MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
つまみ細工「椿のヘアピン」の作り方

つまみ細工「椿のヘアピン」の作り方

ふくふくと可愛らしい椿のお花のヘアピンです♪

材料

材料(1点分)

〈布〉赤色のヘアピン: 一越ちりめん ・白色のヘアピン: ポリエステル
葉…2㎝角×2枚、花…(1段め)2㎝角×5枚、(2段め)2㎝角×3枚

〈土台〉丸土台…丸台紙(直径1.5㎝の厚紙)1枚、布(一越ちりめん)直径2.5㎝×1枚 
〈花心〉ペップ約20本、ビーズ用#34ワイヤー
〈金具類〉丸皿ヘアピン(直径9㎜)

【できあがりサイズ】 約2.5×2.7㎝(花部分)

作り方

土台を準備する→花びらと葉をつまむ→葺く→できあがり

01 まず皿つきヘアピンに接着剤で丸土台を貼ります。

02 「剣裏つまみ」で葉を2枚つまみ、土台にボンド(ポリエステルの場合は接着剤)をつけて葺きます。

【「剣裏つまみ」で葉をつまむ】01
「剣一重つまみ」をします。ピンセットの先端を背に合わせてしっかり挟みます。

【「剣裏つまみ」で葉をつまむ】02
先を親指で、下方向に反り返します。


【「剣裏つまみ」で葉をつまむ】03
折り山を左右に指で開きます。ピンセットで挟んだまま、裏返します。


【「剣裏つまみ」で葉をつまむ】04
平らなところに開いた面を押しあてます。


【「剣裏つまみ」で葉をつまむ】05
葉のできあがり。6枚作ります。1~5までを「剣裏つまみ」と呼びます。


03 「丸裏つまみ」で花びらをつまみます。1段めは5枚葺きます。

【「丸裏つまみ」で花びらAをつまむ】01
花びらA用の布で「丸一重つまみ」をします。

【「丸裏つまみ」で花びらAをつまむ】02
親指でひだ山を軽く押さえます。


【「丸裏つまみ」で花びらAをつまむ】03
折り山をそれぞれピンセットでつまみ、裏返します。


【「丸裏つまみ」で花びらAをつまむ】04
裏返したところ。

【「丸裏つまみ」で花びらAをつまむ】
05 1~5を「丸裏つまみ」と呼びます。

04 2段めの花びらを3枚葺き、ペップの花心(ワイヤー下でカットしたもの)をボンドで中心に貼ります。

★ペップ20本を2つ折りにします。

★写真の位置でねじり留めます。

できあがり!

つまみ細工で作る花のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「生花を凌ぐ美しさ つまみ細工の花ごよみ」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのつまみ細工で作る花のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
色とりどりのお花を飾ったポシェット風の巾着。子どもが使いやすいように、入れ口にゴムを通してあります。簡単に手ぬいで作れるので、初心者さんにもおすすめです!
3190views つまみ細工
髪飾りはリボンの上に大小の花を重ねづけして華やかに。花びらが散っていくような下がりで「和」を演出しました。手ぬいで気軽に作れるのがうれしいですね。
4513views つまみ細工
9月の代表的なお花。基本の丸一重つまみと剣一重つまみを裂いて作る「丸裂きつまみ」の撫子。よりリアルで繊細なつまみ細工の表現が広がります。
6935views つまみ細工
ポリエステルや木綿といった手に入りやすい素材で作る、可愛らしい春のお花のアクセサリー。ぽかぽか陽気に誘われて、春のお出かけのカジュアルな装いに。
10336views つまみ細工
つまみ細工には色んな作業があります。ここではその中でも代表的なものを分かりやすく写真付きでご紹介します。
4035views つまみ細工
新着レシピ
手作りの服を縫う際に知っておくと便利な「かこみ製図」について解説しています。かこみ製図は原型を使わない製図で、簡単に製図を引くことが出来ます。基本的に9号サイズを掲載していますが、ひとくちに9号と言ってもデザインやゆるみはさまざまです。
丸くてころんとした形がかわいらしいかごのレシピをご紹介します。基本の井桁底で丸底を作ります。側面は右3本なわ編みと、編みひも1本で縦ひも2本をとばすとばし編みでぐるぐる編んでいます。流れるようなとばし編みで、立体感のある側面になります。
エコクラフトRで作品を作るときに必要な基礎情報の中から、表目と裏目を編むときに、指定の縦ひもの本数をとばす編み方について解説します!表目、裏目ともにとばす本数によって模様の出方が変わり、豊富な模様のバリエーションを作ることができますよ。
エコクラフトRで作品を作るときに覚えておきたい「右3本なわ編み」について解説します。3本なわ編みは、右3本なわ編みと左3本なわ編みの2種類があります。縁編みや編み地の境目などに使う編み方です。また、縦ひもをかくしたり、模様としても使います。
野菜の中でももっとも親しまれている中国の健康野菜!高温で一気に過熱すると鮮やかな色になる特徴があり、食卓を華やかにしてくれます。油炒め、煮食、漬物なのに最適!トウ立ちする前に収穫するのがポイント。育て方について丁寧に解説していきます。
101views 野菜

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!