MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
家庭菜園「ラッカセイ」の育て方

家庭菜園「ラッカセイ」の育て方

ラッカセイの育て方を解説します。タネまきから油断せずカラス対策をして育ていていくのがポイント。自分で育てないとなかなか食べる機会がない「生の落花生」を味わえるのも、家庭菜園の醍醐味です。収穫後の美味しい食べ方もご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》家庭菜園「ラッカセイ」の育て方の画像をチェック! navigate_next

基本情報

(マメ科)
●タネまきから油断せずカラス対策をして育てる
●畝幅:50cm
●まき方:株間25cm
●元肥:なし
●追肥:なし

栽培スケジュールの目安

ラッカセイについて

品種名はわからないけれど我が家の定番ラッカセイ!

我が家で育てているラッカセイは3種類です。通常のラッカセイの2倍の大きさがある「おおまさり」と、薄皮が黒い「黒ラッカセイ」、小粒で薄皮が赤いラッカセイです。
黒ラッカセイと赤ラッカセイは県内の直売所で食用として販売されていたものを珍しいと思って買いました。正式な品種はわかりませんが、もう何年も我が家の定番です。
地域の直売所や道の駅巡りをするとどんな野菜がいつ採れるか旬もわかるので、楽しいです。

殻やマメの色は普通のラッカセイのようだが、薄皮はアントシアニン豊富な黒色。

育て方

01 土づくり

ラッカセイは水はけのいい土地を好み、多湿を嫌います。我が家ではハクサイとダイコンの後作でラッカセイを育てています。
元肥は施さずに、ミニ耕うん機でしっかりと耕しておくだけです。
マメ科のラッカセイは、根についている根粒菌のおかげで空気中の窒素を取り入れることができるので、肥料は少ない方がいいのです。
むしろ肥料過多になると葉ばかりが茂ります。

02 タネまき

5月上旬に株間25cmで1列、1か所1粒ずつまきます。上から土を3cmくらいかぶせて鎮圧します。ラッカセイはカラスの大好物なので、芽が出てくると掘り返します。タネをまいたら少し大きくなるまで、畝にネットをべた掛けしておくと安心です。芽が出なかったところには追いまきします。

これまで交雑しないと思っていましたが、昨年色が混ざっているようなものが採れました。今年は念のため畝の位置を離して育てようと思っています。

ハクサイとダイコンの跡地にラッカセイの畝をつくる。ラッカセイは土中にできるので、ミニ耕うん機でしっかり耕しておく。1品種につき畝を1本ずつ用意する。

03 メンテナンス

ラッカセイは結構長い間、黄色い花をあちこちに咲かせます。花の付け根のところから子房柄というツルが伸びてきて、土の中に潜ります。その先にラッカセイができるのです。
7月頃、黄色い花が咲き始めたら、一度土寄せをしています。赤いラッカセイはあまり広がらないので株元に土寄せをし、広がって育つ黒ラッカセイとおおまさりは畝の土をほぐすように中耕するだけにしています。
収穫間近には植えつけのときのようにカラスよけのネットをバッサリかぶせておくといいでしょう。

7月には葉も茂り、黄色い花がぽつぽつ咲き始める。

04 収穫

10月になったら試し掘りをし、10月中には全部掘り取ります。しっかりマメが入ったサヤと未熟なサヤが混在していますが、全部熟すことはないので、ほどほどのところで収穫します。
枝からはずしたサヤはオケで洗って土を落とします。フタのあるザルに並べて乾燥させてから、割って中のマメを取り出します。
以前広げて干しておいたら、カラスが半分食べていました。
農家のように土に積んで乾かそうとしたら、白いカビが生えてきたこともあります。それほど多い収穫ではないので、大切に洗って乾かしています。

10月に試し掘りをしつつ茹でて食べ、10月中にはすべて掘り上げる。

1
この記事のライター
関連記事
コンクリートで囲まれた殺風景なベランダは、庭とは異なる悩みや問題点があります。ここでは解決につながるアイデアを実例とともに解説します。トレリス×ウッドパネルなど、様々なものを組み合わせて、素敵なベランダを作り上げましょう!
710views 園芸レシピ
更新: 2022-09-14 14:48:49
一般的なパセリより苦味が少なく味はマイルドで、香り、食感ともにやわらか。肉料理、魚料理からスープ、生葉はサラダ、ソースなど、さまざまな料理に使われ、家庭菜園におすすめです。ここでは育て方のポイントについて解説していきます。
322views 園芸レシピ
更新: 2022-09-01 12:00:00
家庭菜園をするときに知っておきたい専門用語を、分かりやすく解説していきます!ここでは「メンテナンス」に関連する用語を集めました。
248views 園芸レシピ
更新: 2022-08-30 13:47:23
多肉植物を育てるのは、他の植物に比べるととてもかんたんです。その理由は、暑さにも寒さにも強いからですが、もちろん生き物ですから最低限のお世話が必要です。ここでは育てるための最も基本の「必要な道具と材料」を解説しています。
523views 園芸レシピ
更新: 2022-08-29 10:25:13
秋冬野菜の苗づくりのやり方について分かりやすく解説しています。ここでは、人気の野菜、キャベツ・ブロッコリー・カリフラワー、ハクサイ・レタスを取り上げます。コツを理解して美味しい野菜を育てる準備をしましょう!
718views 園芸レシピ
更新: 2022-08-02 13:13:59
最新記事
糸と針で作るビーズリングのレシピです!竹ビーズを組み合わせた幾何学模様は、性別や年齢を超えておすすめしたいデザイン。どの指に合わせるかで、リング幅やアレンジを選んでください。
更新: 2022-09-27 13:48:54
ドッグウエアをかんたん手作り!ここでは、キュートなトイプードルにぴったりの、バックスタイルがとっても可愛い、袖つきワンピースのレシピをご紹介します。ニット地のトップスに、綿プリントやレースで作るパッチワーク調スカートが素敵!
更新: 2022-09-26 12:00:00
美味しそうな食べ物の折り紙レシピです。いらしゃいませ!からはじまる元気なレストランごっこで楽しく遊びましょう!ごっこ遊びは、折り紙の世界を広げてくれます!いろいろな作品を組み合わせて、お子様ランチのようにしても良いですね!
更新: 2022-09-25 12:00:00
簡単に作れて旬の着こなしができる!人気のスカートのレシピをご紹介します。ハリのあるコットン素材に軽やかなチュールを二重に重ねました。甘くなりすぎないグレイッシュなピンクが、大人の女性にぴったりです。
更新: 2022-09-24 12:00:00
小ぶりで丸みのある花びらが可愛い真っ白な丸葉すみれ。葉脈も丁寧に刺しゅうをして、本物の花のように仕上げています。可憐な花の表現には優しい風合いのフェルトが良く合います。形になっていく過程も楽しみながら、丁寧に仕上げてくださいね。
更新: 2022-09-23 12:00:00
boutique-sha_banner
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル