MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
エコクラフト「北欧風お道具箱」の作り方

エコクラフト「北欧風お道具箱」の作り方

ふたと縁周りに色を効かせた、北欧風のお道具箱。本体からふたまでを続けて編むので、ふたが本体のサイズに合わないということもなく、はじめてさんでも作りやすいデザインです。くるくる巻きのボタンとループでふたはしっかりと留められますよ!

必要な材料

【材料】

*ハマナカ エコクラフト
・30m巻:A=チョコレート(115)1巻、B=サンド(113)1巻
・5m巻:A=グレー(20)1巻、B=茜色(26)1巻
*用具 別ページ「エコクラフト(R)作り始める前に、ここをチェック!」を参照
*でき上がり寸法 :ふた28cm×21cm×8cm(作り方の最終写真参照)

【エコクラフトのカット本数】

①横ひも Aチョコレート Bサンド/12本どり 49cm×7本
②横ひも Aチョコレート Bサンド/12本どり 25cm×6本
③縦ひも Aチョコレート Bサンド/12本どり 67cm×9本
④始末ひも Aチョコレート Bサンド/12本どり 19cm×2本
⑤編みひも Aチョコレート Bサンド/12本どり 94cm×5本
⑥内縁ひも Aチョコレート Bサンド/12本どり 92cm×1本
⑦外縁ひも Aチョコレート Bサンド/12本どり 94cm×1本
⑧ステッチひも Aチョコレート Bサンド/2本どり 180cm×2本
⑨ふた横ひも  Aチョコレート Bサンド/12本どり 25cm×1本
⑩ふた横ひも Aチョコレート Bサンド/12本どり 45cm×12本
⑪補強縦ひも Aチョコレート Bサンド/12本どり 19.5cm×2本
⑫補強横ひも Aチョコレート Bサンド/12本どり 25cm×1本
⑬ふた側面ひも Aチョコレート Bサンド/12本どり 76cm×3本
⑭ふた縁ひも Aグレー B茜色 /12本どり 120cm×1本
⑮ふた縁ひも Aチョコレート Bサンド/ 6本どり 120cm×1本
⑯留め具ひも Aグレー B茜色/12本どり 20cm×1本
⑰ループひも Aグレー B茜色/2本どり 20cm×1本
⑱ひも止め Aグレー B茜色/12本どり 7cm×1本
⑲模様ひも Aグレー B茜色/12本どり 25cm×2本
⑳模様ひも Aグレー B茜色/12本どり 19cm×2本
㉑模様ひも Aグレー B茜色/12本どり 7cm×6本

エコクラフトの裁ち方図

作り方

★始める前に
やり方の基礎をチェックしてみましょう。初心者の方にも分かりやすく丁寧に解説しています。
『クラフトバンド(エコクラフトR)の基礎テクニックとコツ』はこちらから

★わかりやすくするために色を変えています。

1.④始末ひも1本の端から1.5cmあけて、②横ひもの端をボンドで固定します。

2.1であけた始末ひもに、①横ひもを②ひもと中央を合わせて貼ります。

3.さらに2の下側へ、①・②ひもを1本ずつ交互に中央を合わせて、④ひもにボンドで固定します。④ひもの余分はカットします。さらに裏に返して④ひもを②ひものひも端に重ねて貼ります。

4.表に返して、③縦ひも2本を写真のように下側の長さを揃えて、②ひもの左右に重ねてボンドで貼ります。

5.③縦ひも2本を重ねて、横ひもへ互い違いに差し込みます。

6.差し込んだひもは、1本ずつ左右に分けて下側を揃えます。

7.③ひも2本ずつを重ねて、5・6の要領で横ひもへ互い違いに差し込み、残りの1本を中央へ差し込み、等間隔に並べます。

8.裏に返して、底周りのひもは、全て内側へ折り曲げます。

9.内側へ折り曲げたひもは、直角に立ち上げます。

10.⑤編みひものひも先をふた側の左から4本めの内側に合わせて、立ち上げた縦ひもへ互い違いに編んでいきます。

11.編み終わりのひも端は縦ひもの内側の隠れる位置で、ボンドで輪につなぎます。

12.残りの⑤ひも4本は、11で重ねたのり代と同じ長さで輪にします。

13.輪にした⑤ひもで、側面を互い違いに5段まで編みます。

14.ふた側の縦ひもを残して、余った縦ひもは側面の5段めが巻き込める方へ、内側と外側へ折り曲げます。

15.折り曲げたひもは、編み目に差し込みますが、差し込む前に、差し込んだひも先が編み目に隠れる位置でカットします。

16.ふた側の縦ひもを残して、縦ひもを2段下の編み目から差し込みます。

17.⑧ステッチひも2本の先にボンドをつけて、側面5段めの中央の内側に止めます。さらに⑥内側ひもと⑦外側ひもを5段めの内・外側に沿わせて、洗濯バサミで押さえます。

18.⑧ひも1本は休め、1本で⑥・⑦ひもを押さえるように、縦ひもの間に1周巻きつけていきます。

19.1周巻きつけたら、ひもを休めておきます。

20.18で休めた⑧ひもで、1本めにクロスさせて1周巻きつけます。

21.ステッチひも2本の巻き終わりは、内側で交差させます。

22.交差させたひもをボンドで固定し、内縁ひもの間に上下から通し、ボンドで固定し、余分をカットします。さらに内縁ひもの先もボンドで固定します。

23.本体にステッチができたところです。

24.⑨ふた横ひもを写真のように残した縦ひもに互い違いに編み入れ、洗濯バサミで左右を仮止めます。

25.⑩ふた横ひも12本を互い違いに編み入れて、中央を合わせます。

26.ここで、⑫補強横ひもを最終段に重ねて、洗濯バサミで仮止めし、両端の縦ひもの幅を⑫ひもを合わせてふたの幅を決めます。

27.左右の縦ひもが巻き込める横ひものみ、内側へ折り曲げて幅をキープします。さらに、⑫ひもをはずします。次に、⑪補強縦ひも2本にボンドをつけ、左右の縦ひもの内側に重ねて貼りつけます。

28.⑫補強横ひもにボンドをつけ、横ひもに重ねて貼ります。

29.余ったひも端は、編み目の際から直角に立ち上げます。

30.⑬ふた側面ひも3本の中央に印をつけます。コの字型に、1段めは前側中央の外側から左右へ互い違いに編み入れ、2・3段めはやや編み広げて互い違いに編み入れます。

31.余った縦ひもは、編み目が浮かないように、3段めの編みひもが巻き込める方へ、すべて内側と外側へ折り曲げます。

32.すべての縦ひもを内側と外側へ折り曲げたところです。

33.折り曲げたひもは、本体側の両端3本ずつを残して、3段めにボンドで固定し、さらに、際に沿って余分をカットします。

34.青●位置で重なる縦・横ひもをボンドで固定します。

35.Bは内側へ折り返して、編み目に差し込んでボンドで固定し、余分は編み目の際でカットします。Aは縦ひもの際に揃えてカットします。

36.残した縦ひも3本を編み目の際でカットします。本体側のふたの始末ができたところです。

37.ふたの逆側も34~36の要領で、本体側のふたの始末をします。

38.⑭ふた縁ひもにボンドをつけながら、ふた縁に重ねて内側の☆位置から貼り始め、続けて本体側で折り返して外側へ貼っていきます。

39.ふたの縁周りに1周貼りつけ、ひも端は貼り始めの☆位置で突き合わせて、余分はカットします。

40.⑮ふた縁ひもにボンドをつけながら、⑭ひもの中央に重ねて1周貼りつけ、ひも端は内側の★位置で突き合わせて、余分はカットします。

41.⑯留め具ひもの先にボンドをつけて、くるくる巻いて留め具を作ります。巻き残したひも先にボンドをつけて、本体の1段めに差し込みます。

42.⑰ループひもを半分に折り、ふたの前側中央の内側へ差し込み、ひも先を折り返してボンドで固定します。さらに、⑱ひも止めにボンドをつけて、左右の編み目にひも先を差し込みます。

43.ふたに模様を作ります。模様ひもの⑳2本と丸21 4本にボンドをつけて、写真のように編み目に差し込みます。

44.⑲模様ひもを1本ずつ差し込んで止めます。

45.残りの丸21 ひもを1本ずつ差し込んで止めます。模様のでき上がりです。

46.でき上がりです。※縦・横の長さはふたの寸法です。

紙バンドの手作り雑貨レシピをもっと見たい方におすすめ!

「はじめてでも作れる みんなの紙バンド雑貨 」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの紙バンドの手作り雑貨レシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連記事
お部屋を明るく演出してくれる吊るし飾りを、身近な材料のフェルトで作りましょう!ここでは、梅雨をイメージしたモチーフがゆらゆら揺れる「モビール」のレシピをご紹介します!動くたびにキラキラと光るビーズやスパンコールが、とってもきれいですよ♪
四角に編み上げずに、片方の側面を斜めにすることで棚のようにアレンジした、ちっちゃな壁掛けかごです。吊り手には、藍染めの裂き布を巻きつけたおしゃれなデザインです。同じものを並べることで、ディスプレイが楽しくなります。おかき入れとして使っても素敵!
ひとつあれば、お部屋を素敵に演出してくれるフェルトの飾り物!身近で扱いやすいフェルトを材料に作ってみましょう。ここでは男の子の成長をお祝いする、こいのぼりのお飾りの作り方をご紹介します!柏餅や菖蒲、風車を加えて彩り良く配置しましょう。
布を使用して作る、四角い本体の四隅をつまんで縫ったトレイです。アクセサリーや鍵など、よく使うものを入れて。使い勝手が良い2種類の大きさなので、いくつあってもいいですね♪
底と側面に飾ったタッセルがアクセントになったハンギングプランター。ジグザグとしたボーダー柄に合わせた縁のデザインがスタイリッシュ!季節を問わず人気のデザインです♪
新着レシピ
雰囲気のある和布地で作るリュックのレシピをご紹介します。小さめサイズでやや下めでかけるデザイン。両手があくので、出先でのスマホ操作もラクちん!リュックのひも先は、三角タブ利用の結びどめになっていておしゃれですよ♪
人気講師の山本めぐみさんが提案する、紙ニットのレーシーバッグ。だ円形のバッグ底を活かして、マクラメ編みで編み上げます。内袋を外して、小物をポーチにまとめて入れ、スケルトンバッグとして使うのも楽しい使い方ですね。
棒針編みが初めての方にもおすすめのレシピ!かのこ編みは、表目と裏目を交互に、また、前段と互い違いになるように編むので、ぽこぽことした独特の編み地になります。履き口を1目ゴム編みにしているので脚にフィットします。くしゅくしゅたるませて履いて♪
Floraは、ローマ神話に登場する、古代ローマの花と豊穣と春の女神のことです。そのイメージをデザインしたのがこちらのパターンです。色んなパターンと組み合わせやすいシンプルでさがありながらも、花の可愛らしさが備わっています。
小さなスペースでもたっぷりと収穫できる野菜作りをしてみませんか?ここで1坪さえあればチャレンジできる野菜作りについて基本的な情報をお届けします。どの野菜でも土づくり~種まき、多くの管理作業は共通しているので、これさえ押さえれば怖いものなし!
221views 野菜

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!