MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
ビーズの縁取りがおしゃれな「カエルのフェルトマスコット」作り方

ビーズの縁取りがおしゃれな「カエルのフェルトマスコット」作り方

明るい色使いとビーズの縁どりでインパクトのあるデザインが素敵な、カエルのフェルトマスコットの作り方を紹介しています。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

お金が"返る"縁起物として定番のカエル。また無事に"帰る"として旅人のお守りでもあります。

必要な材料

図案・型紙(無料ダウンロードあり)

型紙のダウンロードはこちらから

下記をクリックすると、型紙(PDF形式)が表示されますので、ダウンロード後に、ご自宅のプリンターなどで印刷して使用してください。

ATTENTION!
●A4サイズで、横で、倍率100%で印刷してください。
●型紙の無断転載や再配布、販売はご遠慮ください。
●型紙によるいかなるトラブルが発生しても弊社は一切責任を負わないものとします。

作り方

★各ステッチの刺し方は、下記より別ページにて確認してください。

1.土台にボディ、目をつける
2.ボディを作る
3.足と目をつける
4.足をつける

5.土台を2枚合わせて縫い、わたを入れる

フェルトのマスコットのレシピをもっと見たい方におすすめ!

「和のフェルトマスコット」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのフェルトのマスコットのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
ハギレを組み合わせて出来上がる作品の中から、ミニチュアサイズがとっても可愛いストラップのレシピを紹介します!レトロな袴スタイルがおしゃれ!バッグやお財布、キーホルダーにちょこんとつけてお使いください。バックスタイルも本物みたいですよ!
586views 布小物
更新: 2021-02-28 12:00:00
お気に入りのジーンズを使ってリメイク!ヒップポケットを生かして作るポーチ(ペンケース)のレシピをご紹介します。使用するジーンズ次第で表情も様々に♪ペンだけではなく、充電コードやWi-Fiルーター入れにもちょうど良い大きさで、使い勝手抜群!
657views 布小物
更新: 2021-02-23 12:00:00
通勤通学をはじめ、外出時のバッグに入れておきたい小物の中から、ポリエステルとナイロン地で作る傘入れのレシピをご紹介します!日傘用なら麻や綿の余り布が向いていますよ。入れ口をキュッと絞れるタイプです。
496views 布小物
更新: 2021-02-11 12:00:00
美しさに惹かれてついつい買ってしまう着物地などの古布やハギレ!ここでは3種類のハギレ布地を使ったティッシュケースの作り方レシピをご紹介します。フタを開けると後ろ側はポケットになっていて、絆創膏やハンカチが入れられるのも便利ですよ。
1009views 布小物
更新: 2021-02-08 12:00:00
役立つアイテムを手作りしよう!日常よく使うカード類や、キルトのイベントなどで使用することがあるチケットを入れられる、首から下げて使うケースの作り方をご紹介します。はぎれや布の耳を活かせる作品です。プレスキルトで簡単に作ることができます。
1613views 布小物
更新: 2021-01-27 13:36:28
新着レシピ
浴衣地のはぎれを組み合わせ、デニム地とコラボしたクラッチバッグのレシピです。夏の和装、カジュアルなパンツルックにぴったり!大柄の浴衣地を裏布に使い、ふたを開けたときもおしゃれなデザインに。肩ひもを付ければショルダーバッグとしても使えます。
更新: 2021-03-02 12:00:00
新発想!縦・横・仰向けの3パターンで行うユニークな培養土の袋栽培について、雑誌の読者さんから届いた成功事例とともに、ご紹介します。いずれも春から始められるものです。みなさんの菜園でも試してみませんか!
122views 野菜
更新: 2021-03-01 12:00:00
ハギレを組み合わせて出来上がる作品の中から、ミニチュアサイズがとっても可愛いストラップのレシピを紹介します!レトロな袴スタイルがおしゃれ!バッグやお財布、キーホルダーにちょこんとつけてお使いください。バックスタイルも本物みたいですよ!
586views 布小物
更新: 2021-02-28 12:00:00
作成中も、使っている時もワクワクが止まらない素敵な作品がこちら!「使うのがもったいなくて飾っておきたくなるような、かわいいバッグを作りたかったのです。何回もチューリップの試作をして、やっと出来上がりました。大満足のバッグです。(作者)」
更新: 2021-02-27 12:00:00
冬は堆肥づくりに最適の時期です。ただ、堆肥づくりには体力がいりますし、手間もかかります。混ぜる、切り返す、木枠をつくり直すといった大変な作業を省きつつもおいしい野菜が採れる、良質な堆肥に仕上がる方法をベテラン菜園家の田中寿恭さんに教えてもらいました。
301views 野菜
更新: 2021-02-26 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル