MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
「ナス」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「ナス」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

焼いてよし、煮てよし、漬けてよしと、便利な野菜の代表!毎日のおかずにとても重宝します。栄養価はあまり高くないのですが、特に油で調理すると甘みがまし、スタミナ料理にも最適ですよ。ここでは土の改良から収穫までを丁寧に解説していきます。

perm_media 《画像ギャラリー》「ナス」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

ナスとは?(特徴)

煮ても焼いても、また揚げてもおいしく、どんな料理にも相性抜群のナス。種類も多く丸い米ナス、丸ナス、中長ナスなどいろいろ。早生の長ナスが、育てやすくおすすめの種類です。

【基本情報】
・ナス科
・栄養/栄養分は少ないが、利用範囲はとても広い。
・性質/日なたと高温を好む。水と肥料を好む。
・病害虫/テントウムシダマシ、アブラムシ、ハダニなどに注意
・連作/2~3年は不可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:5~6月頃 ■収穫:6~10月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

上手に作るためのポイント

★収穫したらお礼肥を与える
ナスは肥料を好み、よく吸収します。硫安などのチッソ肥料を主に、硫酸カリなどのカリ肥料を10~20%混ぜたものを与えます。追肥は遅れないようにたびたび与えるようにしましょう。

育て方

1. 土を改良する

苗を植えつける2週間前に、畑に、苦土石灰を1平方メートル当たり150gをまいて、土をよく耕します。

2. 元肥を入れる

苗を植えつける1週間前に、化成肥料を1平方メートル当たり約150gまきます。土の表面だけでなく、深いところまでよく肥料が混ざるようにします。

3. うねを作る

土を平らに整地してから、90~100cm間隔に深さ15cmの溝を掘り、1平方メートル当たり堆肥2kg、化成肥料50gを施します。掘り上げた土を戻して、幅90~100mのうねを作ります。

うね作りのコツ
●堆肥の位置がうねの中心より横にずれていることが大切。真下にならないように注意します。
●湿りの多い畑ではうねを高く、乾きがちな畑ではうねを低くします。周囲の土は、必ずうねの間の溝より低く掘り、水がたまらないように注意します。水がたまると、青枯れ病、立ち枯れ病などにかかりやすくなるからです。
●溝に入れた肥料の上ではなく、肥料の横10~15cmのところに苗を植えます。

4. ビニールを地面に敷く

苗を植えつける5~7日前にビニールを地面に敷きます。これをフィルムマルチングといいます。ビニールをうね全体をカバーできる大きささに切り、両側の溝の部分に土をかけて、ピッタリつけるように張ります。

フィルムマルチングをするとよく育つ
フィルムマルチングに使うビニールは、園芸用の黒いポリエチレンフィルムが重宝ですが、日常生活の透明なビニールでもかまいません。フィルムマルチングをすると、太陽熱で病原菌が死滅し、害虫の発生・飛来を防げます。
また、地温(地面の温度)を高く保ち、水もちもよくなるので、生育がグンとよくなります。フィルムマルチングをする前に、たっぷり水をやることを忘れずに。

5. 苗を用意する

5月上旬~中旬に苗を購入します。苗は、茎が太く、節間(節と節の間)がつまっていて、丈夫なものを選びます。

1
この記事のライター
関連記事
美味しい野菜を作るための上手な土の耕し方を解説!かたく締まった土を野菜づくりに向く土に変えるには、まず、水はけをよくすることを第一に考えます。土を耕して隙間をつくって空気を含ませますが、その際、耕し方を3段階に分けるのがおすすめです。
399views 園芸レシピ
更新: 2024-01-27 12:00:00
10月下旬からひよこ豆のタネまきが始まります。冬を越して収穫は初夏です。土づくりや水やりのコツ、越冬のテクニック、収穫のタイミングなどを覚えて、おいしい実をたくさん採りましょう。採りたてをサッとゆでたら、冷やしたビールのおともにどうぞ。
451views 園芸レシピ
更新: 2024-01-13 12:00:00
いわば“放牧”!野菜のいきいきとした姿を楽しんでください!タネ育て人中川原敏雄さんが、野菜のすごい生命力と本来の姿を楽しむ“自然生え”栽培の試し方を伝授します!
1134views 園芸レシピ
更新: 2024-01-31 21:26:40
寒さに当てて甘く育てる!寒さにさらされることによって甘さを蓄える「寒締めホウレンソウ」を家庭菜園で育ててみましょう!畝の準備、種まきから収穫までの一連の作業をわかりやすく解説します。
456views 園芸レシピ
更新: 2024-01-31 21:35:27
疲労回復や免疫力アップ、さまざまな健康増進、美容効果が期待できる栄養素が豊富に含まれる黒ニンニク。ここでは、身近な炊飯器を使った黒ニンニクの作り方をご紹介します。初心者さんにもオススメです!
698views 園芸レシピ
更新: 2023-11-29 22:55:10
最新記事
ランドセルの両サイドに着けて使う、ランドセル補助バッグ。上ばきやリコーダー、上着などを入れれば、手荷物を最小限にできて便利!両手があいていれば転んだ時も手をつくことができて安心です。クッション性があって丈夫なキルティング地がオススメメです。
更新: 2024-02-21 12:00:00
専用のニードルを使って、布地にぷすぷすと糸を刺して刺しゅうができる、フリーステッチング!子供の通園通学グッズに刺しゅうしてあげたら、可愛いだけでなく目印にもなって便利。パンダとクマの顔を刺しゅうして、シンプルなお着替え袋のワンポイントに♪
更新: 2024-02-20 12:00:00
「ひな祭り」は春の訪れを感じさせる日本ならではの行事。女の子の美しく健やかな成長を願うという意味が込められています。「吊るし飾り風のひな飾り」はL2版サイズで飾りやすく和室にも洋室にも合う作品!ぜひ手作りしてひな祭りをお祝いしてください。
更新: 2024-02-19 12:00:00
脳のピークは様々!歳を気にせず鍛えよう!脳の先生篠原菊紀さん監修のクイズを集めた本のなかから、問題の図形とぴったりハマる図形はどれかを探すクイズです。(無料でダウンロードできるプリントもあり)
139views ホビー
更新: 2024-02-18 12:00:00
快適な着心地が嬉しいお洒落なシニア世代の服をご紹介。シンプルな形で作りやすく、ゆったりシルエットのデザインを掲載。実物大の型紙つき。M・L・LLの3サイズ
247views 本│裁縫
更新: 2024-02-17 12:00:00
boutique-sha_banner
hmc_banner
btq_onlineshop_banner

ぬくもりのオススメ

disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル