MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
「園芸支柱」を徹底解説!種類・選び方・おすすめ商品13選

「園芸支柱」を徹底解説!種類・選び方・おすすめ商品13選

家庭菜園や畑仕事、ガーデニングに必ずと言っていいほど登場する「園芸支柱」について、種類や使い方を紹介しています。アーチ型やおしゃれなタイプなどのおすすめ商品や、支柱を使った野菜の育て方、ガーデニングのやり方も掲載中!

perm_media 《画像ギャラリー》「園芸支柱」を徹底解説!種類・選び方・おすすめ商品13選の画像をチェック! navigate_next

はじめに

野菜や花木を育てる際に使用する園芸支柱は、植物を健康に育てていくうえで欠かせないアイテムです。
園芸支柱は、植物自体をまっすぐに支える役割をするだけでなく、ネットやビニールカバーと併用することで、鳥や虫、暑さや寒さなど、様々な場面から植物を保護してくれます。

園芸支柱は、ホームセンターやオンラインショップで手軽に購入可能です。サイズや形状の種類も豊富なので、育てたい植物に適した園芸支柱を選ぶことが重要になります。

こちらの記事では、基本の園芸支柱の使い方から、おすすめの商品についてご案内いたします。ぜひ参考にしてください♪

園芸支柱とは

園芸支柱は、植物の成長を助けるために備え付ける棒 のことです。ウリ科やマメ科などのつるが伸びる植物や、ピーマンやトマトなどの実が大きな植物、スイカやメロンなど地を這うようにして育つ植物には、園芸支柱が用いられます。

園芸支柱を使用する主なメリットは3つあります。

*植物の成長を助ける!

植物のつるが園芸支柱に巻きつくことで、バランスが保てるようになります。もし園芸支柱を使用せずに植物を育てると、できた実の重みで重心が崩れ茎ごと折れてしまう可能性があるのです。

つるを上手に巻きつけることができると、風通しと日当たりが良くなるので、植物の健やかな健康を促します。

*病気や害虫の被害から守る!

植物がつるに沿って成長することにより、隣接する植物と絡みつくことがありません。密生しない分、日当たりが良くなるので、植物特有の病気にかかるリスクが軽減されます。

また、葉と葉の間にゆとりが生まれるので、害虫が発生してしまっても発見しやすく、駆除がしやすくなります。

*収穫量の増加!

葉が密生しないことで植物の光合成を助けるので、野菜や果実はその分たくさん実をつけてくれます。実際に収穫する際も、つるや葉が邪魔をしないので作業がやりやすくなりますよ。

園芸支柱の選び方(ポイント・コツ)と種類

一言で園芸支柱と言っても色々な形状があるので、どれを選べばいいのか迷いがちです。こちらでは基本の園芸支柱についてご紹介していくので、選ぶ際の参考にしてください。

*ストレート型(イボ竹)支柱

棒状のストレート型は、園芸支柱の基本の形 です。長さや太さも様々で、用途や育てる植物に応じて好きなサイズを選べます。
支柱に突起がついたイボ竹は、イボに植物がよく絡まってずれにくいのが特徴!イボの付いていない支柱も販売されていますが、初心者の方はイボ竹を選ぶと間違いありません。

形状がシンプルなので、支柱をまっすぐに差せばインゲンなどのマメ科の植物に、上でクロスする合掌型にすればトマトやきゅうりの栽培に、3本の支柱を地面付近でクロスすればナスなどの育成に・・・と色んな使い方に対応しています。

*アーチ型支柱

上部が逆U字状に曲がったアーチ型の園芸支柱は、ビニールシートを被せてトマト栽培の雨よけなどに用いられます。大雨に降られてしまうと、大量の雨を地面から吸い込んで実が裂けてしまうので、それを防ぐ役割があるのです。

ネットをかければ、きゅうりやとうもろこしなど、実の重たい野菜やマメなどのつる性の植物にも使用可能です。
鳥の被害にお困りの方は、防鳥ネットを被せて鳥の被害から大切な作物を守ることもできます。

*トンネル支柱

トンネル支柱はビニールシートと併用して、スイカやメロン、カボチャなど、地面で育つ野菜の初期成長を助けるための支柱です。寒さに弱い野菜を保温したり、過度の雨から守ったり、虫の被害を防いだりします。連結可能なイボ竹と組み合わせて、高さのあるアーチ支柱として利用することも可能です。
ウネの幅に合わせて、適切なサイズのものを選んでください。

園芸支柱は、こちらで紹介したもの以外にも、トマト栽培に特化したトマトポールや、バラやつる性の植物の成長を助けるフラワーアーチなど、用途に応じた便利な製品が販売されています。育てたい植物にぴったりの園芸支柱を探してみてくださいね♪

おすすめの園芸支柱・道具

1
この記事のライター
関連記事
和風の庭は、純和風の庭と和モダンの庭に大きく分けられます。伝統的な日本建築に合う純和風の庭、現代建築にも調和する和モダンの庭。それぞれ門まわりや庭のデザイン、使う素材や施工法も異なります。ここではその違いを分かりやすく解説します。
71views 園芸レシピ
更新: 2023-01-28 12:00:00
家庭菜園をするときに知っておきたい専門用語を、分かりやすく解説していきます。ここでは植物に活力を与える成分を含んだ資材「植物活力剤」について、おすすめの「天恵緑汁」の詳細や作り方を知ることができます。
238views 園芸レシピ
更新: 2023-01-14 12:00:00
樹木を増やして楽しむ「とり木」とは、枝につけたまま苗木を育てることです。枝の一部に傷をつけて発根させる方法で、多くの樹木でできる、失敗が少ない増やし方のひとつです。ここではとり木にふさわしい植物一覧を分かりやすくまとめました。
858views 園芸レシピ
更新: 2022-12-11 12:00:00
繁殖力おう盛で野性的なハーブは、チーズやトマトとの相性がよく、イタリアンには欠かせません。オレガノはミントに似た芳香でドライにするとさらに風味がアップします。ここではオレガノの育て方やおすすめレシピを解説していきます。
289views 園芸レシピ
更新: 2022-12-08 15:06:49
家庭菜園好きなら知っておきたい「ストチュウ水」について、その効果や、簡単に手づくりする方法を、写真付きで丁寧に解説します。葉面散布して生育促進しましょう!
1363views 園芸レシピ
更新: 2022-12-03 12:00:00
最新記事
丸い鼻、柔らかそうな耳、ぷりぷりのおしり、かわいいところがいっぱいのぶたちゃん!牧場や動物園でおなじみの動物ですね!目には黒い丸シールを貼ると綺麗な仕上がりになるのでおすすめです。
更新: 2023-01-29 12:00:00
和風の庭は、純和風の庭と和モダンの庭に大きく分けられます。伝統的な日本建築に合う純和風の庭、現代建築にも調和する和モダンの庭。それぞれ門まわりや庭のデザイン、使う素材や施工法も異なります。ここではその違いを分かりやすく解説します。
71views 園芸レシピ
更新: 2023-01-28 12:00:00
子どもに人気の乗り物の折り紙!ここでは3種類の船の折り方を説明します。舳先のシルエットが美しい、縁起物「宝船」、大きな紙で作ると帽子にもなる「荷物船」、机の上で息を吹きかけて動かし競争させることができる「帆かけ舟」です。
更新: 2023-01-27 13:26:05
プチプラアイテムを使った、コスパの良いネイルデザインを、ネイリストのだむつみさんが披露します。冬にぴったりな温かみと上品な華やかさを併せ持つ、素敵なデザインです。
241views ホビー
更新: 2023-01-26 12:00:00
子どもが喜ぶ手作り作品をご紹介します!にんじんモチーフのポシェットは、コーデのアクセントになります!口にゴムテープを使っているので、子供でも開け閉めが簡単にできますよ♪
更新: 2023-01-25 12:00:00
boutique-sha_banner
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル