MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
平結び(平編み)の結び方(作り方基礎)

平結び(平編み)の結び方(作り方基礎)

ひも結びの中で、最も基本とされる平結び(平編み)の結び方を紹介。ミサンガやブレスレットに使われます。

平結び(平編み)の結び方

1 左のひもを芯にのせ、その上に右のひもをのせます。右のひもを芯の下から左のひもの上に通します。
2 左右のひもを引きます。
3 同様の右のひもを芯にのせ、その上に左のひもをのせます。左のひもを芯の下から右のひもの上に通します。
4 左右のひもを引きます。平結び1回の完成(左上平結び)。

【右上平結び】
右上平結びは芯にのせるひもの順序を逆にし、1で右のひもを先にのせます。左右対称になるように結びます。

【0.5回とは…】
<図は1.5回結んだ状態>
1、2の工程だけを結ぶと、0.5回結んだ事になります。

【連続して結ぶと…】
3~4回結んだところで芯を持ち、結び目を引き上げて詰めます。

【裏返すと…】
<結びひも2色の場合>
平結びを裏返すと、ひもの色が逆になります。

【平結びの結びひもの足し方】
結びひもを芯に結びつけます。

関連記事
作っている最中に、結びひもや芯が足りなくなった場合に知っていると役立つテクニックをご紹介します!あくまで一時的な応急処置という捉え方になるので、できればあらかじめ余裕をもった長さを用意するように心がけましょう。
結びの種類によって、結び終わりの方法も変わってきます。いろいろな方法がありますが、ここでは代表的なものを紹介します。道具を使ってうまくこなしましょう。
ここでは、主な結び始めのパターンを紹介します。作りたいもののデザイン、用途などに合わせて使い分けましょう。難しそうに見えますが、やってみると意外と簡単!結ぶのがどんどん楽しくなりますよ。
「ひも結び」は、その結び手順によって、大きく3種類に分けられます。ここでは1つずつ図解を交えて、やり方や具体例を丁寧に解説していきます。また、ひもをビーズに通すときのやり方も合わせてご紹介します。
レザークラフトやミサンガやマクラメを作るときに知っておきたい、「巻きつけ結び」のやり方をご紹介します。
新着レシピ
ベージュ×モカベージュのリバーシブル生地を切り替えで効果的に使って、お洒落に仕上げたジャケットです。打ち合いが少し斜めになったアシンメトリーデザインで、袖はドロップショルダーなので、肩まわりがゆったりとしていて楽な着心地です♪
冬に必須の手作り小物といえば編み物!ここでは、マフラー、スヌード、ストール、ティペットのおすすめ作品を厳選してまとめて紹介します。どれも初心者向けの簡単なものばかり!棒針やかぎ針を使って1目ずつ編む時間はとても楽しく、充実することでしょう♪
442views まとめ
手作りの服を縫う際に知っておくと便利な「かこみ製図」について解説しています。かこみ製図は原型を使わない製図で、簡単に製図を引くことが出来ます。基本的に9号サイズを掲載していますが、ひとくちに9号と言ってもデザインやゆるみはさまざまです。
丸くてころんとした形がかわいらしいかごのレシピをご紹介します。基本の井桁底で丸底を作ります。側面は右3本なわ編みと、編みひも1本で縦ひも2本をとばすとばし編みでぐるぐる編んでいます。流れるようなとばし編みで、立体感のある側面になります。
エコクラフトRで作品を作るときに必要な基礎情報の中から、表目と裏目を編むときに、指定の縦ひもの本数をとばす編み方について解説します!表目、裏目ともにとばす本数によって模様の出方が変わり、豊富な模様のバリエーションを作ることができますよ。

ぬくもりのイチオシ!

orgami disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!