MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
サンドペーパーの種類と選び方・おすすめ10商品を紹介

サンドペーパーの種類と選び方・おすすめ10商品を紹介

サンドペーパー(紙やすり)はDIY、プラモデル以外にも車の傷の修理から珪藻土バスマットの復活まで身の回りのお手入れに重宝します。金属の錆落とし、鏡やガラスの水垢、汚れの研磨にも最適!番手や用途ごとの使い方やおすすめ商品を紹介します。

はじめに

DIYやハンドメイドをする際に欠かせないのがサンドペーパー。サンドペーパーとは紙やすりのことで、木材の仕上げはもちろん、金属の補修や塗装にも使われています。最近では珪藻土バスマットの吸水力復活にも貢献しています。サンドペーパーの種類や用途は幅広く、調べてみても実際にどれを使ったらいいのか分からず選ぶのが難しいですよね。今回はそんなサンドペーパーが使える材料や選び方から使い方、さらにおすすめ商品までたっぷり紹介します!

サンドペーパーとは

一般的に「紙やすり」と呼ばれるサンドペーパーは、研磨加工に使われる紙や布に砥粒の付いた研磨材です。色々な材質の研磨に向いており、錆落としや不要な表面を削り、滑らかな曲線を作り出す作業には欠かせません!また、塗装する前に表面を磨き上げる際にも使われるのではないでしょうか。研磨する材料によって使用する目の粗さを選ぶ必要があり、特に目の細かいサンドペーパーは作品の表面を、光沢のある状態にまで磨き上げる事ができます。

サンドペーパーの種類

布やすり

サンドペーパーは大きく分けて「耐水性」と「非耐水性」のものがあります。「耐水性」は耐水ペーパーとも呼ばれ金属加工に多く使われています。最近ではその「耐水性」を利用して、水回りの掃除に使用されたり身近なモノになりつつあります。また「非耐水性」は木材加工によく使用される紙やすりが代表的。学校の授業や工作で一度は手にしたことがあるのではないでしょうか。どちらも削る仕事はもちろん、磨き上げる時に役立っています!

サンドペーパー(紙やすり)

一番代表的な「紙やすり」。厚紙に砥粒がコーティングされていて、使用する材料に合わせて切って使用します。残念ながら加工屑が目詰まりしやすく、短命の消耗品です。紙やすりは安価で使い勝手がよく、目の粗さによって様々な材料に使用できます。最近では珪藻土を使った商品が注目され、紙やすりで表面についた汚れを削ることで、吸水性が復活する事はご存知でしょうか?バスマットはもちろん、コースターにも!また、革靴のお手入れに使う上級者もいる様です。

耐水サンドペーパー

耐水サンドペーパーは下地の紙はもちろん、砥粒の接着剤も耐水性のものが使用されていて、水につけても問題なく「水研ぎ」できることが最大の利点。この特性を生かしてトイレの頑固な尿石、浴室の鏡、ガラス、陶器、金属蛇口の水垢の研磨に使用できます(この時、プラスチックやステンレスには傷が付くのでご注意を!)。水で加工屑を流しながら使用できるので作業効率が良く、摩擦熱を緩和できるのもポイント。逆に乾いた状態で使用すると紙ヤスリよりも目詰まりを起こしやすくなります。

布やすり

布やすりは粗めの研磨材が強力にコーティングされていて耐久性があり、電動サンダーなどに取り付けてよく使用されます。大体は耐水性があり、金属加工にも使用できます。また布の特性を生かして曲面を研磨する時にはピッタリ。しかし砥粒の粒子が粗いので表面や細かい部分の磨き上げには不向きかもしれません。布やすりは加工屑の目詰まりが少なく、手で叩くことで簡単に取り除く事が出来ます。研磨材が剥がれるまで再利用できます。

ポリネットシート(メッシュシート)

ポリネットシートとはメッシュ状のヤスリのことで、合成繊維の両面に研磨剤が均一に接着されています。網目状になっているので研磨屑の目詰まりもおこしにくく、両面使用することができます。布やすり同様に柔軟性に優れているので曲面の研磨ができ、種類によっては耐水性もあります。耐久性も高くアクセサリーや金属の磨き上げに向いています。他のサンドペーパーに比べて寿命が長く、使用していても研磨性能を保ちます。

サンドペーパーの選び方・用途

このようにサンドペーパーは用途によって使い分ける必要があり、低価格のものが多いので、何種類か揃えておくとどんな作業にも対応できて便利です!種類の他にも、研磨剤の粒度によって「目の粗さ」が定義されています。サンドペーパーは使用する材料によってはキズの原因になったり、削りすぎてしまう事もあるので注意が必要です。材料の加工から仕上げまで、目的に合ったサンドペーパーを使ってより美しく仕上げましょう。

番手と目の粗さ

サンドペーパーの「目の粗さ」は番号で明記され、数字が小さいほど粒子は粗く、大きいほど細かくなります。使用する時は、粗いものから細かいものを使って仕上げていくのが基本!その場面に合ったモノを選ぶことで作業の効率化ができ、より綺麗に仕上がります。深いキズの修復、広い面や大まかな研磨には「小さい番号」を、表面の仕上げ、細かいキズの磨き上げには「大きい番号」を選ぶのがおすすめです。番手は大体40番から2000番以上まであり、それぞれの用途は次の通りです。

40番~100番

一番目の粗いヤスリです。40番あたりは研磨面を触るとザラザラしていて痛いくらいです。一度にたくさん削れるので、材料のバリ取りや面取り、形状の修正に使用しましょう。また塗装を剥がしたり、あえて表面を粗く仕上げるエイジング加工にも使えますが、研磨後の表面も粗くなるのでなるべく高めの60、80番あたりが使いやすくておすすめです。「目が粗い」ので使用するときに強い力が必要になり、余計に削ったり紙やすりだと台紙が破けてしまう事も。そんな時は布ヤスリを使用して効率よく作業しましょう。

120番~240番

この番手は「中目」となり、目が粗く形状を変える必要のないモノ、凸凹した面の研磨に向きます。金属のサビやコゲを剥ぐことができ、この番手で削り取れない時はもう少し粗めのサンドペーパーを使用するなど、幅広い用途に適していますので、はじめて試してみるには丁度いいかもしれません。木材の表面を塗装前に均一に滑らかにしたり、下準備には120番がおすすめです。また工作用で仕上げとして使用されることもあります。

280番~400番

「細目」になるこの番手は塗装前の下地調整に向いていて、研磨する事で塗料のノリが良くなり剥がれにくくもなります。DIYで金属やプラスチックの表面の研磨をして仕上げていく時には番号を80~100番くらい番手をずらしながら研磨するのがおすすめです。入手が簡単な180、240、320、400番を揃えておくといいですよ。木材をツルツルにしたい時は320番を使うと良いでしょう。また400番は塗装後の刷毛跡を修正して滑らかにすることができますよ。

400番~800番

400を超えると「極細目」となるので塗装なしでも、十分綺麗に仕上げられます。重ね塗りをする前の下地調整に最適で、600番以降の番号を用意しておきましょう。金属や石、堅い木材などキズを付けたくないもののツヤ出しには600、800、1000番を揃えておくと問題なく作業できますよ。仕上げの段階で耐水ペーパーを使うときは乾式と濡れた状態では研磨に差が出てくるのでどちらかに統一するようにしましょう。

1000番以上

1000以上になると「超極細目」となり磨き上げや仕上げになり、DIYで使用する機会はほとんどありません。金属の汚れや薄いサビ落としなどの細かい作業には、この番手の耐水サンドペーパーを使用しましょう。さらに「鏡仕上げ」のように金属をピカピカに仕上げる時は、水研ぎが有効です。水回りの汚れ取りには1200~1500番が向いています。ペーパーに石鹸を付けると汚れ落とし効果が上がりますよ。

サンドペーパーの使い方

サンドペーパーは1枚の紙かロール状で販売されていて、研磨したい面より少し大きめにカットします。手でも簡単に切れますし、カッターを使いはさみは使用しないのがおすすめ(刃が傷んでしまいます)。また研磨するときはサンドペーパーに当て木をすると、均一に削ることができて便利です。当て木の他にも「サンドペーパーホルダー」という専用の工具もあるので、併用すると効率よく清潔に、また怪我防止にもなります。時々、研磨屑をブラシや雑巾で取り、表面の仕上がりを確認しましょう。

木材

木材にヤスリがけをするコツは木目に沿って一定方向からかけること!そうすると見た目も美しく仕上がります。円を描くように研磨したり、サンドペーパーを往復させたりしないように注意しましょう。80番で形状を整え120番で面を均一にし、320番や400番くらいで仕上げます。また資材にオイルを塗り、乾く前に濡れた状態で耐水サンドペーパーで研磨すると、加工屑とオイルが刷り込まれてツヤを出を出す事がてきます(ウェット研磨)。また木工用乾式サンドペーパーという安価で効率よく作業ができるモノもあります。

金属

金属に使うサンドペーパーは、木材よりも目の細かいものを使用します。研磨には破れにくい布やすりを使用し、80番を使えばバリ取りも可能です。その際は、金属片でケガをしないように保護具を着用し、当て木を使ってバリの突起面を倒すように研磨しましょう。大まかな表面の研磨は240~400番を使用し、磨き上げる時は800番以降、できれば1000番以上がおすすめです。薄いサビや汚れも一緒に落とすことができますよ。

プラスチック

プラスチックは金属同様にキズが目立ちやすく、木材のように柔らかいので、サンドペーパーの使い分けが必要です。120番以上であれば補修や研磨が可能ですが、300~1000番の間で下地の処理から表面の仕上げをしましょう。さらに耐水ペーパーを使用して水研ぎをすると、より綺麗な表面に仕上がります。アクリル板やプラモデルに使うときは、しっかりと固定しあまり力を入れ過ぎないようにやさしく磨きましょう。

車の傷修理

車の傷の補修にはサンドペーパーが使用されます。車のボディは金属より丁寧に扱う必要があり、補修する周りをマスキングして、地道に下地にキズが残らない様に800番くらいから始めて1000~2000番以上を使って綺麗に磨きます。ボディ塗装の場合は、研磨剤(コンパウンド)で磨いて仕上げを行う場合があるようです。作業をする時は耐水サンドペーパーを使用して、水で加工屑を落としながら目詰まりを防止して下さい。

珪藻土

珪藻土の表面には細かい穴が開いていて、ここに汚れが詰まることで吸水性が下がってしまいます。しかしサンドペーパーで表面を研磨し、汚れを取り除くことで復活するのです!バスマットやコースターにも使えるので、水分を吸わなくなった時には、ぜひ削ってみてください。240~400番で削る事で十分に効果を感じます。乾いた状態で使用するので非耐水性でも大丈夫です。細かい粉が出るので、乾拭きや払い落とせる場所で作業しましょう。

おすすめサンドペーパー10選

作業用途に合ったサンドペーパーを選ぶことで作業効率が上がり、より綺麗に仕上がります。砥粒の粒度は、研磨面の背面に番号が記載されていますので、購入や使用する際には間違えないように注意してください。ここからはお試しから上級なものまでおすすめ商品を紹介します。

BIGMAN(ビッグマン) 紙ヤスリミニセット 18枚入り

こちらは最初から使いやすい小さめのサイズにカットされています。身の回りのお手入れには丁度良く120、240、400の粗さが入っているので手作業やハンドメイドの時にもおすすめです。サンドペーパーホルダーや工具に付けて使う時はもう少しサイズの大きいものを選びましょう。

ビッグマン(Bigman) 日本製 紙ヤスリ 12枚セット

こちらには80、150、240、400と定番の番手が揃っていて、粗削りから仕上げまで幅広く使えます!工具の大きさにも寄りますが、サンダーに取り付け可能なサイズなので、広く平らな面を均一に削りたい時に便利ですね。木工などのハンドメイドや、錆落としにも使用できます。

SK11 ポリネット両面やすり 木材・金属用 3枚入り

ポリネットシートは耐久性が紙ヤスリに比べて優れているので、本格的な造形の時には最適です!もちろん柔軟性があるので工具に装着することも可能。DIY以外にも石鹸などを併用して曲面の研磨をすると、汚れが驚くほどよく取れます。水で目詰まりを洗い流して再利用ができます。

【超精密仕上げ磨きに使いやすいサイズ】各2枚入り 合計10枚 耐水ペーパー

切らずに使えるミニサイズなので、手作業で超精密研磨ができる紙ヤスリのセットです。水研ぎと空研ぎのどちらにも対応していますので、建具や自動車の修理、陶器やガラスの磨き上げに最適です。ここまで「超極細目」になると仕上げ磨きに特化していて、ご自宅で鏡仕上げが出来ますね。

Funshare 紙やすり サンドペーパ 耐水ペーパーセット 36枚入り 12種類

こちらにはなんと120~3000番の12種類の番手が入っています!荒削りの造形から、精密研磨までこれ一つで対応可能。耐水性もあり、作業によっては水研ぎもできます。ここまで幅広いと用途に合わせて選択出来て、家庭用でも重宝しそうですね!試してみて必要な番手を買い足すのもいいかもしれません。

3M キュービトロン II クリーンサンディングシート 紙やすり 小口パック

最先端技術を使用した紙やすりです。従来の製品より研磨速度が速く、作業効率がアップ!しかも目詰まりしにくく長持ちします。砥粒もシャープなものを使っているので摩擦熱も軽減され、仕上がり品質も向上。120番以外にも80、180、220、240、320、400とあるので用途に合わせて使い分けましょう!

三共理化学 日本製 布ヤスリ 6枚セット

布ヤスリの粗めの番手は、削る量が多いときに工具に取り付けて使用すると作業が捗ります。なんと紙ヤスリの約3倍の耐久性を持っています。曲面の削りだしにも向いていて60、120、240がセットになっているので木材であれば形状修正から仕上げまで可能です。

UEETEK 紙やすり 耐水ペーパー 27枚入り

耐水サンドペーパーが9種類のセットになっています。目の粗さも400~3000番までが同梱されており、DIYはもちろんプラモデル、水まわりのお手入れにも適しています。もちろん木工などの工作、錆落としといった水を使わない研磨も可能です。水研ぎで驚くほど綺麗に仕上げられます!

紙ヤスリ 耐水ペーパー サンドペーパー セット 30枚入り

耐水サンドペーパーの180~7000番まで10種類がセットになっています。仕上げの水研ぎ、塗装の下処理、金属の薄い汚れやサビはもちろん、陶器にも使用できるので洗面台の水垢や便器の尿石とりにもおすすめです。「中目」の粗さから入っているので削りすぎや傷をつける心配が少ないですね。

SOFT99 ( ソフト99 ) 耐水サンドペーパーセットM+サンドぺーパー ヨウケンマパッド セット

こちらは車の傷や補装に特化しています。また大きい面積よりは細かい作業の研磨や補修に向いていますので、腕時計の傷消しのメンテナンスにも使用できます。研磨用のパットも付属されているので作業しやすいですね。こちらで傷の下処理をしてから、より細かい番手を買い足して磨き上げるとさらに綺麗に仕上がります。

おわりに

ここまで「サンドペーパー」の長所と短所も含めてたっぷり紹介してきましたがいかがでしたか?キズの修理や表面の仕上げまで、用途に合ったサンドペーパーを選ぶことで日常のお悩みが一つでも多く解決されるとうれしいですね。そしてDIYや工作に限らず、お掃除にも使えるサンドペーパーをより身近なモノに。物を大切にする習慣を大切にしながら、心も一緒に磨き上げてピカピカ、綺麗にしちゃいましょう!

関連するキーワード
新着レシピ
家族や友人へのプレゼントに、ハンドメイドの小物を贈りませんか?ここでは男性がちょっとそこまで出掛けるときに便利な、信玄袋風の巾着タイプのポシェットの作り方をご紹介します。お祭りの場にも似合う紺色の幾何学柄で作っています。
大人の女性に着てほしい、春夏シーズンにぴったりの華やかなジャケットです。サイドにスリットを入れて歩きやすさを考慮し、後ろ身頃にはタックを施して運動量も確保したデザイン。胸元の1つボタンがポイント。7号・9号・11号・13号・15号が作れますよ。
215views トップス
「不思議の国のアリス」をイメージしたハートのパターンの描き方について解説します!ゼンタングル初心者の方にもおすすめの簡単なデザインで、とても人気があります。
誰でも簡単に始めることができるアート「ゼンタングル」の基本的な情報を、初心者の方にも分かりやすく解説しています。基礎を理解したら、別ページでも紹介している作品作りにも取り掛かってみましょう!
大人かわいい折り紙作品の中から、開ける前からワクワク胸がときめく、日記のような形のギフトボックスのレシピをご紹介します。ベルト付きでまるで本物みたい!ちょっとした小物を入れて、大切な人への贈り物に使ってください♪

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!