MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
ひも結びの基礎「芯と結びひも」について

ひも結びの基礎「芯と結びひも」について

ひも結びで使う基本テクニックです。ひも結びは、ブレスレットやミサンガ、ベルトなどによく使う結びです。芯と結びひもの説明、芯と結びひもの入れ替え方、結び紐のつけ方などを説明します。

芯と結びひもとは

ひも結びは「結びひも」と「芯」から成り立っています。実際に結び目を作っていくひもを「結びひも」、結びつける軸になるひもを「芯」と呼びます。
※三つ編みなどのように、「結びひも」と「芯」の区別がないものもあります。

芯は何本でもOK!

芯の本数は自由に変えることができます。芯の本数が増えると、その分結び目も太くなります。作るものに合わせて、芯の本数を変えましょう。

芯と結びひもの入れ替えについて

芯と結びひもは途中で入れ替えることもできます。下の写真は、2色のひもを使った例です。

②では、ベージュ4本を「芯」、紺2本を「結びひも」に使っていますが、③では、②で「芯」だったベージュ4本のうち2本が「結びひも」に変わっています。さらに④では、紺2本とベージュ3本を「芯」にしたので、ベージュのひもが「結びひも」として外側にきています。

このように、結び方によって必要な「結びひも」の本数が違うので、残りの「芯」の数も変わります。また、どの色を外側にしたいかによって、「芯」と「結びひも」を入れ替えることもできます。

結びひものつけ方

結びの途中でひもの本数を増やすこともできます。以下のように新しいひもを結びつけます。

その他の「ひも結び」の基礎情報

ぬくもりでは、「ひも結び」の基礎情報について、テーマごとに分けてご紹介しています。下のボタンからぜひチェックして、色んなひも結びの基本情報・やり方を覚えましょう!

関連記事
作っている最中に、結びひもや芯が足りなくなった場合に知っていると役立つテクニックをご紹介します!あくまで一時的な応急処置という捉え方になるので、できればあらかじめ余裕をもった長さを用意するように心がけましょう。
結びの種類によって、結び終わりの方法も変わってきます。いろいろな方法がありますが、ここでは代表的なものを紹介します。道具を使ってうまくこなしましょう。
ここでは、主な結び始めのパターンを紹介します。作りたいもののデザイン、用途などに合わせて使い分けましょう。難しそうに見えますが、やってみると意外と簡単!結ぶのがどんどん楽しくなりますよ。
「ひも結び」は、その結び手順によって、大きく3種類に分けられます。ここでは1つずつ図解を交えて、やり方や具体例を丁寧に解説していきます。また、ひもをビーズに通すときのやり方も合わせてご紹介します。
レザークラフトやミサンガやマクラメを作るときに知っておきたい、「巻きつけ結び」のやり方をご紹介します。
新着レシピ
きせかえも楽しめる、子供に大人気の折り紙レシピがこちら!おしゃれな服とファッションアイテムに身を包んだきれいなお姉さんの折り方をご紹介します。柄の入った折り紙を上手に使って大人のすてきな雰囲気を再現しましょう♪
秋冬に欠かせないコーデアイテム、キャップ。ここでは、模様ができあがっていくのが楽しい幾何学模様のキャップの作り方をご紹介します。輪編みなので、常に表側を見ながら安心して編めます。裏側に糸が渡るので厚みが出て、とってもあたたか。
少し肌寒いときにカバンにしのばせておくと便利な、おしゃれなデザインのストールのレシピです。繊細な印象の透かし編みは、かけ目や減らし目を組み合わせてきれいな模様をつくります。軽やかに編み上げられるので、ストールにぴったりの編み地ですよ。
カラフルでとても個性的な、野菜の形をしたギフト箱のレシピをご紹介します♪パンチを使って穴を開け、葉っぱと実を繋ぎます。ラディッシュ、ダイコン、ニンジンなど、作りたい野菜の色に合った折り紙を準備しましょう!
雰囲気のある和布地で作るリュックのレシピをご紹介します。小さめサイズでやや下めでかけるデザイン。両手があくので、出先でのスマホ操作もラクちん!リュックのひも先は、三角タブ利用の結びどめになっていておしゃれですよ♪

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!