MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「ネギ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「ネギ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

色んな料理に使える万能野菜、ネギ!気候や害虫の影響を受けにくいので、とても育てやすいのも魅力です。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本情報から、育て方、おすすめのレシピを、丁寧にご紹介していきます。

perm_media 《画像ギャラリー》「ネギ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

ネギとは?(特徴)

薬味やサラダなどに何かと便利なネギ。緑の部分が多く数々の効能が期待できる栄養満点の「葉ネギ」と、甘みのある白い部分の多い「根深ネギ」があります。暑さ寒さに強く、作りやすい野菜です。

【基本情報】
・ユリ科
・栄養/ビタミンC、カロチンが豊富
・性質/日なたを好む、水分を好む
・病害虫/あまり発生しない
・連作/2~3年は不可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:3~4月頃、9~10月頃 ■収穫:4月頃、7~8月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

育て方

1. 苗床を作る

ネギは、畑の一部化か、箱などにタネをまいて苗を育ててから、畑に植えつけます。これを苗床といいます。1平方メートル当たり苦土石灰200g、ようりん50gを施してよく耕します。

2. 元肥を入れる

5~7日後に、マグァンプKなどの化成肥料を1平方メートル当たり60gまき、土を砕きながら、よく混ぜておきます。最初に入れる肥料を元肥といいます。

3. タネをまく

低いうねを作って、水でよく湿らせてから、全面にタネをまきます(バラまき)。深さ1~2cmの溝を10~15cmの間隔で掘って、スジまきにしてもよいでしょう。

★タネまきのコツ
ネギのタネは黒いので、石灰をうね全体に薄くまいてからタネをまくと、タネの落ちた量もわかり、酸性の中和にもなります。土をかけた後、堆肥を粉にしたものを上に薄くまくと、乾きも防げ、肥料にもなります。

4. 発芽

タネまき後7~10日で発芽します。芽の先端についているのはタネです。

5. 込んでいる部分を取り除く

込み合っている部分の芽を引き抜きます。これを間引きといいます。苗が均一に育つように間引きます。

6. 植えつけの準備をする

秋まきは5月、春まきは6月が植えつけの適期です。草丈20~30cmになったら畑に植えつけます。苗はなるべく大小を区別して植えます。混ぜて植えると、小さい苗は大きい苗に負けて育ちが悪くなります。

7. 植え溝を掘る

幅15cm、深さ20cmの溝を作ります。この時、溝の片側は垂直になるように注意しないと、苗が曲がってしまいます。

8. 肥料を入れる

苗を植えつけ、名もとに3~4cm土をかけ、その上に1m当たり堆肥2kgをしき、化成肥料200gを施します。

9. 土を入れる(土寄せ)

溝の中に土を入れます。これを土寄せといいます。土寄せは一度におこなわず、3~4回に分けて行います。土寄せすると、葉が白くやわらかくなります。これを軟白といいます。一度にたくさんの土をかけすぎると枯れるので注意しましょう。

10. 肥料を追加する

土寄せするたびにチッソ肥料を追加します。これを追肥といいます。うねの長さ2mあたり硫安ひとつかみをまき、土をかけます。

11. 収穫の目安

草丈40~50cmで、茎の下のほうが軟白してきたら、収穫適期です。

ネギを使った料理 おすすめレシピ

自分で作ったネギの美味しさは格別!ここではおすすめのレシピを1つご紹介します♪

『ネギとこんにゃくの田楽』

手作りごまみそだれがおいしい!酒の肴にも好評です。

【材料:4人分】
・ネギの白い部分 約50cm分
・こんにゃく 1枚
・ごま油かサラダ油 少々

ごまみそだれ
・みそ、水 各大さじ4
・砂糖 大さじ2
・みりん、甜面醤 各大さじ1~1と1/2
・酒 大さじ1

【作り方】
①ごまみそだれの材料を合わせて電子レンジで1分間加熱します。
②こんにゃくは格子に包丁を入れて熱湯でゆで、細長く8つに切ります。
③ネギはこんにゃくの長さに合わせてぶつ切りにします。
④竹串にこんにゃくとネギを交互に刺し、薄くごま油かサラダ油を塗り、オーブントースターで両面を焼き、ごまみそだれを塗ります。

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
育苗土や資材購入する場合には、できるだけ安価なものは避け、信頼できるメーカーが製造販売するものを選ぶといいでしょう。ここでは編集部が厳選した商品をご紹介します!選ぶ時の参考情報として、ぜひお役立てください!
299views 野菜
更新: 2021-03-25 09:31:25
新発想!縦・横・仰向けの3パターンで行うユニークな培養土の袋栽培について、雑誌の読者さんから届いた成功事例とともに、ご紹介します。いずれも春から始められるものです。みなさんの菜園でも試してみませんか!
816views 野菜
更新: 2021-03-25 09:21:40
冬は堆肥づくりに最適の時期です。ただ、堆肥づくりには体力がいりますし、手間もかかります。混ぜる、切り返す、木枠をつくり直すといった大変な作業を省きつつもおいしい野菜が採れる、良質な堆肥に仕上がる方法をベテラン菜園家の田中寿恭さんに教えてもらいました。
716views 野菜
更新: 2021-02-26 12:00:00
野菜の中でももっとも親しまれている中国の健康野菜!高温で一気に過熱すると鮮やかな色になる特徴があり、食卓を華やかにしてくれます。油炒め、煮食、漬物などに最適!トウ立ちする前に収穫するのがポイント。育て方について丁寧に解説していきます。
731views 野菜
更新: 2021-03-29 10:18:51
1坪でできる野菜作りの中から、おすすめのレシピをご紹介!ここでは、煮っころがしなどでおなじみの「サトイモ」の基本情報、種まき時期、育て方など、上手に作るためのコツを解説していきます。暑さに強く乾燥に弱いのが特徴です。
1214views 野菜
更新: 2020-10-11 12:00:00
新着レシピ
和のイラストの中でも、縁起が良いといわれ人気がある「富士山」と「太鼓橋」を描いた、点つなぎの作品をご紹介します!人のあらゆる行動の基盤となる「集中力」。ものごとに一生懸命取り組む熱中できる力は、世代を問わず必要とされる能力です。早速鍛えましょう!
更新: 2021-04-14 12:00:00
手芸を楽しむには、ピンクッションは必須アイテム!そこでせっかくなので手作りしてみませんか?正方形の2枚の布の角を互いにずらして縫うと、この形が生まれます。ソーイングボックスの中におひとつ、いかが?
208views 布小物
更新: 2021-04-13 12:00:00
子どもの好きな色や柄の布で、お弁当入れを作りましょう!開きやすい巾着型タイプなので、小さな子でも簡単に開け閉めできるのも良いですね。楽しいお昼ごはんを過ごせますように♪
220views 布小物
更新: 2021-04-12 12:00:00
梅雨の季節に咲くあじさいを1本飾りにしました!ピンク、パープル、ブルーの3色がとても美しいです。淡い色の花にビーズや刺しゅうを加えると、上品に仕上がります。飾るだけでお部屋の印象ががらっと変わり、季節感も感じられる作品です。
更新: 2021-04-13 11:34:21
人気のミッキーがお祝いしてくれる様子を切り紙で作りましょう!作り方はとてもシンプル。折り紙を折って、写して、切って、ひらくだけ。最初は難しく感じても、1つ2つとチャレンジするうちに、作るのがどんどん楽しくなっていくはずです!
更新: 2021-04-13 10:42:59

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル