MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
切り絵・切り紙の基礎「基本の道具や紙について」

切り絵・切り紙の基礎「基本の道具や紙について」

切り紙をする際、基本となる道具を紹介します!各道具の特徴や、使い方のコツを知ると、作品作りがより楽しくなります。「ハサミ」にも数種類あり、また、「折り紙」も作品の大きさによって使い分けましょう。

道具について

*ハサミ

■手に合ったハサミ(大・中)
手に合った使い慣れたハサミをサイズ違いで2本くらい用意すると便利。切る場所の大きさに応じて使いやすい方を選ぶのがコツ。

■ミニバサミ(ストレート)
10センチ程度のミニバサミは、細かい箇所を切るのに役立つ。

■エチケットバサミ(カーブ)
小さく細い曲線には、先端のカーブしたハサミが便利。眉用のエチケットバサミがおすすめ。

■キッチンバサミ
12折りなど紙が厚くなるときや、画用紙を重ねて切るときは、丈夫なキッチンバサミが便利。

■ピンキングバサミ
ギザギザや波などの線をかんたんに切ることができる。

*カッター

■文具用カッター
ハサミが入らない部分にはカッターを使います。簡単な直線を切るにはこれで十分。

■デザインカッター
刃の角度が30°と45°のものがあるが、30°の先端のとがったもののほうが、細かい箇所を切るには向いている。

*パンチ

■パンチ(文具パンチ)
きれいな円を開けるときに。い穴(直径約6ミリ)を開けるのに最適。1つ穴のパンチが使いやすいのでおすすめ。

★パンチ各種穴の大きさ
左から文具パンチ6ミリ・穴開けポンチ5ミリ・4ミリ・3ミリ・2ミリ・目打ち1ミリ。表現によって使い分けましょう。

■デザインパンチ
手軽にかわいい形にカットできるので、アレンジには重宝。100円ショップなどでも豊富なデザインが入手できる。

■ポンチ(穴開けポンチ)
文具パンチより小さな穴が開けられる。本書では直径約3ミリ・2ミリのものを使用。

■目打ち(ドライバーのキリ)
小さな穴を開けるときに使う。画用紙を折る際、折り筋をきれいに入れるときにも役立つ。
※ポンチがなければ、すべて目打ちで代用する。

*その他の道具

■鉛筆
図案を写すときに使う。HBの鉛筆が描きやすい。シャーペンは芯が細く、紙を痛めてしまうためNG。

■定規、コンパス
図案を写すとき、直線やきれいな円を印すのに便利。

■カッティングボード
カッターを使うときに、紙の下に敷くときれいに切れて机を傷めない。

■ホチキス、クリップ
図案を固定するときに使う。切るときには紙がずれないように図案の外側をホチキスでとめる。また、カーボン紙で写すときにはクリップでとめる。

■トレーシングペーパー、カーボン紙
図案を転写するときに使う。

■スティックのり・スプレーのり
アレンジの際、切り紙を他の紙に貼るときに使う。チューブタイプののりは紙がよれるのでNG。細かい作品には霧状のスプレーのりも便利。

■メンディングテープ
図案を間違って切ってしまった時の補修に裏から使います。セロハンテープよりも目立ちません。

■ピンセット
切り抜いたものを取ったり細かい図案の修繕や貼り付けなどの時にあると便利。

紙について

基本的には折り紙を使用しますが、作品によって色々な紙を使い分けましょう。

*折り紙

15cm四方のものが一般的。小さい切り紙を作るときは、7.5センチ四方のものを使う。4cm四方のものは飾りなどに重宝。

*色画用紙

切り紙をアレンジして雑貨にするときに出番が多い。折り紙より丈夫で、存在感がある。

*その他の紙

作品によって次のような色々な紙を使い分けてバリエーションをアップ。質感や色など、好みのものを見つけて使用しても。

■コピー用紙(白・黒)
黒:本誌のほとんどで使用した紙。
白:図案をコピーする時に使用。

■ウォールステッカー用の紙
シールになっているので、カットしたらすぐに貼り付けることができる。

■マーメイド紙
質感があって少し固めなので、破れにくくハリがある紙。

切り絵・切り紙作品のレシピ

基礎を理解したら、さっそく作品作りに取り掛かりましょう!
ぬくもりで紹介しているレシピは、下のボタンをクリックしてチェック!

関連するキーワード
関連記事
手軽に折り紙で作れる小物たち!その場でさっと折れたらステキですよね!紙の選び方やちょっとしたコツだけでより良く作れるようになります!ここでは、絶対に知っておきたい基本的な情報をご紹介しますので、作品に取り掛かる前に、一度読んでみてくださいね。
基本の花の形をたくさん組み合わせて作る、折り紙の「くすだま」。華やかな演出をしたいときにぴったりです。ここではその基本となる折り方を、ご紹介します!基礎さえ分かればどんな作品にも活かせるので、まずは一度やってみてください。
折り紙を使って大きな「壁面飾り」を作る際に必要な、基本的な情報をご紹介します。素材となる「折り紙」のサイズや基本的な技法、そして壁面に貼る際のコツを掴んでから、作品作りに取り掛かりましょう!
切り紙を作る際の、基本の折り方を紹介します。下の角度表を使用すれば、難しい角度もきちんと折ることができるので、活用しましょう。
作品を作る際に必要な基本情報の中から、上手に開くやり方を写真付きで解説します。最後まであせらず、ていねいに開いて、切り紙を美しく仕上げましょう。
新着レシピ
手作りマスクのほか、市販のノーズワイヤー付きマスクまで入る大きさ!ふた部分をミシンのプレスキルトで作り、ジグザグステッチでキルティングしました。食事時などに外したマスクは外側のポケットへ、内側のポケットにはストックのマスクを入れてみて!
89views 布小物
きせかえも楽しめる、子供に大人気の折り紙レシピがこちら!おしゃれな服とファッションアイテムに身を包んだきれいなお姉さんの折り方をご紹介します。柄の入った折り紙を上手に使って大人のすてきな雰囲気を再現しましょう♪
秋冬に欠かせないコーデアイテム、キャップ。ここでは、模様ができあがっていくのが楽しい幾何学模様のキャップの作り方をご紹介します。輪編みなので、常に表側を見ながら安心して編めます。裏側に糸が渡るので厚みが出て、とってもあたたか。
少し肌寒いときにカバンにしのばせておくと便利な、おしゃれなデザインのストールのレシピです。繊細な印象の透かし編みは、かけ目や減らし目を組み合わせてきれいな模様をつくります。軽やかに編み上げられるので、ストールにぴったりの編み地ですよ。
カラフルでとても個性的な、野菜の形をしたギフト箱のレシピをご紹介します♪パンチを使って穴を開け、葉っぱと実を繋ぎます。ラディッシュ、ダイコン、ニンジンなど、作りたい野菜の色に合った折り紙を準備しましょう!

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!