MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「ぽち袋(重ね) 」簡単に折り紙で作る方法

「ぽち袋(重ね) 」簡単に折り紙で作る方法

紙を1枚用意するだけで、おしゃれなポチ袋を作ることができます!ここでは折り返しがかわいい「重ね」という作品の作り方をご紹介します。渡す相手によって、折り紙の色を変えてみるのもいいですね。

必要な材料

・紙(折り紙/千代紙)15×15cm

作り方

①中表に三角に折り、重ねたままさらに半分に折る

②上の1枚だけななめに半分に折る

③上の半分を内側に折る

④角を合わせるように下を折る

⑤③の下に④をさし込み、山折り線で後ろに折る

⑥できあがり

【ここがポイント!】
④で折る分量や角度を変えると違った印象に。かんたんなものほど色選びのセンスが光ります。

使い方

⑤まで戻して、三つ折りか四つ折りにしたお札を入れ、折り直します。後ろで、縁をもう一方の縁の間にさし込んでとめます。

ポチ袋のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「脳活性折り紙全書」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのポチ袋のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
お年玉でおなじみのポチ袋ですが、お正月に限らず、普段でも利用できます!お友達にメモやメッセージや小物を渡すときに入れてみたり。ここではかわいいうさぎの顔が付いたバージョンをご紹介します。
染めの美しさを楽しめる「きもののぽち袋」です。衿、帯の色選びはまるで実際のきもののコーディネートのようにワクワクします。裾の部分は袋状になっていて、そこにお札を三つ折りで入れます。お年玉袋としてお正月に重宝しそうです。
お正月でも大活躍!かわいいポチ袋を手作りしましょう。たった1枚の紙で熨斗が付いたおしゃれな袋が完成します。「ぽち」という言葉は小さい、ちょっとという意味を持ち、もともとは芸妓や茶屋女に与える「少額の祝儀」に由来しています。
千代紙や和紙の折り紙で折るとさらに美しく! お正月を象徴するアイテムで、楽しく賑やかな新年を演出。 柄入りの折り紙を使うと華やかさが出ます。 ※ここでは扇子の作り方のみ紹介。 だるま、こま、やっこだこは別レシピにて紹介!
ちょっとした心づけを手渡す時に、かわいい袋に入れたり包んだりするのは、美しい「おもてなし」の心ですね。羽をおろし、羽ばたくような姿の鶴を中央に配した作品。お祝いやお正月のお年玉などに最適な「ぽち袋」です。ここでは鶴の上段のポチ袋Aの作り方を紹介!
新着レシピ
1mの生地を用意するだけで、お揃いのヘアアクセサリーと服を作れます!うさみみのカチュームは中にワイヤーが入っているので、ねじるだけでぴたっとフィット♪ストライプのキャミワンピは、裾のフリルをボーダー使いにしてキュートに仕上がっています!
ナチュラルウッドの刺しゅう枠のフレームに透明感のあるチュールを貼って、可憐なお花で自由にアレンジを楽しむ。そんな新しいハンドメイドがキットになりました。 万華鏡(カレイドスコープ)のように彩り広がる花の世界をぜひ味わってみてください!
石川県の伝統工芸品「加賀友禅」。その加賀友禅を縫うお針子さんが余り布や糸、綿を使って作ったと言われている「加賀ゆびぬき」の作り方の基礎を解説します。少ない材料と道具で始められるのも魅力。基本を覚えたら、様々な作品に取り掛かりましょう。
153views ソーイング
ゆびぬきを作るには、まず「土台」を作り、土台を等分に分割する線を引く「地割り」という作業をします。土台を何分割するかは、かがる模様によって異なります。ここでは、例として7分割の土台の作り方の基礎を解説します。
149views ソーイング
「加賀ゆびぬき」の道具と材料を準備し、土台を作り、地割りができたら、絹糸で模様をかがっていきましょう。ここでは画像付きで工程を解説していきます。ひと針ひと針、思いを込めながら、楽しく手をすすめていきましょう。
177views ソーイング

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!