MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「サツマイモ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「サツマイモ」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

ほくほくしていて甘さがある野菜といえばサツマイモ!赤ちゃんの離乳食や、子供の手軽なおやつなど、幅広い世代に愛される代表的な秋野菜の王様です。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本情報、育て方、収穫について解説します。

サツマイモとは?(特徴)

料理やデザートで幅広く親しまれているサツマイモ。みんなで収穫する楽しみは格別です。やせた土地でもかんたんに作ることができ、病害虫も少なく連作もOKです。中でも「紅高系」や「紅東」などの品種は作りやすくおすすめです。

【基本情報】
・ヒルガオ科
・栄養/ビタミンC、カロチン、食物繊維が豊富
・性質/日なたを好む、高温・乾燥を好む
・病害虫/あまり発生しない
・連作/可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:4~6月頃 ■収穫:9~11月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

上手に作るためのポイント

うねを高くする
土の中に空気がよく入ると、イモが太って大きくなります。土を高く広く盛って、高いうねを作るとイモもよく育ちます。

チッソ肥料が控えめに
チッソ分が多いと、つるばかり茂ってイモができなくなります(ツルぼけといいます)。土はチッソ分の少ないやせた土や砂土のような乾燥した土がよく、肥料もチッソ肥料は控えめにします。

育て方

1. 溝を掘る

畑をよく耕しておき、幅15cm、深さ10~15cmの溝を掘ります。

2. 土を改良する

溝の底に堆肥、ワラ、草、落ち葉などを入れます。堆肥は未熟のものでかまいません。

3. 元肥を入れる

カリ肥料(硫酸カリ)、リンサン肥料(過リンサン石灰)を全体にまきます。

4. うねを作る

掘り上げた土をもどして、高さ20~30cm、幅70cmのうねを作ります。うねがカマボコ形になるようにします。

5. 苗を用意する

4~6月に、園芸店で苗を購入します。サツマイモの苗は、茎と葉だけで、根はついていません。節と節の間(節間)が短く、葉が5枚ぐらいのものがよい苗です。

6. 苗を植えつける。

なるべく夕方を選び、苗を土にさすようにして植えます。葉4~5枚の苗なら、苗の切り口が深さ5cmぐらいになるよう斜めに、苗についた葉の先端が土からわずかにのどく程度に植えます。

※苗の植えつけは方は、水平植え、斜め植えなどがありますが、苗の長さによって決めます。

★植えつけは遅れないように
植えつけの適期は4~6月、遅くとも6月中旬までに植えます。サツマイモは、5月に植えても7月に植えても作れますが、味が違ってきます。
5月植えの方がはるかに美味しく、7月植えでは、水っぽくなってしまいます。植えつけは遅れないようにしましょう。

7. 水をやる

植え終わったら、苗の切り口に水がしみこむぐらい、苗のところにだけたっぷり水をかけます。

8. 発根

4~5日で発根します。発根すると、つるがゆっくりのびてきます。

9. 早めに除草する

つるが茂ってくるまでに雑草が生えるので、早めに取り除きます。フィルムマルチングをすると、雑草も生えず、地温も上がるので、効果的です。

10 肥料を追加する

生育の状況をみて肥料を追加します。これを追肥といいます。サツマイモは、肥料をやりすぎると、つるボケといって、つるばかり茂ってイモがつかないので、追肥は控えめに。

★追肥のコツ
葉が黄色がかかって、茎も細くのびも悪いようなら、チッソ肥料を追肥しますが、あまり早くやってはいけません。根元の土を掘ってみて、根がイモになりはじめ、指ぐらい大きさになっていて、ツルも細いようなら、硫安などのチッソ肥料をほんの少し施します。
葉に肥料がかかると葉が傷むので、葉にかからないよう注意します。
葉の色がよくつるも大きいのに、掘ってみて、根がイモの形をしていないときは、そのままではツルぼけになってしまうので、カリ肥料を追肥します。追肥は灰があれば一番よく、なければ硫酸カリなどのカリ肥料を使います。
灰の場合は、なるべく多く、硫酸カリの場合は軽くひとつかみを2mの長さにうねの横にまきます。

★うねの作り方でイモは長くも丸くもできる
サツマイモは、うねの作り方次第で、イモを長くすることもできるし、丸くすることもできます。堆肥までの距離が長いと、イモも長くなります。逆に、堆肥までの距離が短いと、イモも短く丸くなります。

11. 収穫の目安

10~11月頃が収穫適期です。つるのつけ根をみて、茎が太くなっていれば、イモは太っています。葉がところどころ紫色になっていれば、おいしいイモが取れます。

12. 収穫する

まず茎や葉を取り除きます。次に、イモを傷つけないように、根から少し離れたところを掘り起こします。

★9月によく太る
サツマイモは熱帯性の植物ですが、ただ暑ければよいのでなく、昼間は暑くても夜は気温が下がってくれる方がイモはよく太ります。このため、イモは8月中はなかなか太りませんが、9月になって夜気温が下がるようになると、どんどん太ってきます。

サツマイモの美味しい食べ方

家庭菜園の良いところは、収穫してすぐに食べられること!単純にふかして食べると、素材の味がストレートに感じられるのでおすすめです。
お料理にも使えますが、おやつとしてスイートポテトを作るのもいいですね♪

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
料理をはじめ、炒めたりスープに入れたり、万能野菜として知られています。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種まきの時期などの基本から、育て方、上手に作るためのポイントや収穫後のレシピをご紹介します。
212views 野菜
サラダには欠かせない野菜の1つ!いろどりが良く、茹でても炒めても美味しいと人気ですよね。ここでは、家庭菜園の基礎情報として、種をまき時期から育て方、上手に作るためのポイントを、写真付きで紹介します!
426views 野菜
トマトやニンニクと相性の良いバジルはイタリア料理の定番。気温が上がれば上がるほど生長が盛んになり、生育期間であればいつでも収穫できます。摘心や切り戻しで切り取った茎を土にさしておけば簡単に株を増やせるのもうれしいポイントです。
1060views 野菜
窓際やベランダで野菜作りができる水耕栽培。ここではレタスの一種「コスレタス」の基本情報と育て方をご紹介します。普通のレタスと違い、結球せずに葉が立ち上がる姿が特徴的で、和名は「立ちチシャ」と言います。そのままでも炒めても良いですね。
995views 野菜
家庭で野菜を育てたいなら、水と液体肥料で育てる水耕栽培がおすすめ!ここでは基本情報を解説します。土と同じような生育環境を、容器、ふた、エアーポンプを使って整えます。室内で育てれば、汚れや虫が少なく、野菜の美しさを鑑賞しながら栽培できますよ。
1716views 野菜
新着レシピ
ゴムの結び目に差し込んで使用するポニーフック!ひとあじ違ったヘアアレンジが楽しめることでとても人気です。ここでは、太陽の光を反射して輝くビジューと、合皮、ラタンなどの異素材を組み合わせた手作りレシピをご紹介します!
コーディネートを格上げするネックレスを、お気に入りの和布で作りましょう!ご紹介するレシピは、なつめ形に巻いた布ビーズにさんご玉、角や骨で作ったビーズを組み合わせたお洒落でカジュアルなデザインです。おとなの女性にぴったりですよ。
おしゃれでかわいいエコバッグを手作りしましょう!身近な材料を使ってコスパ良く作れるおすすめレシピを厳選してご紹介します。マチのあるタイプ・無いタイプ、サイズの大きいもの・小さいものが勢揃い!気軽にチャレンジしてみましょう!
1117views まとめ
マザーオブパールとシェルチップを使って、真夏の海を連想させるブレスレットを作りました。ベーシックな巻き結びと斜め巻き結びをマスターすればOK。1つのパターンを繰り返して作るので、ひもを結ぶ楽しさを存分に味わえます!
ベビーハンガーを手作りしてギフトにいかがですか?ずっと側に置いて使って欲しい、そんな思いを込めた出産のお祝いにぴったりです。日常生活に使える雑貨はトールペインティングの中でも人気の作品なので、初心者の方もぜひトライしてみてください!
170views ペイント

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!