MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
美味しい「基本の梅シロップ」作り方

美味しい「基本の梅シロップ」作り方

青梅と氷砂糖、酢だけを瓶に入れ、朝夕2回ほど瓶を回していると、じわ~っと梅のエキスが染み出してきます。ノンアルコールなので、家族みんなで楽しむことができます。

perm_media 《画像ギャラリー》美味しい「基本の梅シロップ」作り方の画像をチェック! navigate_next

梅シロップ作りのスケジュール

6月はじめごろ (青梅が出回るころ): 下ごしらえをして漬ける

2週間後:飲み始めることができる

1か月後: 梅の実を取り出し、完成 (保存期間:冷蔵6か月)

材料

①青梅 1kg: みずみずしい濃い緑色で、傷がなく、実がかたいものを選ぶ。買ってきたらすぐに漬ける。
②氷砂糖 1kg: 精製度が高いため、梅の香りや味を邪魔しないすっきりとした甘さが楽しめる。好みでコクを出したい場合は、三温糖や黒砂糖などを使ってもよい。
③米酢 100ml: 梅と砂糖が早くなじみ、発酵防止のために加える。好みでりんご酢などでもよい。

道具

①梅シロップ用容器…容量3L(高さ26㎝ほど): 梅1kgを漬ける場合は、容量3Lのものが適している。容器はプラスチック製などもあるが、取っ手がついていて中身が見やすいものがよい。
②ボウル: 梅を洗ったりするのに使用。口径21㎝のものが1つあるとよい。
③盆ざる: 洗った梅の水をきるときに使う。直径30㎝のもの1つ、なければボウルと同サイズのざるを用意する。
④ふきん、竹串:ふきんは消毒済みの清潔なものを用意する。竹串は梅のヘタを取るのに使う。

・その他の道具:はかり/菜箸/使い捨て手袋/ アルコール消毒用スプレー

作り方

01 水で洗う

表面に変色のあるもの、傷があるものは取り除く。大きいボウルに水をため、梅を入れ軽く混ぜながら2~3回水を替えて洗う。30分~1時間水につけてアクをぬく。

02 ヘタを取る

皮を傷つけないように竹串の先端でヘタを除く。

03 容器に入れる

消毒した容器に梅を平らに一段入れたら、氷砂糖をひとつかみ散らしながら入れる。これを梅をすべてが入るまで繰り返す。

04 酢を加えて容器を回す

酢を回し入れてふたをする。冷暗所で保存し、1日2回ほど容器を回して氷砂糖を溶かす。

05 1週間後

かなりエキスが出てきているが、まだ砂糖が溶けきっていない。1日1~2回容器を回す。

06 2週間後

まだ少し砂糖が残っている状態だが、飲み始めることはできる。引き続き、1日1~2回容器を回す。

07 1か月後

すっかり砂糖が溶け、梅のエキスも出きった状態。

08 実を取り除く

梅の実を網じゃくしなどで取り除く。実はエキスが出て食べられる部分がほとんどないので処分する。

09 完成

じょうごで、保存しやすい瓶(ペットボトルなどでもよい)に移し、冷蔵庫で保存する。半年以内に飲みきる。

梅干しや梅酒のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「梅しごとを楽しむ 梅干しと梅酒」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの梅干しや梅酒の作り方をわかりやすく丁寧に紹介しております。

まだある!梅酒や梅干しの作り方に関する記事

ぬくもりでは、梅酒や梅干しの手作りレシピや基礎情報など分かりやすくご紹介しています!
詳細は下記ボタンをクリックしてご覧ください!

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
ラッカセイの育て方を解説します。タネまきから油断せずカラス対策をして育ていていくのがポイント。自分で育てないとなかなか食べる機会がない「生の落花生」を味わえるのも、家庭菜園の醍醐味です。収穫後の美味しい食べ方もご紹介します。
93views 園芸レシピ
更新: 2021-07-27 12:00:00
ごまは栄養素がたっぷりで、人気の食材の1つです。自分で育てるからこそ味わえる香ばしさもあります。ここでは、タネのまき方、メンテナンス、収穫、そしてゴマには欠かせないごみ取り作業について丁寧に解説していきます。
178views 園芸レシピ
更新: 2021-07-16 12:00:00
家庭菜園好きに知ってほしい、野菜づくりがもっと上手に、もっと楽しくなるアイテムをご紹介します。こちらでは夏野菜の保温育苗や、葉物野菜の防虫に便利な「プランターキャップ」について詳しく解説していきます。
133views 園芸レシピ
更新: 2021-07-13 12:00:00
生でも炒めても茹でても美味しい!あらゆる料理に重宝するキャベツを、家庭で育ててみましょう!ここでは、必ず知っておきたい基本的な情報や、育てる過程を1つずつ写真付きで解説していきます。
259views 園芸レシピ
更新: 2021-07-07 12:00:00
サラダはもちろん、前菜からお肉・お魚などのメインディッシュの脇役としてもよく目にするベビーリーフ。小さなスペースで栽培できる赤ちゃんの葉っぱのため、園芸愛好家からもとても人気のある野菜の1つです。ここではその特徴や育て方のコツを解説します。
283views 園芸レシピ
更新: 2021-07-02 12:00:00
最新記事
日常の様々なシーンで使えるハンドメイドのワークウェアをご紹介します。ここでは、腕を汚れから守ってくれる「アームカバー」のレシピをピックアップ!エプロンやかっぽう着と一緒に使うと、お手軽に七分袖みたいに着られます♪
更新: 2021-07-28 12:00:00
ラッカセイの育て方を解説します。タネまきから油断せずカラス対策をして育ていていくのがポイント。自分で育てないとなかなか食べる機会がない「生の落花生」を味わえるのも、家庭菜園の醍醐味です。収穫後の美味しい食べ方もご紹介します。
93views 園芸レシピ
更新: 2021-07-27 12:00:00
子供も大人も夢中になれるアイロンビーズは、かわいいハートやお花のキーホルダーやコースターが人気の作品!さらに立体的なキャラクターや車のビーズアートも作れます。ここでは基本の道具や簡単な作品を図案付きで紹介しています。
更新: 2021-07-26 15:36:32
夏の必需品、帽子!男の子にも女の子にもオススメしたいワークキャップのレシピをご紹介します。後ろはマジックテープ®でサイズ調整ができるのも便利。ひよけ布は取り外しもできるので、気温に合わせて使いましょう。
更新: 2021-07-26 12:00:00
江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北の代表作「富嶽三十六景」で脳活性をしましょう!ここでは「隅田川関屋の里」を点つなぎします。細かな数字をたよりに図柄を完成させていくには集中力が必要です。どんな作品が出来上がるのかというワクワク感も楽しめますよ。
144views ホビー
更新: 2021-07-25 12:00:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル