MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
ひも結びの基礎「ひもが足りなくなったときのテクニック」

ひも結びの基礎「ひもが足りなくなったときのテクニック」

作っている最中に、結びひもや芯が足りなくなった場合に知っていると役立つテクニックをご紹介します!あくまで一時的な応急処置という捉え方になるので、できればあらかじめ余裕をもった長さを用意するように心がけましょう。

テクニック① 長いひもと入れ替える

1番簡単にできる裏技テクニックです。結びによっては、ひもを入れ替えた部分が目立ってしまうこともありますが、その時はビーズで隠しながら入れ替えるのがおすすめ。

テクニック② ビーズの中でひもをつなぐ

図の2本のひも端を、かぎの手のようにして交差させ、接着剤でつなぎます。

テクニック③ 平結びと巻き結びの場合

ひも結びの定番としてよく使われる、「平結び」と「巻き結び」の場合のテクニックを紹介します。
とじ針を使ってひも端を隠すときは、針の2倍の長さを残しておきましょう。

*【平結び】結びひもを足す

*【平結び】芯を足す

*【巻き結び】結びひもを足す

*【巻き結び】芯を足す

その他の「ひも結び」の基礎情報

ぬくもりでは、「ひも結び」の基礎情報について、テーマごとに分けてご紹介しています。下のボタンからぜひチェックして、色んなひも結びの基本情報・やり方を覚えましょう!

関連記事
結びの種類によって、結び終わりの方法も変わってきます。いろいろな方法がありますが、ここでは代表的なものを紹介します。道具を使ってうまくこなしましょう。
ここでは、主な結び始めのパターンを紹介します。作りたいもののデザイン、用途などに合わせて使い分けましょう。難しそうに見えますが、やってみると意外と簡単!結ぶのがどんどん楽しくなりますよ。
「ひも結び」は、その結び手順によって、大きく3種類に分けられます。ここでは1つずつ図解を交えて、やり方や具体例を丁寧に解説していきます。また、ひもをビーズに通すときのやり方も合わせてご紹介します。
レザークラフトやミサンガやマクラメを作るときに知っておきたい、「巻きつけ結び」のやり方をご紹介します。
左右のひもで輪を作り、交互に差し込んでいくくさり結びの結び方を紹介。厚みのあるひも状に仕上がります。
新着レシピ
カットウッドのアルファベット「HOME」に花のパターンをペインティング! 文字の形にカットされたような花のデザインは、広がる花模様をイメージできます。まるでボタニカルプリントの布地をアルファベットに貼り付けたような素敵な仕上がりになりますよ!
45views ペイント
着なくなった浴衣を再利用!ここではピンク色の金魚柄の浴衣で作った女の子用巾着のレシピをご紹介します。キルティングに刺しゅうを絡ませたあぶく模様が可愛いですね!マチと口布にはサッカー地の浴衣を使っています。ペットボトルも入る大きさです。
折り紙のレシピの中で、特に人気がある手紙シリーズ。ここでは見つけると幸せになれると言われるクローバーをモチーフにした手紙折りのやり方をご紹介します。裏にメッセージを書くことができます。気持ちを込めて折ってくださいね♪
目を惹く明るい黄色で、フワフワした丸くて可愛い小花を枝たっぷりに咲かせるミモザ。花瓶に飾るとまるで本物のよう!たくさん作ってスワッグにチャレンジするのもおすすめです。簡単に作れるのにとてもおしゃれで、部屋を素敵に演出してくれますよ♪
実用的に使える小物を、折り紙で作りましょう!ここでは、4つ角を折りたたむ箱の作り方をご紹介します。基本の形なので、使いやすさも抜群!プレゼントを入れて紐で結べば、おしゃれな仕上がりになりますよ!

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!