MENU
ぬくもりは、ハンドメイド・手作り作品の作り方をご紹介するサイトです。 子どもや初心者さん向けの簡単でかわいいものから、上級者向けのレシピまで取り揃えています!
「飾り結び」の基礎

「飾り結び」の基礎

「飾り結び」の基礎に関連する記事一覧です。

「飾り結び」の基礎の記事一覧

表示順:
しゃか結びと、しゃか玉の結び方をご紹介。しゃか結びを球形に引き締めると、しゃか玉になります。お釈迦さまの頭の螺髪に似ていることが名前の由来です。
地上に作られた鳥の巣と卵を表し、子孫繁栄の象徴である、木瓜結びの結び方をご紹介。現在では木瓜(ぼけ)の花と考えられていますが、本来は家紋の木瓜(もっか)を指します。
籠の目のようにな結び目の、かごめ結びの結び方をご紹介。ひもの交差する数で、かごめ結び(十五角)と区別します。
松のような形に仕上がる、松結びの結び方をご紹介。そのめでたさから、お正月やお祝いの席にも重宝されます。
2本のひもを、×の形の結び目でつなぐ、こま結びの縦と横の結び方をご紹介。結び目が小さく、ほどけにくいのが特徴。
2本のひもを、小さい結び目でつなぐ、つゆ結びの結び方をご紹介。蛇結びともいいます。2本を違う色にして連続して結ぶと、魚の鱗のように見えます。
8の字の形の、小さな結び目ができる8の字結びの結び方をご紹介します。装飾や、コブとして使います。
亀の甲羅に結び目が似ている、亀結びの結び方をご紹介。めでたい吉祥の結びとされています。
叶結びの結び方をご紹介しています。結び目を表から見ると口の形に、裏から見ると十字の形に見えるので、口+十=叶で、叶結びと言われます。願いが叶うという意味を込めて、儀式やお守りなどの装飾に使われます。
梅の花の形がかわいい、梅結びの結び方をご紹介。梅結びよりも比較的に簡単にできる、「かんたん梅結び」の結び方も掲載しています。
sps_banner

ぬくもりのオススメ

orgami
disney_banner

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

楽しい!手芸の本がいっぱい!