MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
超ミニ盆栽の基礎「基本情報、魅力、育てる過程」について

超ミニ盆栽の基礎「基本情報、魅力、育てる過程」について

「盆栽」は、見たことがあり言葉も知っているけれど、どんなものなのか詳しくはわからない、という人が多いのではないでしょうか。超ミニ盆栽について知りたい方に、簡単にわかるよう、イメージがわくよう、解説していきます。

perm_media 《画像ギャラリー》超ミニ盆栽の基礎「基本情報、魅力、育てる過程」についての画像をチェック! navigate_next

超ミニ盆栽ってどんなもの?

わずか3cmの小さな小さな盆栽!

盆栽は、その大きさによっていくつかの種類に分けられます。大きくは、「大品盆栽」「中品盆栽」「小品盆栽」に分けるのが一般的。
なかでも、小品盆栽は大きなものと比べて扱いやすく、“手のひらサイズの盆栽”として最近人気を集めています。小品盆栽のなかでもとくに小さいものは「ミニ盆栽」「豆盆栽」などと呼ばれています。
「超ミニ盆栽」はそれよりもさらに小さな盆栽。ここでは、樹高、または幅が3cm以下のものを「超ミニ盆栽」と呼んでいますが、厳密に測ってあてはめるのではなく、“指でつまんだりのせたりすることができるほどの小さな盆栽”というイメージでとらえておきましょう。

【盆栽の種類】

*【まめ知識】盆栽の歴史

盆栽は、遡ると中国から遣隋使や遣唐使によってもたらされたといわれています。平安時代には貴族が植物を器に植えて鑑賞していたといい、鎌倉時代にはさまざまな樹種や鉢が用いられるようになりました。
そして、江戸時代になると大名から町民までの間に幅広く広まり、この頃、「盆栽」という呼び方が使われるようになったと考えられています。

そうしたなか、明治の頃には、現在の盆栽につながる「小さな鉢の中に壮大な自然の美を表現し、それを鑑賞する」といった日本ならではの芸術観が確立されていきます。
近年は、欧米を中心に「BONSAI」として愛好家が急増。国内でも、これまで“年配の人の趣味”というイメージの強かった盆栽が、若い人や女性に受け入れられるようになっています。その流れのなかでより手軽に楽しめる「超ミニ盆栽」が生み出されたのは、自然な流れなのかもしれません。

アカシダレモミジ(赤枝垂もみじ)

超ミニ盆栽のいろいろ

ウメモドキ(梅擬)

サクラ(桜)

ハクチョウゲ(白丁花)

ヒメネコヤナギ(姫猫柳)

レンギョウ(連翹)

ゴヨウマツ(五葉松)

ツルマサキ(蔓柾)

超ミニ盆栽の魅力とは?

超ミニ盆栽がおすすめの理由は?大きな盆栽との違いは? 花や観葉植物などのふつうの鉢植えとどう違うの?超ミニ盆栽の魅力を、改めてさぐってみましょう。

*扱いやすく小さくてかわいい

そもそも盆栽とは、「幹や枝に手を加え育てた鑑賞用の鉢植え」のこと。樹形をととのえ、小さな鉢の中に自然の景観を表現するところがふつうの鉢植えとの違いで、思いどおりに仕立てるには何年もの月日が必要です。
大きく育てていくためには、時間だけでなく場所や費用も必要で、そのため、盆栽は比較的時間などに余裕がある人の趣味として広まってきました。

つる性の植物をくるくると巻いた「マキマキ超ミニ盆栽」。盆栽初心者にもおすすめ。

それをもっと簡単に、時間をかけずに狭い場所でもできるようにと生み出されたのが「超ミニ盆栽」。超ミニ盆栽なら、苗木の用意ができればつくってすぐに飾って鑑賞できます。
しかも小さくてかわいいのが魅力。手入れをきちんとすれば長く育てていくこともむずかしくなく、成長や樹形の変化も楽しめます。超ミニ盆栽は、手軽につくって、育てて、飾ることが楽しめる、若い人や女性にもおすすめの趣味なのです。

*つくる楽しみ

植物をただ育てるのではなく幹の形など、自分の思うままにつくりあげていくのが盆栽の魅力。超ミニ盆栽なら、手軽に始められます。

*育てる楽しみ

放っておくとたちまち弱ってしまうけれど、それも超ミニ盆栽の魅力。手をかければ何年も成長しつづけ、経年の変化も楽しめます。

つくりたい樹形をイメージしながら、枝の管理。慣れてくれば、この作業も楽しい時間に。

写真左はマツの一年生、右は二年生。小さいながらも、時間を経るうちに風格が出てきます。

*飾る楽しみ

超ミニ盆栽は、雑貨のようなかわいらしさ。透明な小物入れや小皿など、身近なものを使って手軽に素敵に飾ることができます。

たくさん並べればかわいらしさが倍増。窓辺や棚の上、キッチンなど、飾る場所は自由です。

超ミニ盆栽づくりの段取り

大きな盆栽と比べるとずっと手軽につくれる超ミニ盆栽ですが、1日、2日でできあがるわけではありません。でも、その過程も盆栽づくりの醍醐味。手間をかけ、変化を観察し、楽しみながらつくってみましょう。

*まずは苗木を育てる

超ミニ盆栽用の小さな苗木は、お店では売られていないので自分で用意します。その方法は大きく分けて2種類。
ひとつは挿し木で増やす方法で、切り取った枝などを土に挿して発根させます。もうひとつは種子から育てる方法で、これは「実生」といいます。

超ミニ盆栽用の苗木は、アイビーなどつる性植物のように採取してすぐに使えるものもありますが、たいていは挿し木や実生で育てて1か月~1年ほどたってから苗木として使えるようになります。苗木は、すぐに超ミニ盆栽に仕立てずに苗木として育て続けても構いません。いくつかの苗木を育てておけば、いつでも、好きなだけ超ミニ盆栽がつくれます。

*超ミニ盆栽をつくる・育てる・飾る

苗木が育ったら、いよいよ超ミニ盆栽づくりです。小さな鉢に苗木を植えつけます。
ふつうの盆栽は、鑑賞できるように仕立てるまでに何年も必要ですが、超ミニ盆栽は植えつけたらもう完成です。その一方で、樹形をととのえたり、花を咲かせたり実をつけさせたりといった、盆栽ならではの醍醐味もちゃんと味わうことができます。

盆栽は、毎日の水やり、定期的な施肥や消毒、枝や根の管理をすることで、1年、2年と長く楽しむことができます。基本的には屋外で育てます。部屋に飾るのは1~2日程度にとどめておきたいところですが、ここぞというときにおしゃれでかわいいインテリアのように飾ることができ、目を楽しませ、心をなごませてくれます。

*【まめ知識】小さな盆栽は大きくはならないの?

小さな鉢に植えた超ミニ盆栽は、屋外に植えたときのように大きくなることはなく、小さなまま。たとえば、人の背丈ほど大きくなる庭木も、小さな鉢の中では小さく育ちます。
ただし、長く育てていくためには、定期的に植え替えが必要。鉢から出して根の手入れをし土を新しいものに替えることで、小さくても根を張り、養分を吸収し、丈夫に育っていきます。

苗木を育て、超ミニ盆栽をつくって飾るまで

*苗木のための素材を探す

苗木は、挿し木で増やすか、または種子から育てます。挿し木用の挿し穂は、庭木や鉢植えから採取するのがよいでしょう。
種子は、庭や公園、雑木林などで、どんぐりや松ぼっくりを採取して使います。

flow1. どんぐりから実生苗を育てる。

flow2. 庭のツゲから採った挿し穂。

*苗木を育てる

苗木は、樹木の種類によっていろいろですが、早いもので1か月ほどでしっかり根が張り、超ミニ盆栽の苗木として使えるようになります。苗木を育てておけば、好きなときに超ミニ盆栽に仕立てることができます。

flow3. どんぐりから育てた実生苗。ここでは、種子を土より上に出して育てている。

*超ミニ盆栽をつくる

苗木までできていれば、超ミニ盆栽づくりはあっという間です。シンプルな超ミニ盆栽であれば、小さな鉢に植えつければ完成!
本格的に幹をクネクネさせたり、おもしろい樹形をつくりたいときは、針金かけをして形をととのえます。

flow4. ツゲの苗木を鉢に植え、超ミニ盆栽づくり。

*超ミニ盆栽を育てる

超ミニ盆栽は、屋外で育てます。庭はもちろん、ベランダなど狭いスペースでも、くふう次第で育てる環境がつくれます。
さらに施肥や消毒・殺虫、枝の管理、植え替えによる根や土の管理をすることで、元気に育っていきます。

flow5. 超ミニ盆栽の水やり。広いスペースがなくても管理はできる。

*超ミニ盆栽を飾る

お客様を招くときや、日々の生活のなかに緑を取り入れたいな、というときには、超ミニ盆栽を飾りましょう。盆栽の飾り方の決まり事にとらわれることなく、思いのままに飾ればOK。小さくても存在感があり、心をなごませてくれます。

flow6. 飾り方を考えるのも楽しいひととき。

盆栽の基礎や作品をもっと見たい方におすすめ!

「 つくる・育てる・飾る!超ミニ盆栽 新装版 」では、今回紹介した盆栽の基本的な情報以外にも、たくさんの盆栽の作品についてわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
畑に野菜の苗や種をまくためには「畝(うね)」が必要です。この畝をしっかり作ることで、野菜は安心して育つことができます。ここでは、ガッテン流の、すぐに植えることができる畝づくりの方法を解説していきます。
170views 園芸レシピ
更新: 2021-12-03 12:00:00
秋冬野菜づくりの超基礎情報をご紹介!有機栽培成功のための鉄則は、栽培の適期をきちんと守ることと、与える肥料の適量を守ることです。そうすれば、初心者でも病虫害に悩まされることなく、野菜が本来持っている味を引き出すことが可能になりますよ。
182views 園芸レシピ
更新: 2021-11-29 12:00:00
トウ立ちした花芽を楽しむ、人気のナバナ3種類について、家庭菜園での育て方をご紹介!ナバナはアブラナ科の野菜のことで、独特のほろ苦さが料理のアクセントになり、やみつきになります。初心者の方でも挑戦できるよう分かりやすく解説していきます。
221views 園芸レシピ
更新: 2021-11-09 12:00:00
初心者の方でも簡単に始められる、家庭用の「水耕栽培キット」の中から、おしゃれでおすすめの商品を厳選してまとめました!ミニトマトやハーブなどの野菜はもちろん、ヒヤシンスなどのお花も育成可能です。水耕栽培による野菜の育て方も掲載しています。
376views 園芸レシピ
更新: 2021-10-29 16:00:00
パクチーと言えばアジア料理に欠かせない、独特の強い香りをもったハーブです。タイ料理のトムヤムクンや、ベトナム料理のフォーなどに入っています。その味わいをもっと堪能したいなら、家庭菜園がおすすめ!ここでは育て方のポイントについてまとめました。
221views 園芸レシピ
更新: 2021-11-05 21:13:03
最新記事
クリスマスが待ち遠しくなるクリスマスツリーをパッチワークで作りましょう!定番のタペストリーも良いですが、立体的なツリーは存在感があり、とても素敵!オーナメントとしてつつみボタンを飾りました。【無料型紙あり】
更新: 2021-12-07 12:00:00
平結びした紐を交差してリング状にした、大人っぽいミサンガのレシピをご紹介します。ビーズをポイントに使って、エレガントに仕上げました。適度な存在感が、ファッションのアクセントにもなりそう!
更新: 2021-12-06 12:00:00
クリスマスや冬にピッタリのパッチワークミニキルトです。スノードームそのもののような球体の中に、雪だるまとトナカイをアップリケしました。雪はキャンドルウイック糸を使ってコロニアルノットステッチで描いています。【無料型紙あり】
更新: 2021-12-05 12:00:00
独特な配色とフラワーモチーフのような不思議なデザインがエキゾチックなキーリングのレシピです。ウッドービーズを付けたフリンジ部分も個性的で、おしゃれ!左右タッチング結びと、ひと結びを組み合わせて、作っていきます。
更新: 2021-12-04 12:00:00
畑に野菜の苗や種をまくためには「畝(うね)」が必要です。この畝をしっかり作ることで、野菜は安心して育つことができます。ここでは、ガッテン流の、すぐに植えることができる畝づくりの方法を解説していきます。
170views 園芸レシピ
更新: 2021-12-03 12:00:00
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル