MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
【ベビー用】通気性抜群のじんべい(甚平)の作り方

【ベビー用】通気性抜群のじんべい(甚平)の作り方

肌にまとわりにくく通気性の高い布地を使ったベビー用のじんべい(甚平)の作り方を紹介。涼やかな色合いの紫陽花プリ普段着やお風呂上りの一枚としてもおすすめです。ントやグレーの水玉柄が上品な印象です。お祭りだけではなく、

通気性抜群!普段使いにもおすすめなベビー用の甚平の材料

【材料】
表布(リップルプリント)112cm幅
70cmサイズ…110cm
80cmサイズ…110cm

ゴムテープ 0.7cm幅
70cmサイズ…80cm
80cmサイズ…80cm

飾りボタン直径1.15cm
70cmサイズ…1個
80cmサイズ…1個

【でき上がり寸法】
[上身丈]
70cmサイズ…30.3cm
80cmサイズ…33cm

[上ゆき丈]
70cmサイズ…19.25cm
80cmサイズ…21.5cm

[上身幅]
70cmサイズ…33.5cm
80cmサイズ…35cm

[下総丈]
70cmサイズ…23.8cm
80cmサイズ…26.5cm
*製図に縫い代はついていません。

通気性抜群!普段使いにもおすすめなベビー用の甚平の製図

表布の裁ち方

採寸の仕方
基本的にゆかたやじんべいのサイズは身長で選びます。ただし二部式ゆかたやゆかたドレス、じんべい類の下はヒップとウエスト寸法が一番近いサイズを選ぶようにしましょう。

----------------------
ゆかた・じんべいの部位の名称とでき上がり寸法
----------------------
この作品(ゆかた・じんべい)のでき上がり寸法は、下記の採寸に従って表示しています。身丈は腰上げをした状態、ゆき丈は肩上げをした状態で表示しています。レースがついている場合はレース分も含みます。

通気性抜群!普段使いにもおすすめなベビー用の甚平の作り方

上の作り方
--------
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします

● 縫い始める前に ●
脇・袖下・袖山の布端にジグザグミシンをかける

【1】後ろ中心線を縫い、裾・前端を縫う
【2】タック(肩あげ)を縫う

【3】ひもを作る
【4】ひもをはさみ、衿をつける

【5】ひもをはさみ、脇線を縫う
【6】袖を作る
【7】袖をつける

下の作り方
--------
縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします

● 縫い始める前に ●
脇・股上・股下・ウエストの布端にジグザグミシンをかける

【1】脇線・股下線を縫う
【2】裾を縫う

【3】股上線を縫う
【4】ウエストを縫う

【5】ゴムテープを通す

子ども用の浴衣と甚平のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「女の子・男の子のゆかたとじんべい」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの子ども用の浴衣と甚平のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
簡単かわいい子供服のレシピをご紹介!チョコミントアイスみたいな色のストライプ地で作った、襟元がスクエアになっているワンピースです。ドロップショルダーは肩の日焼け防止にもなります。ポケットにはテンションが上がるリボンがありますよ♪
少し立ち上げた衿やぽわんとした袖など、かわいいディテールがいっぱい。90cmのときにはワンピースとして、大きくなったらスカートやパンツと重ねて。ワンサイズですが長く着られてうれしいアイテムです。コサージュはママがつけてお揃いにしても!
ウエストの大きなリボンが可愛いシャーリングワンピース。肩ひもは肩先でリボンを結んだようなデザインになっています。ギンガムチェック地においしそうなチェリーがたくさん並んだプリントでお姫様気分を満喫しましょう♪
キッズ用の黒地に小花プリントがシックなワンピースの作り方をご紹介。前を開けてアウターとして羽織って着てもおしゃれ!ボトムはガウチョのほかどんなパンツでも決まります。
秋春におすすめのライトジャケットの作り方をご紹介。長く着られるベーシックなデザインはどんな布にもマッチするので、女の子にも男の子にも似合います。袖を折れば裏地が見えておしゃれに!
新着レシピ
ナチュラルウッドの刺しゅう枠のフレームに透明感のあるチュールを貼って、可憐なお花で自由にアレンジを楽しむ。そんな新しいハンドメイドがキットになりました。 万華鏡(カレイドスコープ)のように彩り広がる花の世界をぜひ味わってみてください!
石川県の伝統工芸品「加賀友禅」。その加賀友禅を縫うお針子さんが余り布や糸、綿を使って作ったと言われている「加賀ゆびぬき」の作り方の基礎を解説します。少ない材料と道具で始められるのも魅力。基本を覚えたら、様々な作品に取り掛かりましょう。
98views ソーイング
ゆびぬきを作るには、まず「土台」を作り、土台を等分に分割する線を引く「地割り」という作業をします。土台を何分割するかは、かがる模様によって異なります。ここでは、例として7分割の土台の作り方の基礎を解説します。
101views ソーイング
「加賀ゆびぬき」の道具と材料を準備し、土台を作り、地割りができたら、絹糸で模様をかがっていきましょう。ここでは画像付きで工程を解説していきます。ひと針ひと針、思いを込めながら、楽しく手をすすめていきましょう。
117views ソーイング
「青海波」は日本の伝統紋様のひとつ。波が幾重にも連なる様子を模しています。糸の色を替えながら上下ジグザグにかがるだけで、華やかな模様が浮かび上がります。初心者の方におすすめです。
104views ソーイング

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!