MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
家庭菜園「ラッカセイ」の育て方

家庭菜園「ラッカセイ」の育て方

ラッカセイの育て方を解説します。タネまきから油断せずカラス対策をして育ていていくのがポイント。自分で育てないとなかなか食べる機会がない「生の落花生」を味わえるのも、家庭菜園の醍醐味です。収穫後の美味しい食べ方もご紹介します。

perm_media 《画像ギャラリー》家庭菜園「ラッカセイ」の育て方の画像をチェック! navigate_next

基本情報

(マメ科)
●タネまきから油断せずカラス対策をして育てる
●畝幅:50cm
●まき方:株間25cm
●元肥:なし
●追肥:なし

栽培スケジュールの目安

ラッカセイについて

品種名はわからないけれど我が家の定番ラッカセイ!

我が家で育てているラッカセイは3種類です。通常のラッカセイの2倍の大きさがある「おおまさり」と、薄皮が黒い「黒ラッカセイ」、小粒で薄皮が赤いラッカセイです。
黒ラッカセイと赤ラッカセイは県内の直売所で食用として販売されていたものを珍しいと思って買いました。正式な品種はわかりませんが、もう何年も我が家の定番です。
地域の直売所や道の駅巡りをするとどんな野菜がいつ採れるか旬もわかるので、楽しいです。

殻やマメの色は普通のラッカセイのようだが、薄皮はアントシアニン豊富な黒色。

育て方

01 土づくり

ラッカセイは水はけのいい土地を好み、多湿を嫌います。我が家ではハクサイとダイコンの後作でラッカセイを育てています。
元肥は施さずに、ミニ耕うん機でしっかりと耕しておくだけです。
マメ科のラッカセイは、根についている根粒菌のおかげで空気中の窒素を取り入れることができるので、肥料は少ない方がいいのです。
むしろ肥料過多になると葉ばかりが茂ります。

02 タネまき

5月上旬に株間25cmで1列、1か所1粒ずつまきます。上から土を3cmくらいかぶせて鎮圧します。ラッカセイはカラスの大好物なので、芽が出てくると掘り返します。タネをまいたら少し大きくなるまで、畝にネットをべた掛けしておくと安心です。芽が出なかったところには追いまきします。

これまで交雑しないと思っていましたが、昨年色が混ざっているようなものが採れました。今年は念のため畝の位置を離して育てようと思っています。

ハクサイとダイコンの跡地にラッカセイの畝をつくる。ラッカセイは土中にできるので、ミニ耕うん機でしっかり耕しておく。1品種につき畝を1本ずつ用意する。

03 メンテナンス

ラッカセイは結構長い間、黄色い花をあちこちに咲かせます。花の付け根のところから子房柄というツルが伸びてきて、土の中に潜ります。その先にラッカセイができるのです。
7月頃、黄色い花が咲き始めたら、一度土寄せをしています。赤いラッカセイはあまり広がらないので株元に土寄せをし、広がって育つ黒ラッカセイとおおまさりは畝の土をほぐすように中耕するだけにしています。
収穫間近には植えつけのときのようにカラスよけのネットをバッサリかぶせておくといいでしょう。

7月には葉も茂り、黄色い花がぽつぽつ咲き始める。

04 収穫

10月になったら試し掘りをし、10月中には全部掘り取ります。しっかりマメが入ったサヤと未熟なサヤが混在していますが、全部熟すことはないので、ほどほどのところで収穫します。
枝からはずしたサヤはオケで洗って土を落とします。フタのあるザルに並べて乾燥させてから、割って中のマメを取り出します。
以前広げて干しておいたら、カラスが半分食べていました。
農家のように土に積んで乾かそうとしたら、白いカビが生えてきたこともあります。それほど多い収穫ではないので、大切に洗って乾かしています。

10月に試し掘りをしつつ茹でて食べ、10月中にはすべて掘り上げる。

収穫が遅れるとサヤの中で発芽してしまうマメもあるので、だいたい熟した頃を見極めて掘る。

ラッカセイのおすすめ調理方法

収穫したあとの3通りの楽しみ方・味わい方!
自分で育てないとなかなか食べられない生ラッカセイは「塩茹で」がおすすめ。とくにおおまさりはマメが大きく食べごたえがあります。「ラッカセイ餅」やご飯のお供に最適な「ラッカセイ味噌」も好評です。

