MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
プランターで作る「ミニトマト」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

プランターで作る「ミニトマト」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

かわいらしい赤や黄色のカラフルな実が楽しめるミニトマトは、家庭菜園の中ではトップクラスを誇る人気野菜です。育てやすいのですが、知っておくべき注意点もあります。ここでは基本の土掘りから種まき、間引きや方法など、基礎を丁寧に解説していきます!

perm_media 《画像ギャラリー》プランターで作る「ミニトマト」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

ミニトマトとは?(特徴)

実が鈴なり上にたくさんできる育てやすいトマトです。トマトをプランターで育てるのは難しいのですが、ミニトマトなら手入れも簡単でタネから作ることができます。

【プランターで作るために用意するもの】
・標準プランターまたは深さ15cm以上の容器
・ジョウロ
・ハサミ
・支柱(長さ1m×6本)
・ひも
・用土20リットル
・ミニトマトのタネ

種まきと収穫に適した時期

■種まき:4~5月頃 ■収穫:7~8月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

育て方

1. ミニトマトのタネ

発芽に適する温度が20~30℃と高いので、4~5月にタネをまきます。

2. 穴掘り

平らにならした用土にたっぷり水をかけて湿らせてから、指で3か所穴を掘ります。穴の深さは5mm、穴と穴との間隔は20cm程度にします。

3. タネまき

1箇所にタネを3粒ずつまきます。これを点まきといいます。ミニトマトのタネは発芽が悪いので、何粒かまいて生育のよい苗を育てていきます。

4. 土かけ・水やり

穴を掘った時の土をつまむようにして薄く土をかぶせ、水をやさしくかけます。

5. 発芽

タネまき後3~4日で発芽します。最初に出る葉を子葉といいます。発芽したら、また水やりをはじめます。

6. 本葉

しばらくすると、ギザギザの形の葉が出てきます。これを本葉といいます。

7. 発芽後の手入れ

1箇所に複数の芽が出てきます。日当たりのよい場所で育て、土の表面が乾いたら、たっぷり水をやりましょう。

8. 育苗

1箇所に3~3株育っています。本葉が5~6枚になるまで育てます。

9. 良い苗と悪い苗

葉を持ち上げてみて、どの苗がよいかを見分けます。子葉が残っていて、節と節の間(節間)が短いのがよい苗です。

10. 間引き

よい苗を残して、悪い苗は根元で切ります。これを間引きといいます。間引くとき根から引き抜くと、残す苗の根が傷んでしますので、ハサミで切るようにします。

11. 間引き後

3箇所ともマギ記して、1箇所1株にします。標準プランターでは3株程度が目安です。

12. 生育

草丈20cmぐらいまでは株がまっすぐにのびていきます。茎が太く、まっすぐにのびているのが良い株です。

13. 開花

草丈が40cmぐらいになると、黄色いかわいい花が咲き始めます。

14. 生育中の手入れ

草丈が40cmくらいになると、株の重さや風で倒れやすくなります。そこで支柱で支えます。長さ1mぐらいの支柱を6本用意します。

15. 支柱立て

根を傷めないように、根から少し離れたところに支柱を立てます。支柱の先がプランターの底につくぐらいにしっかり埋め込みます。

支柱立てのコツ
6本の支柱を使って鳥居の形にします。こうすると株が安定します。支柱と支柱はしっかり結びます。

16. 結束

ひもで茎と支柱を8の字方に結びます。これを結束といいます。茎はいずれ太くなるので、あまりきつく締めないよう注意しましょう。

17. ワキ枝かき

下の方の枝で、横にひょろひょろのびている枝を切ります。これを放っておくと、葉と葉が込み合って実のなりが悪くなります。

18. 結実

開花後20日ぐらいで、実の形ができてきます。これを結実といいます。この時期はまだ緑色をしています。

19. 実(半熟)

開花後40日ぐらいで赤みが増してきます。この時期でも収穫ができますが、酸っぱさが残っています。

20. 実(完熟)

開花後50日ぐらいで鮮やかな赤色になります。

21. 茎の生長

茎は上へどんどんのびていきます。

22. 支柱の補強

枝の先端が支柱を越えてしまったら、また支柱を足して枝がからみやすいようにします。

23. 収穫のコツ

茎の曲がっている部分を折ると、指でかんたんにとれます。

24. 収穫

下の方から、よい色の実を選んで収穫します。収穫した後またどんどん実ができてきます。
収穫してすぐ食べると、とても甘くて美味です。

ミニトマトを使った料理

生で食べることが多いミニトマト。代表的なのはサラダ、ハンバーグなどのメインディッシュの付け合わせです。オリーブオイルと塩で絡めてトーストしたバケットの上にのせるブルスケッタなど、おしゃれな演出もしてくれる野菜です。

加熱料理にもとても向いていて、色んなジャンルの料理に使われています。パスタソースなどの煮込み料理が多いでしょうか。
自分で育てた野菜は格別に美味しいはず!ぜひ獲れたて新鮮なもので、ご馳走を作ってくださいね!

家庭菜園のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「1年中楽しめる家庭菜園 野菜作り百科」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんの野菜作りのレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

この記事のライター
関連するキーワード
関連記事
野菜も土もどんどんよくなる!お酢のすごい効能をご存じですか?家庭で料理に使うお酢をじょうずに畑で利用すると、野菜の活力アップ、土壌環境の改善、病気や害虫の防除といったさまざまな効果が得られます。ここでは分かりやすく解説していきます。
290views 園芸
更新: 2021-05-04 12:00:00
野菜を育てるためには、虫との戦いも避けられません。ここでは、天敵が少なく、害虫被害が出る畑で野菜を守るためによく活用される「防虫トンネル」について、詳しく解説していきます。
242views 園芸
更新: 2021-04-26 12:00:00
1株あると何かと便利なハーブ。独特の香りをもっていて、比較的長く収穫が楽しめます。ここでは代表的なものを五十音順で紹介します。基本的な特徴はもちろん、植えつけ・収穫の時期や、育てるときの注意事項など役立つ情報を簡潔にまとめました!
1083views 園芸
更新: 2020-11-19 12:00:00
コンパクトでかわいらしく、小スペースでも楽しめるのがミニバラの大きな魅力。ただし、病害虫に注意が必要なのは他のバラと同じです。ミニバラを上手に育てるのに必要な、ちょっとしたコツを解説します。
2761views 園芸
更新: 2020-11-02 12:00:00
バラ園のプロが教える「本当に必要なバラの栽培テクニック」を、写真付きで分かりやすく解説します。美しいバラを育てるためには、いくつかのポイントがあります。病気にならずに健康的に育てて、見事な花を咲かせ、バラのある暮らしをぜひ楽しみましょう!
1482views 園芸
更新: 2020-10-24 12:00:00
最新記事
手作りの吊るし飾りで、家の中に季節感を取り入れましょう!夏の楽しみといえばお祭り!ここでは、思わずクスッと笑ってしまうぺんぎんモチーフの風鈴やかき氷、パールと刺しゅうで作る打ち上げ花火などを賑やかに飾った、遊び心のある作品をご紹介します!
更新: 2021-05-10 12:00:00
世界中を旅している様子を塗り絵にした人気本の中から、太鼓橋や松のような和を連想させるすてきな塗り絵作品をご紹介します。素敵な光景に、ミッキーとミニーもとても嬉しそう!細かい箇所も多いので、少しずつゆっくり塗って楽しみたいですね!
更新: 2021-05-09 12:00:00
使い勝手の良いアイデアこもののレシピのなかから、首の後ろ中央部分に作ったポケットに小さな保冷剤が1つ入り涼しくもなる、熱中症対策も兼ねた便利なストールのレシピをご紹介します!暑くなる季節に備えて、早めに準備しておきましょう!
244views 布小物
更新: 2021-05-08 12:00:00
折り紙手芸とは、「三角パーツ」とよばれるパーツをたくさん折って、それをブロックのように組み合わせていくことで形を作り出す手芸のことです。ここでは、こどもが大好きな昆虫のクワガタを折り紙で再現します!躍動感がありとてもかっこいい作品ですよ!
更新: 2021-05-07 12:00:00
折り紙手芸を始める前に知っておきたい、基本情報をご紹介します。たくさんのパーツを正確につなぎ合わせるためには、1つ1つを丁寧に折ることが大切です。指先を使うことで脳が活性化されるので、楽しみながら脳トレができますよ!
更新: 2021-05-07 11:50:00

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル