MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
エコクラフトで作る!「フラップつきポーチの」作り方

エコクラフトで作る!「フラップつきポーチの」作り方

コロンとしていてかわいいポーチ。エコクラフトで作ると中身がつぶれないのがうれしい。あじろ編みでヘリンボーン柄にしました。フラップにはマグネットボタンをつけています。

「フラップつきポーチ」の材料と副資材

【材料】
ハマナカ エコクラフト(5m巻)
・14 グレー(20)2巻、パステルピンク(16)1巻
・15 パステルピンク(16)2巻、グレー(20)1巻

【副資材】
・D型 a ライフトレー ミニ35型(約縦108mm×横75mm×高さ36mm)
・蝶番(幅約22mm)2個
・マグネットホック(直径14mm)

エコクラフトのカット本数(裁ち方図参照)

①横編みひも 14グレー 15パステルピンク/3本どり 18cm×46本
②縦編みひも 14グレー 15パステルピンク/3本どり 15cm×64本
③型ひも 14グレー 15パステルピンク/10本どり 20cm×1本
④型ひも 14グレー 15パステルピンク/8本どり 35cm×1本
⑤枠ひも 14グレー 15パステルピンク/8本どり 34cm×2本
⑥枠ひも 14グレー 15パステルピンク/10本どり 34cm×2本
⑦枠ひも 14グレー 15パステルピンク/2本どり 35cm×6本
⑧フラップひも 14パステルピンク 15グレー/12本どり 15cm×4本
⑨フラップひも 14パステルピンク 15グレー/12本どり 3cm× 7本
⑩枠ひも 14グレー 15パステルピンク/9本どり 37cm×4本

エコクラフトの裁ち方

「フラップつきポーチ」の作り方

※わかりやすくするために配色をかえています。

1. D型の裏を使います。③型ひもはのり代2cmで輪を作り、型の中央にセロハンテープで固定します。
型の縁から0.2cm下に④型ひもを巻いて、ひも端を重ねてボンドで輪に止めます。

【D型】aを2個重ねて、セロハンテープで固定したものを使います。
※それぞれの側面に、中央の印をつけておきます。

2. 側面中央に両面テープを貼り、⑤枠ひもを両面テープの位置で突き合わせで巻き、余分はカットします。

3. 編み始めは、赤線内のように、①横編みひも1本の中央に、②縦編みひも4本の中央を並べてボンドで止めます。
さらに、その(赤線)左右へ、②ひも4本ずつ12本を交互に、編み始め①の上下に隙間なく止め、最後は②ひもを2本ずつ止めます。
次は、①の編み始めの上下側に①ひも11本を1本ずつ、②ひもを1本ずつずらした4本とばし(あじろ編み)で差し込んでいきます。
ひも端は揃えます。
全体に軽く霧を吹いて、①ひもの編み目を詰めて整えます。これを2組作ります。

4. 2の⑤ひもにボンドを塗り、3を型にかぶせて⑤ひもに貼りつけますが、角はカーブに沿うようにひも端にもボンドをつけながら、左右から対称になるように寄せながら重ねて貼り合わせてから、幅広輪ゴムで押さえます。

5. ボンドが乾いてから、⑤ひもと一緒に型から外します。⑤ひもの縁に揃えて、余分な編み地をカットします。

6. ⑥枠ひもは、⑤ひも☆とは逆側の中央の★位置でひも端を突き合わせて、縁から約3.5本幅上に出して、内側へ1周貼ります。

7. ⑦枠ひも3本は、6で上に出した⑥ひもの外縁に沿って、ひも端を6の★とは逆側から貼り始め、突き合わせて余分をカットします。
突き合わせる側を交互にかえながら3重に貼ります。
本体とふたの作り方はここまで同じです。

8. ふたを作ります。⑩枠ひも2本は、7の外縁に揃えて、突き合わせる側を交互にかえながら2重に貼ります。

9. 8を表に返したところです。

10. 中央に、マグネットの凹側の爪を②ひも2本分の左右から差し込みます。

11. 内側で爪を折ります。ふたのでき上がりです。

12. 本体を作ります。⑧フラップひも2本を並べ、⑨フラップひも7本にボンドをつけ、⑧ひもに隙間なく並べて貼り、余分は⑧の際に揃えてカットします。

13. 4~7の要領で本体を作り、12の端2cmのひも先から1.5cmにボンドをつけて、⑦ひもの下側にひも先を合わせて貼り、折り曲げます。

14. 8の要領で、⑩枠ひも2本を外縁に、2重に貼ります。本体のでき上がりです。

15. 本体とふたを最後の突き合わせ側を揃えて重ね、蝶番を2個止めつけます。

16. 残りの⑧ひも2本のひも端から3cmにボンドをつけ、⑨ひもの際から並べて貼ります。

17. ふたのマグネット位置に合わせて、16の貼り残した⑧をカーブに沿わせて曲げ、マグネットの凸側の爪を⑧に下から差し込み、爪を折ります。

18. マグネットを留めたまま、2重のフラップの内側にボンドをつけ、カーブさせて貼りつけます。

19. 3重に貼ったフラップのひも先を丸くカットします。

20. でき上がりです。

エコクラフトのかごバッグ&小物のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「シックでかわいい エコクラフト(R)のかごバック&小物」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのエコクラフトのかごバッグ&小物のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
雰囲気のある和布地で作るリュックのレシピをご紹介します。小さめサイズでやや下めでかけるデザイン。両手があくので、出先でのスマホ操作もラクちん!リュックのひも先は、三角タブ利用の結びどめになっていておしゃれですよ♪
人気講師の山本めぐみさんが提案する、紙ニットのレーシーバッグ。だ円形のバッグ底を活かして、マクラメ編みで編み上げます。内袋を外して、小物をポーチにまとめて入れ、スケルトンバッグとして使うのも楽しい使い方ですね。
紙バンドと紙ラタンを組み合わせ、大きくて丸いバンブーの持ち手を大胆に活かしたルームシューズバスケットのレシピをご紹介します。大きな持ち手で、持ち運びもラクラクです♪浅型で出し入れしやすく、かごバッグとしても楽しめる素敵なデザインです!
初心者の方にも分かりやすい紙バンド雑貨のレシピです。底と側面の境にギャザーを寄せたような編み地のデザインで、大胆なひし形模様がアクセントになった、涼しげなデイリーバッグ。持ち手は肩にかけられる長さで、使いやすくデザインされています。
ここでは紙バンドを使った雑貨を作る際に必要となる、レーシー編みについて解説します。丹念に編み上げていく技法は、手仕事の楽しさを感じられ、ハンドメイド好きにとても人気があります。マスターして色んな作品にチャレンジしてみましょう!
新着レシピ
身頃にはお洒落なボタニカル柄の絽を、袖にはマーブル模様のちりめんを使用。体型カバーにも一役買うゆったりデザイン。さらりとした着心地で快適に過ごせますよ。
54views トップス
今さら聞けない!?キレイに仕立てるための基礎情報!ここではエレメント(務歯)が隠れるオープンファスナーのつけ方をご紹介します。種類によってエレメントやテープの幅が違いますので事前に確認してください。(見返しが無い場合の縫い方を紹介します)
最近よく耳にするサスティナブルを、ハンドメイドにも取り入れてみましょう!お気に入りの布で作るこちらのカバーは、トイレットペーパーホルダーの上ぶたにセットするだけで温かみが加わります♪素材は洗える綿が向いています。
291views 布小物
バラ園のプロが教える「本当に必要なバラの栽培テクニック」を、写真付きで分かりやすく解説します。美しいバラを育てるためには、いくつかのポイントがあります。病気にならずに健康的に育てて、見事な花を咲かせ、バラのある暮らしをぜひ楽しみましょう!
157views 園芸
ベージュ×モカベージュのリバーシブル生地を切り替えで効果的に使って、お洒落に仕上げたジャケットです。打ち合いが少し斜めになったアシンメトリーデザインで、袖はドロップショルダーなので、肩まわりがゆったりとしていて楽な着心地です♪

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!