の多い「根深ネギ」があります。暑さ寒さに強く、作りやすい野菜です。

【基本情報】
・ユリ科
・栄養/ビタミンC、カロチンが豊富
・性質/日なたを好む、水分を好む
・病害虫/あまり発生しない
・連作/2~3年は不可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:3~4月頃、9~10月頃 ■収穫:4月頃、7~8月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

育て方

1. 苗床を作る

ネギは、畑の一部化か、箱などにタネをまいて苗を育ててから、畑に植えつけます。これを苗床といいます。1平方メートル当たり苦土石灰200g、ようりん50gを施してよく耕します。

2. 元肥を入れる

5~7日後に、マグァンプKなどの化成肥料を1平方メートル当たり60gまき、土を砕きながら、よく混ぜておきます。最初に入れる肥料を元肥といいます。

3. タネをまく

低いうねを作って、水でよく湿らせてから、全面にタネをまきます(バラまき)。深さ1~2cmの溝を10~15cmの間隔で掘って、スジまきにしてもよいでしょう。

★タネまきのコツ
ネギのタネは黒いので、石灰をうね全体に薄くまいてからタネをまくと、タネの落ちた量もわかり、酸性の中和にもなります。土をかけた後、堆肥を粉にしたものを上に薄くまくと、乾きも防げ、肥料にもなります。

4. 発芽

タネまき後7~10日で発芽します。芽の先端についているのはタネです。

5. 込んでいる部分を取り除く

込み合っている部分の芽を引き抜きます。これを間引きといいます。苗が均一に育つように間引きます。

6. 植えつけの準備をする

秋まきは5月、春まきは6月が植えつけの適期です。草丈20~30cmになったら畑に植えつけます。苗はなるべく大小を区別して植えます。混ぜて植えると、小さい苗は大きい苗に負けて育ちが悪くなります。

7. 植え溝を掘る

幅15cm、深さ20cmの溝を作ります。この時、溝の片側は垂直になるように注意しないと、苗が曲がってしまいます。

8. 肥料を入れる

苗を植えつけ、名もとに3~4cm土をかけ、その上に1m当たり堆肥2kgをしき、化成肥料200gを施します。

9. 土を入れる(土寄せ)

溝の中に土を入れます。これを土寄せといいます。土寄せは一度におこなわず、3~4回に分けて行います。土寄せすると、葉が白くやわらかくなります。これを軟白といいます。一度にたくさんの土をかけすぎると枯れるので注意しましょう。

10. 肥料を追加する

土寄せするたびにチッソ肥料を追加します。これを追肥といいます。うねの長さ2mあたり硫安ひとつかみをまき、土をかけます。

11. 収穫の目安

草丈40~50cmで、茎の下のほうが軟白してきたら、収穫適期です。

ネギを使った料理 おすすめレシピ

自分で作ったネギの美味しさは格別!ここではおすすめのレシピを1つご紹介します♪

『ネギとこんにゃくの田楽』

手作りごまみそだれがおいしい!酒の肴にも好評です。

【材料:4人分】
・ネギの白い部分 約50cm分
・こんにゃく 1枚
・ごま油かサラダ油 少々

ごまみそだれ
・みそ、水 各大さじ4
・砂糖 大さじ2
・みりん、甜面醤 各大さじ1~1と1/2
・酒 大さじ1

【作り方】
①ごまみそだれの材料を合わせて電子レンジで1分間加熱します。
②こんにゃくは格子に包丁を入れて熱湯でゆで、細長く8つに切ります。
③ネギはこんにゃくの長さに合わせてぶつ切りにします。
④竹串にこんにゃくとネギを交互に刺し、薄くごま油かサラダ油を塗り、オーブントースターで両面を焼き、ごまみそだれを塗ります。

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
料理をはじめ、炒めたりスープに入れたり、万能野菜として知られています。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本から、育て方、上手に作るためのポイントや収穫後のレシピをご紹介します。
288views 野菜
サラダには欠かせない野菜の1つ!いろどりが良く、茹でても炒めても美味しいと人気ですよね。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種をまき時期から育て方、上手に作るためのポイントを、写真付きで紹介します!
474views 野菜
トマトやニンニクと相性の良いバジルはイタリア料理の定番。気温が上がれば上がるほど生長が盛んになり、生育期間であればいつでも収穫できます。摘心や切り戻しで切り取った茎を土にさしておけば簡単に株を増やせるのもうれしいポイントです。
1140views 野菜
窓際やベランダで野菜作りができる水耕栽培。ここではレタスの一種「コスレタス」の基本情報と育て方をご紹介します。普通のレタスと違い、結球せずに葉が立ち上がる姿が特徴的で、和名は「立ちチシャ」と言います。そのままでも炒めても良いですね。
1072views 野菜
家庭で野菜を育てたいなら、水と液体肥料で育てる水耕栽培がおすすめ!ここでは基本情報を解説します。土と同じような生育環境を、容器、ふた、エアーポンプを使って整えます。室内で育てれば、汚れや虫が少なく、野菜の美しさを鑑賞しながら栽培できますよ。
1924views 野菜
新着レシピ
日常的に利用することが多い小型家電の1つ「アイロン」は、ハンドメイドでも欠かせないアイテムです!ここでは、いまさら人には聞けない、アイロンの基本情報をご紹介します。各部の名称や、温度の選び方、使い方を、画像付きで解説していきます。
お子さんやお孫さんと、手作りのお手玉で古き良き日本の伝統的な遊びを楽しむのはいかがですか?手作りの遊び道具は、時代を超えていつまでも親しまれますね。使用するちりめん布は、手触りが良く、ほっと癒しを与えてくれます。
154views 布小物
松ぼっくりとベルでシックに仕上げたインテリア!玄関や室内のドアノブにさり気なく飾ると、とても素敵です。季節を問わず1年中飾っておけますが、おしゃれなオーナメントとして、クリスマスの時期にツリーと合わせるのも良いですね!
186views 布小物
ハンドメイドには欠かせない「ミシン」の基本情報をご紹介します。家庭科の授業などで習いますが、独学で覚えている方も多いのではないでしょうか。初心者の方も、経験者の方も、いまいちどここでおさらいをしてみませんか?
ふんわり柔らかな印象の女性らしさが魅力のトップス。オフネックのロールカラーをアシンメトリーにしたデザインがポイント。ほんのり光るラメ入りで、着心地の良い伸縮素材を使いました。細めのベルトと合わせると、さらにおしゃれな着こなしになります!
373views トップス

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!