MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
切り絵・切り紙の基礎「保管方法・材料のポイントについて」

切り絵・切り紙の基礎「保管方法・材料のポイントについて」

切り紙をするときに知っておきたい基本的な情報の中から、作品の保存や飾る方法、必須増具のポンチの詳細、折り紙の色などについて、丁寧に解説しています。

perm_media 《画像ギャラリー》切り絵・切り紙の基礎「保管方法・材料のポイントについて」の画像をチェック! navigate_next

保存の方法と飾り方

切り紙を切り終わったら、作品をキレイに保管して眺めて楽しみましょう。

■クリアファイル&アルバム
切り終わった作品のコレクション用に。切った順番で保管しても、作品のジャンルごとに保管してもOK。

■クリアフォルダ&ケース
作品を単体で保管したい場合に。折れやすいクリアフォルダの場合は、固い厚紙やボール紙を作品の裏に入れても良いでしょう。
ある程度固さが出たら、イーゼルなどに立てかけても素敵。

■パウチ(ラミネートフィルム加工)
専用のラミネート機を使用します(アイロンでも代用可能)。最近は熱不要タイプの手貼りフィルムも売られていて、手軽に作成することが可能。ホームセンターや文具店で購入しましょう。

<パウチの方法>
01 フィルムに作品をはさみます。作品を細かく切り分ける場合は、1つのファイルに入るだけ入れると経済的。

02 使用方法のとおりにパウチしたら、作品をひとまわり大きめにハサミで切り離していきます。

■フォトフレーム
小さめな作品なら、すっきりと収めることができます。お気に入りの作品を入れて飾ってみましょう。

ポンチについて

目や細部を開けるために必要なポンチ。最初から本格的な高いものを買う必要はないので、まずはリーズナブルなものや代用品を使って始めてみましょう。

「小さくて、かわいいシールも活用しよう!」

これから購入する場合は、まずは100円均一ショップへ!

ポンチは大型のホームセンター・文具店などで購入することができます。ただ、最初は手軽に楽しんでみたいという方は、ぜひ一度100円均一ショップをのぞいてみてください。
大きい100円均一ショップなら、さまざまなサイズのポンチをそろえています。手芸や工具のコーナーに置いているケースも多いので探してみましょう。

100円のポンチでも(使い方のコツに慣れれば!)十分、穴を開けることが可能です。もし100円のポンチで上手に穴が開けられなかった場合は、
・座らずに、立ちながら開けてみる (垂直の力が強くかかるため)。
・ポンチを回しながら開けてみる。
・他の人に使ってみてもらう (人によってはすんなり開けられる
こともあります。その人にコツを聞いてみましょう)。
などして、購入したポンチの特性をつかんでください。

代用品を使ってみてもOK!

もしポンチがないという場合でも、切り紙は十分に楽しめます。小さな穴のデザインがある図案を見て、「私はポンチを持っていないから、この作品は作れない」と諦めるのはもったいないこと。

そんな場合は、
・カッターとエチケットバサミを使って開けてみる。
・小さな穴のデザインは無理に開けず、切り紙をひらいてから、ボールペンなどで丸く描き足す。または丸いシールや、丸く切った紙を貼ってみる。
・目打ち(ドライバーのキリ)の刺し通し具合で、穴の大きさを変えてみる。
・とても小さな穴にはコンパスの針を使う。
など、違う方法を試してみましょう。

折り紙の色柄について

紹介しているレシピでは、作品の折り紙の色を指定している場合が多いですが、もちろん、自分のお気に入り色で作ってもOKです。

ディズニー切り紙には、無地の折り紙がおすすめ!

ディズニーキャラクターのシルエットは、シンプルなようでとても複雑。それでいて、曲線的なラインの美しいこと! これらのシルエットをくっきりと強調させるためにも、切り紙にするときは、模様の入った折り紙ではなく無地の折り紙(一般的な普通の折り紙)を使うことをおすすめします。

そしてどの場所に貼るにしても、飾るときはほんの少しだけ色選びに気を遣ってみましょう。元気を出したいときは鮮やかなカラー、落ち着いた雰囲気にしたいときは淡いパステルカラー、といった具合です。季節のカラーを選べば、それだけでおしゃれなインテリアになるでしょう。

リビング、寝室、子ども部屋など、気軽にあちこちに貼って、切り紙をいっそう楽しんでくださいね。

切り紙・切り絵作品のレシピ

基礎を理解したら、さっそく作品作りに取り掛かりましょう!
ぬくもりで紹介しているレシピは、下のボタンをクリックしてチェック!

友だち追加
この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
折り紙手芸を始める前に知っておきたい、基本情報をご紹介します。たくさんのパーツを正確につなぎ合わせるためには、1つ1つを丁寧に折ることが大切です。指先を使うことで脳が活性化されるので、楽しみながら脳トレができますよ!
更新: 2021-05-07 11:50:00
手軽に折り紙で作れる小物たち!その場でさっと折れたらステキですよね!紙の選び方やちょっとしたコツだけでより良く作れるようになります!ここでは、絶対に知っておきたい基本的な情報をご紹介しますので、作品に取り掛かる前に、一度読んでみてくださいね。
更新: 2020-07-11 12:00:00
基本の花の形をたくさん組み合わせて作る、折り紙の「くすだま」。華やかな演出をしたいときにぴったりです。ここではその基本となる折り方を、ご紹介します!基礎さえ分かればどんな作品にも活かせるので、まずは一度やってみてください。
更新: 2020-03-12 11:59:00
折り紙を使って大きな「壁面飾り」を作る際に必要な、基本的な情報をご紹介します。素材となる「折り紙」のサイズや基本的な技法、そして壁面に貼る際のコツを掴んでから、作品作りに取り掛かりましょう!
更新: 2020-02-20 11:50:00
切り紙を作る際の、基本の折り方を紹介します。下の角度表を使用すれば、難しい角度もきちんと折ることができるので、活用しましょう。
更新: 2020-01-17 09:27:27
最新記事
遊び心たっぷりな吹き出しモチーフのスタイのレシピ!赤ちゃんにつけると、まるでお話しをしているみたいに見えて、とってもキュートです♪文字はチェーンステッチで刺しゅうしています。お気に入りの言葉にアレンジしてもいいですね!
更新: 2021-05-18 12:00:00
英語で「Edible=食べられる)」と「Flower=花」と書く、食用のお花を育ててみましょう!おしゃれで可愛いエディブルフラワーは、食卓を華やかに彩ってくれます。口に入れる物なので、農薬を使わずに育てるのがポイントです。
102views 園芸
更新: 2021-05-17 12:00:00
「がま口」というとお財布のイメージがありますが、デジカメ入れとしてもちょうど良いんです!ここでは、水玉のプリント地で、便利なストラップ付きのレシピをご紹介します。カメラを守るために、キルト芯を挟んでしっかりとした仕上げになっています♪
288views 布小物
更新: 2021-05-16 12:00:00
袋布(ふくろぬの)は、切りポケット(表地に切り込みを入れて作ったポケット)などで内側に付けられた、袋状の布のことをいいます。厚すぎないしっかりとした布地で作られることが多いです。ここでは、作り方について。画像付きで解説していきます。
更新: 2021-05-16 11:50:00
動きやすくてキュートな、ショートパンツ型のブルマ!ここでは、リボン柄のニット地が大人っぽく、脇のリボンがかわいい、およばれのシーンにもぴったりな作品のレシピをご紹介します。出産祝いのプレゼントにも良いですね!
更新: 2021-05-15 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル