MENU
ぬくもりは、ハンドメイドや手作り実用書の出版社「ブティック社」のレシピを厳選して無料で公開しています。折り紙、工作、刺繍、パッチワーク、家庭菜園、園芸、DIYなど多ジャンルで展開中です。
「ナス」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

「ナス」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)

焼いてよし、煮てよし、漬けてよしと、便利な野菜の代表!毎日のおかずにとても重宝します。栄養価はあまり高くないのですが、特に油で調理すると甘みがまし、スタミナ料理にも最適ですよ。ここでは土の改良から収穫までを丁寧に解説していきます。

perm_media 《画像ギャラリー》「ナス」の育て方・栽培のコツ(家庭菜園)の画像をチェック! navigate_next

ナスとは?(特徴)

煮ても焼いても、また揚げてもおいしく、どんな料理にも相性抜群のナス。種類も多く丸い米ナス、丸ナス、中長ナスなどいろいろ。早生の長ナスが、育てやすくおすすめの種類です。

【基本情報】
・ナス科
・栄養/栄養分は少ないが、利用範囲はとても広い。
・性質/日なたと高温を好む。水と肥料を好む。
・病害虫/テントウムシダマシ、アブラムシ、ハダニなどに注意
・連作/2~3年は不可

種まきと収穫に適した時期

■種まき:5~6月頃 ■収穫:6~10月頃

※野菜作りにはそれぞれに適した時期があります。
※関東地方を基準としたものです。関東より暑い地方や寒い地方で栽培する場合は時期の調整が必要です。

上手に作るためのポイント

★収穫したらお礼肥を与える
ナスは肥料を好み、よく吸収します。硫安などのチッソ肥料を主に、硫酸カリなどのカリ肥料を10~20%混ぜたものを与えます。追肥は遅れないようにたびたび与えるようにしましょう。

育て方

1. 土を改良する

苗を植えつける2週間前に、畑に、苦土石灰を1平方メートル当たり150gをまいて、土をよく耕します。

2. 元肥を入れる

苗を植えつける1週間前に、化成肥料を1平方メートル当たり約150gまきます。土の表面だけでなく、深いところまでよく肥料が混ざるようにします。

3. うねを作る

土を平らに整地してから、90~100cm間隔に深さ15cmの溝を掘り、1平方メートル当たり堆肥2kg、化成肥料50gを施します。掘り上げた土を戻して、幅90~100mのうねを作ります。

うね作りのコツ
●堆肥の位置がうねの中心より横にずれていることが大切。真下にならないように注意します。
●湿りの多い畑ではうねを高く、乾きがちな畑ではうねを低くします。周囲の土は、必ずうねの間の溝より低く掘り、水がたまらないように注意します。水がたまると、青枯れ病、立ち枯れ病などにかかりやすくなるからです。
●溝に入れた肥料の上ではなく、肥料の横10~15cmのところに苗を植えます。

4. ビニールを地面に敷く

苗を植えつける5~7日前にビニールを地面に敷きます。これをフィルムマルチングといいます。ビニールをうね全体をカバーできる大きささに切り、両側の溝の部分に土をかけて、ピッタリつけるように張ります。

フィルムマルチングをするとよく育つ
フィルムマルチングに使うビニールは、園芸用の黒いポリエチレンフィルムが重宝ですが、日常生活の透明なビニールでもかまいません。フィルムマルチングをすると、太陽熱で病原菌が死滅し、害虫の発生・飛来を防げます。
また、地温(地面の温度)を高く保ち、水もちもよくなるので、生育がグンとよくなります。フィルムマルチングをする前に、たっぷり水をやることを忘れずに。

5. 苗を用意する

5月上旬~中旬に苗を購入します。苗は、茎が太く、節間(節と節の間)がつまっていて、丈夫なものを選びます。

1
この記事のライター
関連記事
家庭菜園に役立つテクニックの中から、ここでは水はけを改善する方法をご紹介します。改善すると野菜は元気になります!初心者でもできる「上げ床畝」で水はけの悪さを改善しましょう!
456views 園芸レシピ
更新: 2022-06-13 12:00:00
お庭を素敵にしてくれるシンボルツリーとして人気の「ジューンベリー」について、特徴や育て方のポイントを解説します。さらに実際のお庭の様子も実例を写真付きでご紹介します!すぐに真似したくなるような素敵な庭ばかりですよ!
1669views 園芸レシピ
更新: 2022-03-26 12:00:00
季節によって畑仕事の内容は変わります。ここでは、冬におこなう、夏野菜の苗づくりに焦点を当てて、写真付きで解説していきます。水も温度も自然まかせ!地床でガッシリ苗を育てましょう!
1722views 園芸レシピ
更新: 2022-03-19 12:00:00
庭のシンボルツリーとして最近では一番人気の「シマトリネコ」。和風のお庭にも、洋風のお庭にも似合う木です。樹木は人々に安らぎを与えてくれる大切な存在!ここでは、植え付け時期や、育てるためのポイントなどを、分かりやすく説明していきます。
3637views 園芸レシピ
更新: 2022-03-31 09:53:51
冬の間にやる家庭菜園の畑仕事はいくつかありますが、ここでは収穫した冬野菜のトウガラシ、サトイモ、果物などを使った料理のおすすめレシピをご紹介します。いずれも保存食なので、適切な保管方法をとれば、長ければ数年楽しむこともできますよ!
869views 園芸レシピ
更新: 2022-02-20 12:00:00
最新記事
七夕を手作りの折り紙作品で盛り上げましょう!ここでは2種類の人気の七夕飾りを紹介します。巻貝のようにおしゃれな「シェルつなぎ」と、ひらひらと風に舞う「たんざく」のレシピです。どちらも、いろんな色の折り紙を使うと、より華やかになりますよ!
更新: 2022-07-05 12:00:00
まるで本物の琥珀糖(こはくとう)みたい!幻想的な空の色をレジン液グミータイプで作り、お菓子のような欠片にしました。ざらついた切り口から甘い香りがしてきそう。絶妙な色加減がおしゃれな、レジンならではの美しいピアスです。
更新: 2022-07-04 12:00:00
折り紙で作ったカトラリーは、カジュアルな来客のおもてなしにピッタリ!キュートなリボンはピンクで折りたいですね。シーンに合った色の折り紙で作りましょう。
更新: 2022-07-03 12:00:00
折り紙とハサミで作る「ちょうちん」の作り方をご紹介します。七夕の笹に飾るもよし、ちょうちんをいくつもつなげて壁に飾るもよし。子どもにも簡単に作ることができます。
更新: 2022-07-02 12:00:00
ボーダーや斜めストライプ、ジグザグ模様などベーシックパターンは、色や糸の素材を変えたりしてアレンジがしやすいのが嬉しい。ここでは、初心者さんでもチャレンジしやすい、ベーシックな「ストライプ」のミサンガの作り方をご紹介します!
更新: 2022-07-01 12:00:00
boutique-sha_banner
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!

get_app
ダウンロードする
キャンセル