01 茹でる

収穫しはじめは塩茹でして食べる。中には未熟なサヤもあるが、それがおいしいという家族もいるので、未熟なものはより分けて茹でて冷凍しておく。

02 餅をつくる

完熟のラッカセイはお正月にラッカセイ餅にする。赤や黒の生ラッカセイを薄皮ごと入れて餅をつくと色がきれいで、おすそ分けするとよろこばれる。

03 ラッカセイ味噌をつくる

余ったラッカセイは種類関係なくラッカセイ味噌に。
①鍋にラッカセイの半量の味噌と砂糖を入れて練る。酒かみりんを少量加えてとろみをつける。
②油をひいたフライパンで炒めて冷ましたラッカセイを①に加える。好みで煎りゴマをまぶしてできあがり。

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「野菜だより2021年5月号」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜の育て方をわかりやすく丁寧に紹介しております。

友だち追加
この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
「サボテン」は多肉植物の仲間です。大小様々な大きさがあり、形もいろいろ!棚にちょこんと飾るととても可愛いですよね。ここでは、育てるために必要な管理方法や、人気の種類について、写真付きで解説しています。
238views 園芸レシピ
更新: 2021-09-12 12:00:00
栄養価の高さで注目の高い「スプラウト」の育て方をご紹介します。光を当てる「かいわれ型」と、光を当てない「モヤシ型」の中から、人気の種類を厳選してご紹介します。どれも手軽に栽培することができるので、楽しんでチャレンジしてみましょう!
372views 園芸レシピ
更新: 2021-09-07 12:00:00
家のベランダで、プランターを使って、ソラマメを育てましょう!10月~11月頃に種まきをおこない、5~6月頃に収穫します。塩ゆでしておつまみにするのはもちろん、パスタの具にしたり、つうしてディップにするなど、幅広く活躍する野菜の1つです。
200views 園芸レシピ
更新: 2021-09-03 12:00:00
家庭菜園の中でも初心者さんが始めやすい、プランターでの野菜の育て方について解説しています。せっかく始めるなら、おしゃれに楽しく美味しく育てたい!そんな希望をかなえるための、基本的なコツや、人気のトマトやハーブ類なの育て方をまとめました。
302views 園芸レシピ
更新: 2021-08-26 12:00:00
料理や化粧品など幅広く使われている「ローズマリー」を家庭菜園で育てましょう!地中海沿岸地方が原産ですが、日本でも良く知られたハーブの1つです。ここでは基本の育て方、成功させるためのポイントやコツ、活用方法などを写真付きで解説していきます。
390views 園芸レシピ
更新: 2021-08-23 12:00:00
最新記事
手作りで服をつくるときに必要な基本情報の中から、グレーディングについて解説していきます。標準寸法の型紙を、必要なサイズに応じて拡大したり、縮小したりするグレーディングは、基本さえ理解できれば、回数を重ねるごとにうまくできるようになります。
更新: 2021-09-24 12:00:00
マーガレットのステッチが素敵な透け感のあるレース地に、「イギリスのつた」のパターンをアップリケしたカフェカーテン。パターンの地色を白地にし、モチーフも控えめな色にして全体をバランスよくまとめました。やわらかい日差しが部屋に差し込みます。
更新: 2021-09-23 12:00:00
刺繡の初心者さんにも分かりやすいように、基本のステッチと簡単な図案のおすすめレシピをまとめました。やり方を覚えるとポーチやパスケースなど日常使いする小物を可愛くおしゃれにアレンジする事もできます!
更新: 2021-09-22 12:00:00
ネイルが趣味の方はたくさんいます!ここでは、セルフでネイルをしてるけど、上手にできない!そんな初心者さんが陥りがちな悩みや疑問を、Q&A方式で徹底解説します!参考にして練習してみましょう!
145views ホビー
更新: 2021-09-21 12:00:00
ちくちくと紙に刺しゅうしていくスタイルで作る、人気の「紙刺しゅう」。ここでは紙コップに巻きつければ、熱い飲み物もへっちゃらになる、カップスリーブのレシピをご紹介します!色分けすれば、他の人のコップと間違える心配もありませんね♪
更新: 2021-09-20 12:00:00
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル