MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
つまみ細工ができるまで(基礎/はじめる前に)

つまみ細工ができるまで(基礎/はじめる前に)

つまみ細工は、江戸時代から続く日本の伝統的な手芸です。はじめて体験する方のために、つまみ細工ができるまでの基礎となる手順を、おおまかに、写真をまじえてご紹介します!

つまみ細工とは?

正方形に切った小さな布を折りたたみ、花や鳥など立体的な造形物をつくり上げて、その美しさを楽しみます。

身近な道具や素手で手軽に始められるつまみ細工。タンスに眠る着られなくなったお着物やお洋服、お気に入りの端切れや残布などを、つまみ細工の技法で素敵なアクセサリーに仕上げてみませんか?

つまみ細工の基本のやり方

1. 布を準備する
布を正方形に裁断します。作る作品によって、サイズは変わります。必要な枚数分切りましょう。

2. つまむ
布をピンセットでつまみ、花びらの形にたたみます。「剣つまみ」と「丸つまみ」を基本に、応用のつまみ方も掲載しています。

3. 端切りする
つまみの裁ち目を切ることを「端切り」といいます。作品によって端切りをして、つまみの高さを調節します。端切りをしない作品もあります。

4. 糊をつける
つまんだ布に、糊をつけて接着します。糊は、使用する布によって使い分けます。

5. 土台を準備する
花びらを葺くための土台を準備します。土台の種類は、どんなアクセサリーに仕立てるかによって変わります。

6. 葺く
つまんだ花びらを土台に配置して、花の形を作っていく作業を「葺く(ふく)」といいます。

7. 飾りを取りつける
葺いた花に、花心やビーズなどの飾りをつけて、作品を仕上げます。

8. 金具を取りつける
金具を取りつける。

9. 組む
色や種類の違う複数の花を組み合わせて、1つの作品に仕上げます。

関連記事
色とりどりのお花を飾ったポシェット風の巾着。子どもが使いやすいように、入れ口にゴムを通してあります。簡単に手ぬいで作れるので、初心者さんにもおすすめです!
1447views つまみ細工
髪飾りはリボンの上に大小の花を重ねづけして華やかに。花びらが散っていくような下がりで「和」を演出しました。手ぬいで気軽に作れるのがうれしいですね。
1946views つまみ細工
ふくふくと可愛らしい椿のお花のヘアピンです♪
9634views つまみ細工
9月の代表的なお花。基本の丸一重つまみと剣一重つまみを裂いて作る「丸裂きつまみ」の撫子。よりリアルで繊細なつまみ細工の表現が広がります。
3305views つまみ細工
ポリエステルや木綿といった手に入りやすい素材で作る、可愛らしい春のお花のアクセサリー。ぽかぽか陽気に誘われて、春のお出かけのカジュアルな装いに。
4563views つまみ細工
新着レシピ
人気のディズニープリンセスシリーズのなかから、赤いバラのモチーフがアクセントになった、オーロラ姫のニットマットの作り方をご紹介します!前髪のカールはチェーンステッチ(引き抜き編み)で表現しています。ぷっくりしている薔薇もおしゃれ!
着けると顔まわりが華やかになる!編むのが楽しいジグザグ模様は、ほどよく透け感があって軽やか。生成りをベースに、No.26はブルーの濃淡色で、No.27はチャコールと黄色で配色しました。
こどもやじぶん用にランチタイムが待ち遠しくなっちゃう可愛いランチョンマット。くまのプーさんとピグレットをクロスステッチで刺しゅうします。
メッシュ地のポケットがポイントになったナイロンサコッシュ。スポーティな雰囲気でカジュアルな着こなしにぴったり。肩ひもを外せば、ポーチとしても使えて重宝します。サコッシュの裏側。長さが調節できる肩ひもは、ナスカンで取り外し可能です。
ガーランドを飾った持ち手がかわいいカゴ!とっても簡単ですので、お子さんと一緒に作ってみてはいかがでしょうか。小物を入れて、なにげなく卓上に置いておくだけでも、おしゃれなインテリアのように見えますよ!

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!