MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
手編み「リフ編み」の基礎テクニック

手編み「リフ編み」の基礎テクニック

近年編み物好きに流行している「リフ編み」は、トルコ発祥の編み方です。ふっくらとしたお花のような模様が特徴で、大人かわいい雰囲気になります。ここでは基本的な編み方を画像付きで丁寧にご紹介します。

リフ編みの手順

★始める前に

①針にかかっている目を伸ばします。

②矢印のようにかぎ針を入れ、未完成の中長編みを3目編みます。
※「未完成」とは、あと1回引き抜けば、編み目が完成する状態。

③★の糸を左手で持って引き抜き、中長編み3目の玉編みを編みます。

④矢印のようにかぎ針を入れ、針に糸をかけ、引き抜き編みを編みます。

⑤鎖1目編みます。

⑥①~⑤で立ち上がりの目の編み上がり。

★始める前に

②矢印のようにかぎ針を入れ、未完成の中長編み3目を続けて3回編みます。

③★の糸を左手で持って一度に引き抜きます。

④矢印のようにかぎ針を入れ、針に糸をかけ、引き抜き編みを編みます。

⑤鎖1目編みます。

⑥②~⑤をくり返します。

リフ編みの作品レシピ

基礎テクニックを理解したら、さっそく作品作りに取り掛かりましょう!
ぬくもりで紹介しているレシピは、下のボタンをクリックしてチェック!

関連記事
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『30枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『12枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『6枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
ユニット折り紙の作品を作る過程で必要な「組み方」の中から、『3枚組の組み方』について画像を交えて分かりやすく丁寧に解説します。
シンプルなパーツを組み合わせることによって、独特の美しさを生み出すユニット折り紙。ばらばらだった紙が合わさり、色が重なることで生まれるその美しさはまるでパッチワークのようです。ここでは基本となる情報をお届けします。
新着レシピ
縦ひもをグレーにして、下側が輪にした編みひもを互い違いに編み入れ、チェック柄を表現しました。柄の切り替え部分には帯をぐるりと回し、リボンをあしらいました。楕円底で定番的なサイズに仕上げた、使いやすいデザインです!
パステルカラーの優しい色合いがひなまつりにピッタリなフレームです。
格子柄のビニールとロゴが入ったモノトーンのテープの組み合わせがクールな雰囲気。カジュアルな着こなしのワンポイントにしたいおしゃれなサコッシュです。コンパクトでもB5サイズがすっきり収まります。
豪華な二段のケーキが飛び出すカードは、グリーン系の色味でまとめて少し大人っぽく。大きさの違う立体を上下に作りました。クリーム、苺、ブルーベリーが乗った、かわいいポップアップカードです。いろいろなお祝いのシーンやバースデーカードとしても使える一枚です。
カードを開くと前面に飛び出す「Thank YOU」の文字。手作りで感謝の気持ちを伝えれば、贈る相手にもきっと喜ばれます。切り絵のような感覚ですいすい文字を切っていくとあっという間にサンキューカードのポップアップカードが作れます。花や蝶などでかわいらしくデコレーションをプラスして。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!