MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
ソーイング(お裁縫)の基礎「フェイクファー・ボアの扱い方」について

ソーイング(お裁縫)の基礎「フェイクファー・ボアの扱い方」について

お裁縫のときに役立つ情報のなかから、ここではちょっと難しそうに感じるフェイクファー・ボアの縫い方について解説します。扱い方のポイントをつかめば意外と簡単に縫うことができますので、ぜひ挑戦してみて下さい。

必要なソーインググッズ

*ニット地用ミシン

土台の布が伸縮性のある素材が多いため、糸が伸びるニット地用ミシン糸を使用します。

*しつけ糸

ミシン縫いの縫いずれを防ぐために、仮に縫い止めるための糸です。

*セル待針〈厚地用〉

普通のまち針より針が太く・長く、毛が長くてもきちんととまります。頭の部分が大きいので、毛に埋まらず便利です。

*仮止めクリップ

まち針の代わりに布をはさんで押さえます。布が重なって厚くなってしまう時に便利です。

*ボールポイント目打

先端が丸くなっているので、布を傷つけない目打ちです。

*ニット用ミシン針

先端が丸くなった針なので、毛に引っかかりにくく、縫いやすい針です。

*テフロン押さえ

滑りが良い押さえです。ミシン縫いが進みにくい素材にピッタリです。

地直しとアイロン

地直しは基本的にしなくて大丈夫です。どうしてもアイロンをかける時には、熱に弱い素材なので、当て布をして毛がつぶれないように浮かせぎみにして、布のうらからかけます。

型紙の置き方

型紙のわのパーツは開いた状態で紙に写し、わではないパーツは左右の型紙を作り、縫い代をつけた状態で布のうらに1枚ずつ置きます。その時に毛並みの方向に気をつけて置きます。

布の切り方

布を軽く持ち上げながら毛を切らないように、土台の布のみを、はさみの先で少しずつ切ります。

印のつけ方

厚紙を下敷きにして、布と型紙の間に片面チャコピーをはさみ、ソフトルレットでできあがり線の印をつけます。

縫い方

1.布をおもてどうしに合わせ、目打ちで毛を中に入れ込みます。

2.しつけ糸を使い、できあがり線より0.1~0.2cm縫い代側を仮縫いします。

3.ミシンでできあがり線を縫います。

4.仮縫いのしつけ糸をとります。

5.おもてに返し、縫い目に入り込んだ毛を目打ちで引き出します。

★おもてから縫う時は、目打ちで毛をよけながら縫います。

ソーイング作品のレシピ

基礎テクニックを理解したら、さっそく作品作りに取り掛かりましょう!
ぬくもりで紹介しているレシピは、下のボタンをクリックしてチェック!

関連記事
お裁縫のときに役立つ情報をご紹介!こちらでは作り始める前に必要な糸の選ぶ方法について分かりやすく説明します。糸巻きに巻かれた状態と1本の糸では色の濃さが違って見えます。糸の色を選ぶときはカラーサンプル帳を使うと布にぴったりな色を選びやすくなります。
知っていると便利な、お裁縫に関わる必須の基本情報の中から、「ギャザーの寄せ方」、「まち針の止め方」、意外と難しい「玉結び」と「玉止め」のやり方を、図解でご紹介します。マスターしたらさっそく作品づくりに取り掛かりましょう!
お裁縫のときに役立つ情報をご紹介!こちらでは帆布をはじめとする色んな種類の「布」の特徴についてと、Dカンやナスカンなどの仕上がりに欠かせない「付属品」について、画像付きで丁寧に説明しています。
ここでは、お裁縫に必要な基本的な情報をまとめました。布と糸と針を用意するだけで手軽にできるので、年代を問わずに人気のあるハンドメイドの代表ともいえる存在ですよね。基礎を学んだら、さっそく作品作りに取り掛かってくださいね!
がま口を使ったポーチやバッグを作る前に知っておきたい、がまぐち口金のつけ方と付けやすくなるコツを、画像付きの手順で、分かりやすくご紹介します!「角型がまぐち口金」のつけ方も説明しています。
新着レシピ
裾に向かってエレガントに広がる、パイナップル模様のプルオーバー。一枚着るだけで絵になる美しさが魅力です。さり気ないラメの輝きが魅力の糸を使用。着る人を優美な表情に見せてくれます。シンプルなパンツとのコーディネートがGoodですよ!
家庭で野菜を育てたいなら、水と液体肥料で育てる水耕栽培がおすすめ!ここでは基本情報を解説します。土と同じような生育環境を、容器、ふた、エアーポンプを使って整えます。室内で育てれば、汚れや虫が少なく、野菜の美しさを鑑賞しながら栽培できますよ。
310views 野菜
幅広のファスナーマチが付いたスクエア型は、コスメポーチにぴったり。底と側面を一枚続きにしてマチと縫い合わせます。茶色とブルーの配色がおしゃれですね。
美しいドイリーは見ているだけで心が澄んできます。ここでは三角形のモチーフ特有の形を活かしたコースターの作り方をご紹介します。別レシピで紹介しているドイリーと合わせて、テーブルを華やかにコーディネートできますよ。
燦々と太陽の光を浴びる向日葵は、ぱっと周りを明るくします!花びらの黄色の濃淡と大きな緑の葉のコントラストが、まぶしい夏を象徴している作品です。ブーケとしても置き飾りとしても楽しめます。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!