MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
プランターで作る「コマツナ」育て方(家庭菜園)

プランターで作る「コマツナ」育て方(家庭菜園)

厳冬期をのぞいて一年中栽培できる野菜です。丈夫で環境適応力が高く、連作障害もないので、初心者でも簡単に栽培できます。高温にはやや弱いですが、低温には強く、-3℃でも枯れません。種まき時期をずらして、適宜間引き収穫をしながら育成すれば、長期間の収穫が楽しめます。

perm_media 《画像ギャラリー》プランターで作る「コマツナ」育て方(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

コマツナ 基本情報

丸ごと食べられる中国野菜!くせも無く、子供でも食べやすいと人気です。

・アブラナ科
・日当たり/良い場所
・水やり/毎日
・プランターサイズ/小型~中型
・利用部位/葉・茎
・発芽適温/15~35℃
・生育適温/20~25℃

種まきと収穫に適した時期

■種まき:春~秋 ■収穫:5~12月頃

※栽培期間はあくまで目安です。栽培時期や場所、種苗の品種、肥料の種類などによって変わることがあります。
※各野菜の栽培時期は関東地方の温暖な気候を目安にしています。これより暖かい地域、寒い地域の方は、参考にして時期を調整してください。

育て方

*準備 0日目

種はホームセンターなどで一年中売られている。種類もたくさんあるが、基本的にはどれを選んでも大丈夫。ごく少数の株であれば植木鉢で育てることも可能。追肥も必須ではない。

*1.種まき(1日目)

土に深さ5mmのまき溝を作る。条間は10~15cmほどあける。

溝に沿って種をすじまきにする。

種が見えなくなる程度に薄く覆土した後、板や手で軽く押さえる。

プランターの底から水があふれ出るまでたっぷり水を与える。

*2.間引き①(5日目)

5日〜1週間で発芽する。発芽がそろったら、1回目の間引きを行う。

株間が3cmほどになるように、形が悪いものを間引く。

*3.間引き②(15日目)

本葉が3枚前後になったら、2回目の間引きを行う。

株間が5cmほどになるように、弱っている株をハサミで切り取る。

*4.追肥(15日目)

2回目の間引きを行った後、追肥する。まず、株と株の間に溝を掘る。

溝に沿って固形肥料をまいていく。

溝にまいた肥料を移植ごてで土に混ぜ込む。この後の追肥は生育状況を見ながら行う。

*5.収穫 (30日目)

夏まきで25〜30日、春・秋まきで45〜60日ほどで収穫できる。草丈20cmが目安。

根元からハサミで切り取る。手で丸ごと引き抜いてしまっても良い。

草丈25cmを越えると葉が大きく固くなり、味も落ちるので注意すること。

プランター菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「だれでもできるプランター菜園」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのプランター菜園のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
畑に野菜の苗や種をまくためには「畝(うね)」が必要です。この畝をしっかり作ることで、野菜は安心して育つことができます。ここでは、ガッテン流の、すぐに植えることができる畝づくりの方法を解説していきます。
75views 園芸レシピ
更新: 2021-12-03 12:00:00
秋冬野菜づくりの超基礎情報をご紹介!有機栽培成功のための鉄則は、栽培の適期をきちんと守ることと、与える肥料の適量を守ることです。そうすれば、初心者でも病虫害に悩まされることなく、野菜が本来持っている味を引き出すことが可能になりますよ。
155views 園芸レシピ
更新: 2021-11-29 12:00:00
トウ立ちした花芽を楽しむ、人気のナバナ3種類について、家庭菜園での育て方をご紹介!ナバナはアブラナ科の野菜のことで、独特のほろ苦さが料理のアクセントになり、やみつきになります。初心者の方でも挑戦できるよう分かりやすく解説していきます。
207views 園芸レシピ
更新: 2021-11-09 12:00:00
初心者の方でも簡単に始められる、家庭用の「水耕栽培キット」の中から、おしゃれでおすすめの商品を厳選してまとめました!ミニトマトやハーブなどの野菜はもちろん、ヒヤシンスなどのお花も育成可能です。水耕栽培による野菜の育て方も掲載しています。
357views 園芸レシピ
更新: 2021-10-29 16:00:00
パクチーと言えばアジア料理に欠かせない、独特の強い香りをもったハーブです。タイ料理のトムヤムクンや、ベトナム料理のフォーなどに入っています。その味わいをもっと堪能したいなら、家庭菜園がおすすめ!ここでは育て方のポイントについてまとめました。
218views 園芸レシピ
更新: 2021-11-05 21:13:03
最新記事
畑に野菜の苗や種をまくためには「畝(うね)」が必要です。この畝をしっかり作ることで、野菜は安心して育つことができます。ここでは、ガッテン流の、すぐに植えることができる畝づくりの方法を解説していきます。
75views 園芸レシピ
更新: 2021-12-03 12:00:00
デザインを楽しみながら身に付けられるミサンガのレシピの中から、シンプルなミサンガに星型のスパングルをポイントにした、かんたんでオシャレなデザインをご紹介します! 三つ編みとたて裏巻き結びで編みましょう♪
更新: 2021-12-02 12:00:00
繊細な結び目が魅力の「タッチング結び」を上手に使って作る、デザイン性の高いストラップのレシピをご紹介します!輪の部分に手が通せるので、持ち歩くのにも便利! !お気に入りの小物に付けてくださいね。
更新: 2021-12-01 12:00:00
ハンドメイド初心者さんにおすすめ!ミシンが無くても大丈夫!手縫いだけでできる素敵なポーチの作り方を、厳選してご紹介していきます。どのレシピも並縫いができれば問題なし♪ファスナー付きで開閉も便利な使いやすい作品ばかりです。
更新: 2021-11-30 15:13:00
願いを込めて手首や足首に付ける「ミサンガ」。中でも人気のデザインの1つが「ハート」です。ここで紹介する作り方は、どれも初心者でもチャレンジできる簡単なものばかり。図案や編み図も無料で公開しているので気軽に作ってみましょう!
更新: 2021-12-01 13:45:14
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル