MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
おしゃれな「デニムサコッシュ」の作り方

おしゃれな「デニムサコッシュ」の作り方

デニムとアウトドアコードの組み合わせがおしゃれなサコッシュ。ポケット部分にイニシャルタグをあしらいました。ショルダーベルトがついているのでコードが肩に食い込みません。肩ひもの長さはコードストッパーで調節しましょう。

必要な材料

【サイズ】タテ19×ヨコ27cm、ショルダー約40~153cm
・表布(12オンスデニム) 100cm幅 40cm
・バイアステープ(縁どり) 1.1cm幅 80cm
・ファスナー 26cm 1本
・コード 太さ0.3cm 160cm
・コードストッパー 内径約0.6cm 2個
・イニシャルタグネーム 1枚

製図

★製図に縫い代はついていません。

表布の裁ち方図

作り方

1.タブを作る

2.ポケットを作る

3.タブとポケットをつける

4.袋布にファスナーをつける

5.脇線と底線を縫う

6.バイアステープをつける

7.ショルダーベルトを作る

8.コードを通す

9.できあがり

サコッシュのレシピをもっと見たい方におすすめ!

「今作りたいサコッシュ 」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのサコッシュのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
雰囲気のある和布地で作るリュックのレシピをご紹介します。小さめサイズでやや下めでかけるデザイン。両手があくので、出先でのスマホ操作もラクちん!リュックのひも先は、三角タブ利用の結びどめになっていておしゃれですよ♪
人気講師の山本めぐみさんが提案する、紙ニットのレーシーバッグ。だ円形のバッグ底を活かして、マクラメ編みで編み上げます。内袋を外して、小物をポーチにまとめて入れ、スケルトンバッグとして使うのも楽しい使い方ですね。
紙バンドと紙ラタンを組み合わせ、大きくて丸いバンブーの持ち手を大胆に活かしたルームシューズバスケットのレシピをご紹介します。大きな持ち手で、持ち運びもラクラクです♪浅型で出し入れしやすく、かごバッグとしても楽しめる素敵なデザインです!
初心者の方にも分かりやすい紙バンド雑貨のレシピです。底と側面の境にギャザーを寄せたような編み地のデザインで、大胆なひし形模様がアクセントになった、涼しげなデイリーバッグ。持ち手は肩にかけられる長さで、使いやすくデザインされています。
ここでは紙バンドを使った雑貨を作る際に必要となる、レーシー編みについて解説します。丹念に編み上げていく技法は、手仕事の楽しさを感じられ、ハンドメイド好きにとても人気があります。マスターして色んな作品にチャレンジしてみましょう!
新着レシピ
手作りの服を縫う際に知っておくと便利な「かこみ製図」について解説しています。かこみ製図は原型を使わない製図で、簡単に製図を引くことが出来ます。基本的に9号サイズを掲載していますが、ひとくちに9号と言ってもデザインやゆるみはさまざまです。
丸くてころんとした形がかわいらしいかごのレシピをご紹介します。基本の井桁底で丸底を作ります。側面は右3本なわ編みと、編みひも1本で縦ひも2本をとばすとばし編みでぐるぐる編んでいます。流れるようなとばし編みで、立体感のある側面になります。
エコクラフトRで作品を作るときに必要な基礎情報の中から、表目と裏目を編むときに、指定の縦ひもの本数をとばす編み方について解説します!表目、裏目ともにとばす本数によって模様の出方が変わり、豊富な模様のバリエーションを作ることができますよ。
エコクラフトRで作品を作るときに覚えておきたい「右3本なわ編み」について解説します。3本なわ編みは、右3本なわ編みと左3本なわ編みの2種類があります。縁編みや編み地の境目などに使う編み方です。また、縦ひもをかくしたり、模様としても使います。
野菜の中でももっとも親しまれている中国の健康野菜!高温で一気に過熱すると鮮やかな色になる特徴があり、食卓を華やかにしてくれます。油炒め、煮食、漬物なのに最適!トウ立ちする前に収穫するのがポイント。育て方について丁寧に解説していきます。
99views 野菜

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!