MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
つまみ細工「撫子のコーム」の作り方

つまみ細工「撫子のコーム」の作り方

9月の代表的なお花。基本の丸一重つまみと剣一重つまみを裂いて作る「丸裂きつまみ」の撫子。よりリアルで繊細なつまみ細工の表現が広がります。

材料

(1点分)
〈布〉一越ちりめんを使用
花A…2㎝角×10枚(白5・ピンク5)
花B…2㎝×10枚(紅梅色)
葉…5㎝角×2枚
〈土台〉花用ワイヤーつき土台…丸台紙(直径1.2㎝の厚紙)2枚、布(一越ちりめん)直径2.5㎝×2枚、#24地巻ワイヤー12㎝×2本、葉用…#24地巻ワイヤー12㎝×2本、刺繍糸(緑)
〈花心〉花心…素玉ペップ小8本
〈金具類〉5本足コーム(2㎝)、刺繍糸(緑)

【できあがりサイズ】 約7×6㎝(花部分)

作り方

花びらをつまむ→葺く

01 花びら用の布で【丸裂きつまみ】をします。

【丸裂きつまみ】01
ガク用の布で丸一重つまみをし、端切り2/3をします。

【丸裂きつまみ】02
裁ち目にボンドを薄くつけて押さえます。

【丸裂きつまみ】03
左手で丸一重つまみの先を持ちます。

【丸裂きつまみ】04
ピンセットを入れ、根元に向かって裂きます。

【丸裂きつまみ】05
上記01~05を「丸裂きつまみ」と呼びます。ガクのできあがり!

02 花Aは、丸裂きつまみの側面にボンドをつけて写真のように貼り合わせます。計2セット作ります。

03 残りの花びらも写真のように貼り合わせます。計3セット作ります。

04 花びらのパーツを写真のように配置します。

05 ワイヤーつき土台にボンドをつけます。

【ワイヤーつき土台を作る】01
丸台紙の中心に目打ちで穴をあけます。

【ワイヤーつき土台を作る】02
地巻ワイヤーを、丸台紙の直径の1/2程の大きさ(※)で写真のように曲げ、★の位置で直角に曲げます。

【ワイヤーつき土台を作る】03
地巻ワイヤーに丸台紙と土台用の布を通します。

【ワイヤーつき土台を作る】04
丸台紙のまわりにボンドをつけ、目打ちなどでまんべんなくボンドをのばします。

【ワイヤーつき土台を作る】05
布で台紙をくるんで接着します。作品によって丸台紙や半円型、葉型など、使い分けます。

06 花びらの背にボンドをつけます。

07 土台に花びらを4で並べた順番に葺いていきます。

08 花びらを5枚葺いて整えます。

09 ペップ4本を頭ギリギリでカットします。

10 花の中心にボンドをつけます。

11 ペップを中心に貼ります。

12 花Aのできあがり。

13 花Bはすべて同色(紅梅色)の布でつまんで、花Aと同様に葺いています。

葉をつまんで葺く→花と葉を組む→金具を取りつけて完成

01 葉を2枚作ります。

【葉を作る】01
葉用の布で「丸一重つまみ」をし、端切り2/3をします。ワイヤーの先1㎝を曲げて、ワイヤーの先端3㎝程ボンドをつけます。

【葉を作る】02
丸一重つまみの背からワイヤーを差し込みます。目打ちで背にボンドをつけて閉じます。

【葉を作る】03
背を閉じたところ。

【葉を作る】04
葉を2枚作ります。

02 花Aと花Bのワイヤーを花の下1.5㎝で曲げます。2本を合わせて、合わせ目にボンドをつけます。

03 刺繍糸を2巻きします。

04 葉を2枚合わせて刺繍糸で巻きます。

05 4を上から見たところ。

06 まとめた部分の2.5㎝下まで、ボンドをつけ足しながら刺繍糸で巻き留めます。

07 写真のようにワイヤーを曲げて、余分をカットします。

08 コームを取りつけて、できあがり。

【金具を取りつけて完成】01
糸端から30㎝のところを2つ折りにして、コームの左から2番めの刃に通します。

【金具を取りつけて完成】02
2本の糸を合わせて2回程巻きます。

【金具を取りつけて完成】03
コームの端までボンドをつけます。

【金具を取りつけて完成】04
コームの上に上記07をのせて、糸を2番めの刃の裏にかけて表に出します。

【金具を取りつけて完成】05
続けて、3番めの刃の表から糸をかけて裏に出します。

【金具を取りつけて完成】06
04~06を繰り返して、コームの端まで糸を巻きます。

【金具を取りつけて完成】07
2本の糸のうち、短い方で輪を作ります。

【金具を取りつけて完成】08
短い方の糸はそのまま休めて、長い方の糸で輪とコームをいっしょに巻いていきます。

【金具を取りつけて完成】09
巻き初めの位置まで巻いたら、長い方の糸を10㎝残して切ります。切った糸を輪の中に通します。

【金具を取りつけて完成】10
短い方の糸を引いて、輪を小さくします。

【金具を取りつけて完成】11
輪にボンドをつけます。さらに糸を引いて、輪が巻いた糸の中に隠れるようにします。

【金具を取りつけて完成】12
輪が隠れたら、長い方と短い方の糸を外側にそれぞれ、きつく引っ張ります。

【金具を取りつけて完成】13
余った糸を2本ともカットして、ボンドをつけて指でなじませます。

完成!

つまみ細工で作る花のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「生花を凌ぐ美しさ つまみ細工の花ごよみ」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのつまみ細工で作る花のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
色とりどりのお花を飾ったポシェット風の巾着。子どもが使いやすいように、入れ口にゴムを通してあります。簡単に手ぬいで作れるので、初心者さんにもおすすめです!
3082views つまみ細工
髪飾りはリボンの上に大小の花を重ねづけして華やかに。花びらが散っていくような下がりで「和」を演出しました。手ぬいで気軽に作れるのがうれしいですね。
4298views つまみ細工
ふくふくと可愛らしい椿のお花のヘアピンです♪
18237views つまみ細工
ポリエステルや木綿といった手に入りやすい素材で作る、可愛らしい春のお花のアクセサリー。ぽかぽか陽気に誘われて、春のお出かけのカジュアルな装いに。
9985views つまみ細工
つまみ細工には色んな作業があります。ここではその中でも代表的なものを分かりやすく写真付きでご紹介します。
3829views つまみ細工
新着レシピ
カラフルでとても個性的な、野菜の形をしたギフト箱のレシピをご紹介します♪パンチを使って穴を開け、葉っぱと実を繋ぎます。ラディッシュ、ダイコン、ニンジンなど、作りたい野菜の色に合った折り紙を準備しましょう!
雰囲気のある和布地で作るリュックのレシピをご紹介します。小さめサイズでやや下めでかけるデザイン。両手があくので、出先でのスマホ操作もラクちん!リュックのひも先は、三角タブ利用の結びどめになっていておしゃれですよ♪
人気講師の山本めぐみさんが提案する、紙ニットのレーシーバッグ。だ円形のバッグ底を活かして、マクラメ編みで編み上げます。内袋を外して、小物をポーチにまとめて入れ、スケルトンバッグとして使うのも楽しい使い方ですね。
棒針編みが初めての方にもおすすめのレシピ!かのこ編みは、表目と裏目を交互に、また、前段と互い違いになるように編むので、ぽこぽことした独特の編み地になります。履き口を1目ゴム編みにしているので脚にフィットします。くしゅくしゅたるませて履いて♪
Floraは、ローマ神話に登場する、古代ローマの花と豊穣と春の女神のことです。そのイメージをデザインしたのがこちらのパターンです。色んなパターンと組み合わせやすいシンプルでさがありながらも、花の可愛らしさが備わっています。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!