MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
市松状のポシェットの作り方(エコクラフト)

市松状のポシェットの作り方(エコクラフト)

長方形の斜め四つ目編みで市松状にデザインしたポシェットは、同じパーツを2つ作って合わせます。内布をつけたので中身がこぼれず使いやすいのも魅力的。とてもおしゃれなので、普段使いにも、ちょっとしたお出掛けにも、ピッタリですよ!

《sponsored by ハマナカ株式会社 http://www.hamanaka.co.jp/》

『市松状のポシェット』の材料と副資材

【材料】
ハマナカ エコクラフト(30m巻)
チョコレート(115)1巻


【副資材】
A型 a ライフトレー ミニ35型(約縦108mm×横75mm×高さ36mm)、b ライフトレー M35型ホワイト(約縦150mm×横108mm×高さ36mm)
アンティーク調ロック(幅約34mm) 
蝶番(幅約24mm)
Dカン(中 幅13mm)2個
ナスカン(長さ約35mm) 
内布(60cm×40cm)

『市松状のポシェット』のカット本数(裁ち方図参照)

①編みひも 12本どり 30cm×16本
②編みひも 12本どり 26.6cm×8本
③編みひも 12本どり 23.2cm×8本
④編みひも 12本どり 19.8cm×8本
⑤編みひも 12本どり 16.4cm×8本
⑥編みひも 12本どり 13cm×8本
⑦型ひも 12本どり 40cm×1本
⑧型ひも 12本どり 65cm×1本
⑨枠ひも 8本どり 64cm×2本
⑩枠ひも 12本どり 63cm×2本
⑪枠ひも 3本どり 65cm×6本
⑫金具止めひも 9本どり 2.1cm×2本
⑬枠ひも 8本どり 70cm×4本
⑭ショルダー編みひも 3本どり 160cm×4本
⑮ショルダー巻きひも 2本どり 50cm×2本

エコクラフトの裁ち方

『市松状のポシェット』の作り方

※わかりやすくするために配色をかえています。

1.
A型の裏を使います。⑦型ひもはのり代2cmで輪を作り、型の中央にセロハンテープで固定します。
型の側面中央に両面テープを貼り、⑧型ひもを型の際に沿って1周巻きつけ、両面テープの位置で突き合わせで仮止めします。

【A型】aを2個重ねる+bを2個重ねる。これをつなげて、セロハンテープで合体したものを使います。
 ※それぞれの側面に、中央の印をつけておきます。

2.
ベースを作ります。①編みひもで十文字を2組作り、井げたに組みます。
その上下左右に、残りの①ひもと②~⑥編みひもを互い違いに編み入れ、ひも端は1.5cmずらします。
全体に軽く霧を吹いて、編み目を詰めます。これを2組作ります。

3.
1の⑨枠ひもにボンドを塗り、2を型にかぶせて⑨ひもに貼りつけ、押さえ用の幅広輪ゴムでひも端を押さえます。
角はカーブに沿うように切り込みを入れます。

4.
角のひも端を重ねて、ボンドで貼り合わせてから、幅広輪ゴムで押さえます。

5.
ボンドが乾いてから、型から外します。⑨ひもから出た編みひもは、⑨の際に揃えてカットします。

6.
⑩枠ひもを、⑨ひもより3本幅分上に出して、内側の⑨ひもの★とは逆側の側面中央から貼り始め、ひも端は突き合わせて余分をカットします。

7.
⑫金具止めひもを二つに折り、Dカンを挟みます。2個用意します。

8.
⑪枠ひも3本にボンドをつけながら、6で出した3本幅の外縁に沿って、5・6のように突き合わせる側面の位置を交互にかえながら、3本を貼ります。
次に、7の⑫ひもにボンドをつけて、中央6本の間をあけて、写真のように貼りつけます。

9.
⑬枠ひも1本にボンドをつけ、Dカン側の側面中央から縁を揃えて1周貼り、ひも端は突き合わせます。
さらに⑬ひも1本も突き合わせを逆側から1周貼ります。本体のでき上がりです。

10.
さらに、ふたはDカンをつけずに、本体と同じに作ります。本体とふたのでき上がりです。

11.
本体とふたを合わせて、輪ゴムで仮止めをします。Dカンの逆側に蝶番を2個止めつけます。(下記、「留め金のつけ方」参照)

※留め金のつけ方

①入れ口の中央に留め金を当て、ネジ先の位置に目打ちで少し穴をあけます。

②ネジを止めます。※持ち手がついている場合には、グリップが短めのドライバーをおすすめします。

③留め金を留めた状態にし、逆側の入れ口に受け側の留め金を合わせてネジを止めます。でき上がりです。

12.
Dカン側の中央に、長方形留め具をつけます。

13.
内布の底・マチ・側面(下記:布の裁ち方と縫い方参照)を作り、写真のように重ねてマチのわ以外の縫い目にボンドをつけます。

※布の裁ち方と縫い方

①布を裁つ
②マチは外表に合わせてミシンで縫う。
③側面のダーツを縫う。
④側面・底の縫い代を裏に折、端ミシンをかける。

*左図を参照して、側面を2枚作ります。

*左図を参照して、側面を2枚作ります。

*左図を参照して、マチを2枚作ります。

14.
輪ゴムをはずし、写真のように内布のマチと底をボンドで貼りつけます。

15.
側面の裏側の縁周りにボンドをつけて、側面の角から貼っていきます。

16.
本体の縁の際から内側のくぼみに沿わせて貼りつけます。

17.
下記「ショルダーひも(四つ編み丸ひもの場合)の作り方」を参照して、⑭ショルダー編みひも4本で、四つ編み丸ひもを115cm編み、両端にナスカンをつけ、⑮ショルダー巻きひもを巻きつけます。

※ショルダーひも(四つ編み丸ひもの場合)の作り方

①編みひも4本で、四つ編み丸ひも※を指定の長さに編みます。両ひも端は5~7cm残します。

②ひも端を2本ずつに分け、重なり部分をボンドで固定します。

③手前側の重なり部分からカットし、ひも端を2本残します。

④残したひも2本を重ねてナスカンに通し、余分はカットしてボンドで固定します。

⑤ショルダー巻きひもの先にボンドをつけ、折り返した部分を隠すように隙間なく巻きつけます。

⑥巻き終わりは巻きひもにボンドをつけ、巻き目に通して固定し、余分をカットします。

⑦逆側も同様にナスカンをつけます。でき上がりです。

18.
でき上がりです。

エコクラフトのかごバッグ&小物のレシピをもっと見たい方におすすめ!

「シックでかわいい エコクラフト(R)のかごバック&小物」では、今回紹介したレシピ以外にもたくさんのエコクラフトのかごバッグ&小物のレシピをわかりやすく丁寧に紹介しております。

関連するキーワード
関連記事
毎日持ち歩きたくなるようなバッグを手作りしましょう!ここでは入れ口をキュッと絞って使う、巾着タイプの手提げのレシピをご紹介します。ひもを絞らなければ、A4サイズの書類がすっきり収まりますよ。お気に入りの柄を使えばテンションも上がりますよね!
日々の暮らしで使える、ふだん使いのバッグのレシピをご紹介!持ち手の下に施したギャザーでソフトなかたちに仕上がった大島紬調プリントのバッグです。紫色の裏布もアクセントになっています。シンプルなコーディネートに合わせて!
入れ口をきゅっと絞って使う巾着タイプのバッグ。素材が和紙のユニークな「テープヤーン」で編みました。しゃり感が涼し気な、夏ならではの素材です。底をしっかりと編んでいるので、安定感があり、使いやすいくて便利です。
サイズが小さくなったり古くなったジーンズをリメイクしましょう!プードルファーと呼ばれる毛先がクリンと丸いアクリルボアと合わせてトートバッグに。コンチョボタンがアクセントです。ジーンズの脇の部分をまちにいかして!
くたっとした編み上がりが可愛らしいバッグは、サブバッグとして持ち歩くのにも便利。そこは細編みでしっかりと、バッグ本体はネット編みでやわらかく仕上げています。
新着レシピ
手軽に折り紙で作れる小物たち!その場でさっと折れたらステキですよね!紙の選び方やちょっとしたコツだけでより良く作れるようになります!ここでは、絶対に知っておきたい基本的な情報をご紹介しますので、作品に取り掛かる前に、一度読んでみてくださいね。
カットウッドのアルファベット「HOME」に花のパターンをペインティング! 文字の形にカットされたような花のデザインは、広がる花模様をイメージできます。まるでボタニカルプリントの布地をアルファベットに貼り付けたような素敵な仕上がりになりますよ!
126views ペイント
着なくなった浴衣を再利用!ここではピンク色の金魚柄の浴衣で作った女の子用巾着のレシピをご紹介します。キルティングに刺しゅうを絡ませたあぶく模様が可愛いですね!マチと口布にはサッカー地の浴衣を使っています。ペットボトルも入る大きさです。
折り紙のレシピの中で、特に人気がある手紙シリーズ。ここでは見つけると幸せになれると言われるクローバーをモチーフにした手紙折りのやり方をご紹介します。裏にメッセージを書くことができます。気持ちを込めて折ってくださいね♪
目を惹く明るい黄色で、フワフワした丸くて可愛い小花を枝たっぷりに咲かせるミモザ。花瓶に飾るとまるで本物のよう!たくさん作ってスワッグにチャレンジするのもおすすめです。簡単に作れるのにとてもおしゃれで、部屋を素敵に演出してくれますよ♪

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!